クレジット枠現金化ランキング  

2014年06月24日(火) 0時35分


商品を購入した場合、業者はその商品代金のおよそ15%から30%程度の利益を差し引いて、利用者に現金を支払ってきます。
従って、商品の購入代金がそのまま利用者に戻ってくる訳ではない事も認知して置いてください。
ちなみにこの業者利益を差し引いた、利用者が手に入れる現金の率を還元率と言いますので、この言葉は覚えておいた方が良いでしょう。
業者によって、商品の取り扱い方法は千差万別です。
その為に、振り込みまでのスピード、還元率などが変わってきますので十分に比較した上、ご利用ください。


このような現金化サービスを行なっている業者はかなり沢山ありますが、注意しなければならない点がいくつかあります。
それは現金化では申し込んだ金額の全額が口座に振り込まれるのではなく、そのうちから還元率という規定の金額が差し引かれることです。
還元率は業者によりそれぞれですし、現金化で口座にお金が振り込まれる時間も早かったり遅かったりします。
このようなことでこの便利な現金化を利用する人には、還元率が高く、振り込みのスピードが速い業者が良いと言うことになります。


まず買い取り方式の概要について解説します。
基本的な仕組みはクレジットカードで換金性の高い商品を購入し、それを換金することで現金化を成立するというものです。
換金性の高い商品には色々ありますが、金券類(商品券や新幹線切符、図書カードなど)やブランド品・デジタル家電などです。
これらの商品はいずれもクレジットカードで購入することができるので、クレジットカード決済で購入した後、その商品をどこかの買い取り屋に持っていけば即現金になります。
現在のようにクレジットカード現金化というサービスが確立する前から、個人的にこうした方法で現金化をしていた人はいました。
しかし何事にもやりすぎる人というのはいるもので、これをやりすぎた結果カード会社から目を付けられてしまい、一部の商品についてはクレジットカードで購入できない、または購入できる数に制限がかけられたりしています。


ショッピング枠現金化を利用する時、まったく業者を比較せずに適当な会社を選ぶということはほとんどないと思います。
なぜなら、業者によって還元率も、決済までのシステムも異なるからです。
自分が選んだ業者よりも高い還元率の業者があれば、そちらの方がよかったと後から後悔してしまいますよね。
しかし、ショッピング枠現金化というシステムを知らず、駅前などで配られたティッシュに記載された宣伝などを見て、消費者金融の一種と勘違いして利用する方もいるようです。
心に余裕があればインターネットで具体的に調べたりもできますが、お金がなくて焦っている時などは、上辺だけの宣伝に流されてしまい、あまり考えず契約してしまう場合もあります。
意図的に高利貸しを行っている業者の場合、あえて消費者を焦らすようなことを電話越しに言ってくるため、その場の雰囲気に流されて契約してしまったという方もいるでしょう。
現金化詐欺ではなくても、利益主義の強い業者では、利用者が焦っているとそこに付け込み、最終的な還元率を引き下げてくることがあります。
優良業者であれば、入金日やクレジットカードの種類によって還元率が下がるということはありません。
そのため、優良業者の公式サイトには還元率表(換金率表)があり、いくら利用すればいくら返ってくるのか、手数料以外の消費税の有無などもきちんと記載されています。
しかし、利用者によって還元率を引き下げるような業者の場合、還元率表があると「サイトに書かれていたことと違う」と突っ込まれる可能性があるので、還元率表を掲載いない場合が多いです。
また、最高還元率しか掲載しない、手数料に関する記述がないなど、情報の詳細を欠く場合も注意が必要です。
このような業者の場合、担当者が変わったり、時間をおいて再び電話したりすると、前回言われたことと話の内容がまったく変わることがあります。
電話するたびに還元率が変わるようなことがあれば、まったく信用ができませんので、すぐに電話を切って消費者センターに連絡しましょう。
商品を購入していないにも関わらず「キャンセル料がかかる」と脅してくるゆう場合も、悪徳業者といえます。
現在の現金化業界は、このような悪徳業者と、真っ当に商売をしている優良業者の乖離が進んでおり、サービスの質が悪い業者、情報公開を徹底していない業者は、初心者であってもすぐに見分けることができます。
公式サイトを確認しし少しでも違和感を覚えるようであれば、迷わず他の業者を選びましょう。


