奈々様でクオン

March 01 [Wed], 2017, 13:59
株を始めたばかりの人から上級者まで必ず確認しないといけない数値が日経平均株価です。日経平均というのはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本代表の225社の株価を平均したものなのです。
始めて間もない人でも毎日継続して日経平均を確認していれば、株価の大きなトレンドがつかめるようになってきます。私は少し前に株を始めたばかりの初心者で、株初心者の本を買って、読み進めています。


役立ちそうな本もあれば、「おや?こっちの本と触れられていることが違うんじゃないか?」といささか疑心を持ってしまうような本もあるものですが、良い点も悪い点も全部を勉強していきたいです。
失敗しないで株投資をする方法などという記事や本を結構目にします。

ですが、100パーセント失敗しないことなんてありえないのです。とはいえ、きちんと勉強して、ルールを考えて投資すれば、成功することもあるのが株なのです。失敗することを恐れたり、一回の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しさが待っていると思います。株式投資の未経験者の方が、決算書を読みたいと思っても、報告内容がさっぱり理解できないことでしょう。

けれども、不安にならなくても大丈夫です。株式投資では、短い間の売買に集中すれば決算書を理解しなくても損益をプラスにできるからです。自分が持っている株がここのところ、上がり下がりしているので、儲かるかもしれない株、下がるかもしれない株を自己で判断し、売ったり買ったりしています。時折失敗して、マイナスになってしまうこともありますが、今のところとりあえずは、プラス収支になっています。今の状態のまま、プラスで売り抜けられたら嬉しいな、なんて思います。



ご存じかと思いますが、株取引には現物取引と信用取引といった取引方法があります。

まず初心者にはリスクの高い信用取引はすすめることはできません。
自分の資金の範囲で投資できる現物取引をぜひおすすめします。資金以上に損するリスクがないんですから。また、株主優待を目的としてじっくり購入した株式を保有するのも良いと思います。


株のデイトレードにより短期間に大もうけできてしまう人は間違いなく存在します。デイトレードという方法は、注文した株を持越すことなくその日のうちに、手仕舞いしてしまう方法なので、予測できないほどに株価が下がってしまうこともあまりなく、リスク管理しやすいと思います。

株式を売却したことで、利益となった時の税金は申告分離課税が原則となりますが、証券会社で開いた特定口座での取引の際はその人に代わり、その都度、20%の税金を源泉徴収してもらえます。



確定申告の手間がない便利なシステムですが、損失繰越などをする際には確定申告が必要となります。



私は興味のある銘柄の株を取得しています。年に一度、配当をもらえるのですが、その配当で出たお金だけでなく優待で様々なものがついてくるのが狙いです。中でも好きなメーカーからもらえると、もっとこの会社に頑張って欲しいなという思いになります。信用取引は現物株や現金を担保にして資金以上の取引ができることや空売りができることが大きい特徴といえます。

特に空売りというのは下落相場では大きな力を発揮し、うまく利用できれば上げ相場の際でも下げ相場の際でも儲けになる武器となります。ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の方は資金管理を慎重にすることが重要です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大和
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる