糖鎖異常とトランス脂肪

August 25 [Sat], 2012, 16:43
トランス脂肪獅フ、人体への悪影響が指摘されていますトランス脂肪獅ヘ、細胞膜など組織の結合に入り込み、正常な水素結合を破壊するなどの悪さをし、細胞膜表面の糖鎖組織にも異常を引き起こします。
竜巻のあとに屋根のアンテナが、引きちぎられたり曲がったり、よそ向きになっていればテレビが写らないように、アンテナ役の糖鎖組織が破壊されれば細胞も正常には働けませんね以下転載では、懸念されているトランス脂肪獅フ害について細胞膜への影響体内コレステロールのバランスを崩す糖尿病を引き起こす免疫力を下げる脳にメージを与える太りやすく、痩せにくいアトピーの一因でも細胞膜への影響まず、細胞膜の役割として細胞内外の浸透圧を調整細胞に必要な資fや栄養を吸収する細胞内で発生した老廃物を排泄する情報を細胞間で伝達する⇒細胞膜は脂質で構成されていますが、トランス脂肪がここに入り込むと細胞膜の構造や働きが不完全になってしまう恐れがある。
その結果細胞自体の働きが弱くなってしまう細胞に必要なものが流出してしまう有害物質が侵入しやすくなってしまうこれらが全身で起こってしまうんです。
体内コレステロールのバランスを崩す肝臓にメージを与えて、体内のコレステロール合成量を調整する機能を崩します。
その結果、LDLコレステロールが過剰生産され、血液中の均衡が崩れてしまいます。
動脈硬化が進行して、最終的に心臓病のリスクを非常に高めてしまいます。
糖尿病を引き起こす糖尿病は糖質の代謝異常です。
それをコントロールするのが、インスリンとグルカゴンというホルモンです。
トランス脂肪獅ヘ細胞膜の構造を不安定にするため、いくら体がインスリンを分泌しても、それをキャッチする細胞膜の受信機能が鈍くなってしまいます。
特に注意してほしいのが妊婦。
妊娠中はホルモンの仕組み上、どうしても血糖値が上昇しLOVERS 被害やすくなります。
このため、今まで潜んでいた糖尿病体質が妊娠をきっかけに表に出やすくなります。
妊婦の糖尿病は年々増加傾向にあり、なかでも妊娠初期に血糖値が高い場合、心臓病など先天性の異常を抱えた子供が生まれる確率が高いことが指摘されています。
日本糖尿病妊婦学会免疫力を下げるDNA修復酵素や免疫系に発動の指令を下すのが、細胞から伸びている糖鎖と呼ばれるヒゲのようなもの。
糖鎖はいわゆるアンテナの役割をします。
異物の侵入をキャッチすると、細胞間に情報を伝達して免疫系の機能を発動します。
消防や救急の情報センターのような役割ですね。
また、細胞膜そのものにも発がん性物質が細胞内に侵入するのを防御する重要な役割があります。
細胞膜が主に脂質でできているため、ここにトランス脂肪が入り込むと細胞膜の構造や働きが不完全になってしまう恐れがあります。
糖鎖が正しく機能しなくなるため、免疫系統は正しい働きができません。
免疫力は低下。
それと同時に、活性資fなどの有害物質が細胞内に簡単に侵入できるようになりこれらの攻撃で細胞は脂サ。
遺伝子が傷付いた結果、異常が起こってガン化するのです。
トランス脂肪獅ヘ体内でこの活性資fも大量に作り出してしまうと言われています。
articleId10763346892guidONワタスの日記ではよく、糖鎖関連の日記をアップしていますが、よくある市販の八種類の糖鎖栄養素は単糖類であり、摂取してもほとんどが体内で脂肪に変わってしまうので意味がありません摂るなら、糖鎖の形になったものがお勧めです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pnqni9rg4m
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pnqni9rg4m/index1_0.rdf