クレジットカード現金化の仕組みはよく知られてきました。
しかし、いまだにカードの転売を現金化と考えている方もおり、インターネットを使わない年配の方にありがちな誤認識です。
まず悪徳業者と正常な現金化業者を見分けるひとつの方法として、カードそのものの転売を持ちかける業者とは絶対に関わってはいけないという点があります。
なぜなら、一度でもカードホルダーの手元を離れると、クレジットカードは悪用される可能性がとても高く、様々な詐欺行為に使われるリスクを秘めていますが、クレジットカード現金化にかこつけて転売する業者に対し自分のカードを了解済みで渡してしまうと、ホルダーの承認がある為責任の所在を追及して保険を適用する事が難しくなるのです。
転売とカード預りを謳う業者は確実に後ろ暗い業者の為、そのような謳い文句にはしっかりと気を付ける事にした方が良いでしょう。
クレジットカード現金化は、実際カードのショッピング枠を利用して買い物をし、その商品を現金化業者に転売して貰うというプロセスとなります。
カードを他人に渡す必要は全くなく、入力も現在では自分で出来るようになっている場合が殆どです。
以前はカードのフォーム入力を業者に代行させる為に業者に伝えなければいけないケースが多かったのですが、最近はその点優良業者程カードをホルダー自身が確認した方が良いという点を認識している為、自分で手続を出来る場合が多いです。
そして、クレジットカード業者と現金化業者は全く関係が無い為、その点を理解した上で現金化を行いましょう。
とはいえ、商品購入の明細はカード利用の明細に対して通常の通信販売業者利用の際と同じように表示される為、それ程深くカード会社の事を考える必要はありません。
連携したサービスでない事、クレジット会社としてはショッピング枠の通常利用を商品購入として約款を作成している事が多いという点を念頭に置き、くれぐれも信頼のおける業者を継続利用する事にしましょう。
それがクレジットカード現金化の利便性を最大に生かし、なおかつ自分の身を守る現金化の正しい利用法です。
その点を認識しておけばまず、それ程深い追及をカード会社からされるという事も無い為、現金化は継続的に利用する方の財政の助けになってくれる事と思います。
便利であるからこそ、仕組みをよく見極めて現金化業者同士の相互連関やカード会社の動向も探っていくと、現金化の利用がよりスムーズになります。


何もしないでお金が手に入るというようなうまい話はそうあるものではないでしょう。
例えば宝くじにしても1枚いくらで買わないことには、当選するしない以前の話になります。


買い取り方式だと還元率は70%〜80%程度というのが常識ですが、キャッシュバック方式だと80%〜90%が普通なので、キャッシュバック方式は利用者にとってのメリットもとても大きいのが特徴です。


どちらもキャンペーンですが、現金化をする人には1%でも還元率が高くなることは有利なことには間違いありません。
しかしそうだからと言って不要不急な現金化は避けて、利用しすぎに注意する姿勢も必要です。


この辺りはただ一方的にこのような現金化サイトを見るだけではなく、目星をつけた現金化業者との電話などで、還元率のアップを実施しているキャンペーンの有無、振り込みにかかる時間などを確認・交渉することは決しておかしなことではありませんから、ダメモトで一応は話し合いをするようにしましょう。
そうすれば現金化業者選びで失敗するようなことはなくなるでしょう。


もし質屋に通いなれているという方は、商品を転売したお金を還元率を適用して手に入れるという現金化の手法自体はすぐに納得できると思います。
現在では質屋も、実店舗以外にネットでの販売ルートを持っていることが多いですよね。
現金化も同じことで、質屋などの使い勝手と大体同じものだと考えるとそれほど怪しまずに利用することが出来ます。
とかく金融サービスは新しいものが出てくると疑われやすいのですが、ネット時代ではポータルの出来や使い勝手の良さがそのサービスの内実を証明するという点で、全くほかのサービスと比べて変わりがないのです。
また、不況であればあるほど素早くお金を手に入れたいのは人情。
その点をすっきりとクリアにしてくれるのが現金化です。