奥津が向田

December 30 [Wed], 2015, 20:40
今、ダイエットの最中で、便秘になっている実感はないという人の中で、大便の後におなかの辺りに残便感があるということならしっかり腸の中が元気な状態にないのかもしれません。
こんな具合であれば、どんなダイエット方法に取り組んでも一向に体重が減らないのは当然です。

ダイエットを開始するなら、十分に腸の健康状態も考え、便秘で要らない物がいつまでも腸に残らないようにすることがダイエット成功の近道です。1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、実は決められてないのです。

商品のパッケージには適量と回数が、書かれていますから、それが参考になるでしょう。


一気に1日分を取り込むよりかは、回数を数回に分けた方が、身体のすみずみまで届くということから効果が上がります。近年の研究でインフルエンザの予防には乳酸菌は効果が高いということが分かり始めてきました。
というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。


ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力が上がって、インフルエンザ予防になったり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。便秘症に関しては、男の人より、むしろ女性の方が陥りがちで、この点については身体面でのファクターがあるようです。男よりも女の方は、お腹の筋肉が弱いので、大腸が便を送り出す力が否応なく不充分になりかねません。

そして、女性ホルモンの機能で水分を、からだの中にキープするように命令をするため、大腸の便の中の水分が取り込まれてしまい、排泄物が硬くなります。


特に生理前や懐妊の初期ですと、便秘になることが多いと考えられます。女性でしたら無茶な減量方法も便秘症を招く原因と考えられています。食事量を減らすと食物繊維とか水分の量が少なくなるので、排泄物が硬くなって排出されにくくなってしまうのです。
精神的な原因という場合も多く、女性だと人の前だという恥ずかしさから便意を我慢してしまうことがあるのではないでしょうか。以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が経験したのは、かなりたくさん食べないと、あまり効果がない気がします。



1日につき1パック位食べて、やっとお通じがあります。



ヨーグルト好きはいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れて味を変えるなどして可能な限り摂取すると効果アリです。便秘で悩んでいる人は、便秘薬を使ってみたけれど、お腹の痛みがひどくて便秘薬以外の方法を探しいたいという方もいると思います。お腹が痛くなってしまえば、排出したいと思っていても、外出予定があれば、服用できないので、使いにくいですよね。



薬以外の方法を試したい方は気軽に始められる便秘解消サプリをおすすめします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:幹太
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pnts0ianu0eemj/index1_0.rdf