バブル経済(バブル景気・不景気)

January 14 [Tue], 2014, 20:16
簡単にわかる解説。株式の内容⇒出資証券(つまり有価証券)であり、発行元には自社の株式を持つ株主に対しても出資金等の返済の義務は発生しないきまり。さらに、株式の換金は売却という方法である。
FX⇒CFDの一種であり、外国の通貨を売買した差額によって証拠金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。FXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)に比べてみて利回りが良く、さらに為替コストも安いというのがポイントである。始めるには証券会社やFX会社で購入してみよう。
要は「失われた10年」というのは、その国全体やひとつの地域における経済が大体10年以上の長きにわたって不況と経済停滞に見舞われた10年を意味する語である。
このように「金融仲介機能」「信用創造機能」、3つめは「決済機能」以上、重要な機能のことを銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資」「為替」という銀行の本業さらにはその銀行の持つ信用によってはじめて機能しているものなのである。
知ってますか?外貨預金⇒銀行で取り扱う外貨商品である。日本円以外によって預金する商品です。為替レートの変動による利益を得ることがあるけれども、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
一般的に外貨MMFとは、国内において売買することができる貴重な外貨建て商品の一つ。一般的に外貨預金よりも利回りがずいぶん良い上に、為替の変動によって発生した利益は非課税であるというメリットがある。証券会社で購入しよう。
きちんと知っておきたい用語。金融機関の格付け(評価)というのは、格付会社が金融機関など国債を発行している政府や、社債を発行している会社の債務の処理能力などを一定の基準に基づき評価するのだ。
平成10年6月、大蔵省銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するものを分離することで、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく新たな外局としてこれまでになかった金融監督庁を設けたわけです。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が取り扱うサービスの多くは郵便局時代の郵便貯金法に基づいた「郵便貯金」の扱いではなく、民営化後適用された銀行法の規定による「預貯金」に基づく扱いのサービスです。
平成10年12月に、当時の総理府の内部部局ではなく外局として委員長は大臣にするとされている新しい組織である金融再生委員会を設置し、現在の金融庁の前身である金融監督庁は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に2年以上も据えられたということを忘れてはいけない。
簡単紹介。金融機関の評価について。格付機関によって金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社債などの発行企業の支払能力などの信用力を基準・数字を用いて評価しているということ。
保険業法(改正平成7年)により、保険の取り扱いを行う企業は生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社のどちらかに分類され、これらは内閣総理大臣からの免許を受けた会社でないと販売してはいけないのである。
要は「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」、これら3つの機能の総称を銀行の3大機能と言われる。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」といった業務加えてその銀行の持つ信用によってはじめて実現されているものなのである。
知ってい置きたい言葉「銀行の運営というものはその銀行に信用があって繁栄するか、そこに融資するほど値打ちがないものだと審判されたことで繁栄できなくなるかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
預金保険機構(DIC)の保険金の現在の補償額の上限は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円"なのである。この機構は政府、民間金融機関全体がさらに民間金融機関全体が同じくらいの割合で
スピード発行
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pntgemub
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pntgemub/index1_0.rdf