皆様は「妊娠したらまず葉酸」という言葉を

January 15 [Sun], 2017, 20:52
皆様は「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大なはたらきを持たらす葉酸に注目が集まっています。



厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。それでは、もし葉酸が不足したら、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸は細胞分裂にはたらきかける栄養素だと報告されています。ですから、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天異常を発症する可能性があると知られています。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。
ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

妊娠に必須の栄養が多いので、日常のご飯に積極的に取り入れたいものです。


全体的にはバランスよくいろいろな食材をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。



そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが無難です。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須です。では、妊娠後期の妊婦には葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、そのような事はありません。葉酸のもつ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を減少させるという有効性に限った話では、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している所以であって、決して葉酸摂取の期間を限っているためはありません。妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、食べ物から摂取する場合、調理には気を付けてほしいポイントがあります。具体的には、なるべく火を使わずその通り食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱しなければいけない場合、長時間の加熱は避けて、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。こうした調理やご飯が負担だと考える方は、サプリを利用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えるのですね。



妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。

葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、適切な摂取が必要です。なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。なぜならサプリはご飯で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が配合されています。ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。



胎児は喘息を発症するリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)が上がるという報告があるでしょうから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。



葉酸の摂取については、あかちゃんを授かった事が分かってからご自身の体やあかちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。
では、あかちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。


葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、あかちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠中だけの摂取でも、もちろん良いと思います。

でも、葉酸には様々に活躍してくれます。

たとえば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、あかちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取しつづけることが母体の健康を保つサポートをしてくれるという所以ですね。
妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性がおこなうべき妊活も沢山あります。
しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それが葉酸の摂取です。流産や不妊におけるリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)要因は女性にあるとは限らず、男性に原因がある事もあります。

特に注目したいのは、精子の染色体異常です。



これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
質の高い精子を創り、染色体異常のリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を低減するためにも、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。



妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に積極的な葉酸の摂取がもとめられています。母子共に健康な体でいるためにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸が不足しないように注意するとよいでしょう。



理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると1日0.4mgをきちんと摂取することがもとめられていますね。
葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、ご飯だけで十分かというと難しいと思いますから、葉酸サプリを利用することをお勧めします。

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。妊活を行っているということは、いつあかちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後のあかちゃんがゲンキに成長できるように備えておきましょう。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。
当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からお腹の中に新しい命を授かっています。

できるだけ早く胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、ご飯やサプリ等に気を配ってみてください。
葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取がもとめられています。産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。



とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかっ立と不安になっている妊婦さんも少なくはないと思います。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠っ立と感じている方も、ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)B群に属する栄養素である葉酸は、ほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。


ですから、普通の食生活を送っていれば、多少は葉酸を摂れてい立と思います。
妊娠に大切な葉酸は日本の行政機関である厚生労働省も妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿などに混じって排出されています。



ですから、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いそうです。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決して沿うではなく、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるでしょう。葉酸サプリはご飯での摂取にくらべると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。葉酸サプリを飲む場合には、指示された用法を守って摂取するようにしてください。

不妊かなと思っ立ときには、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。簡単すぎるそうですが、基礎体温の推移を見ればホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。

基礎体温表は5分もあればつけられますが、経過をみるために「毎日」、活動量の影響をうけない「起床時すぐ」に測るというルールもあるので、それを守ってつけていくことが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりではじめてみましょう。妊娠をきっかけに産婦人科等でおこなわれる栄養指導をうける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導をうけた方も多いでしょう。


このような場で、葉酸があかちゃんに与えるはたらきと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。



または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。
こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特質を承知の上で、食材を調理するようにしましょう。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご飯で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。通常のご飯での摂取とは別に、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が通知を出しています。葉酸を十分に摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を減らしてくれる為です。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大事です。
皆様は普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、体調を整えるはたらきが望めるものは様々にありますが、特に葉酸を含んだサプリだと言えるのです。


葉酸のはたらきは、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、あかちゃんが先天的異常を発症するリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を回避できることが報告されています。他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているためす。



妊活中の夫婦それぞれに是非摂取していただきたいサプリだと言えるのですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:寧々
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる