Amazonアカウント乗っ取りが相継いているらしい。〜その対策

April 28 [Fri], 2017, 0:41
ケルヒャーの高圧洗浄機を買おうかとAmazonを見ていたら、Amazon出品の値段は8,759円。ところが、「龍盛堂ほんぽ」「reinhard7」がいずれも2,000円弱で販売と出ていました。
Amazonの1/4以下とは。
思わずポチしそうになったのですが、一旦保留にして他のサイトへ。

数時間後に戻ってみると「龍盛堂ほんぽ」が消え、かわりに「このアカウントはのっとられています」の表示。
今、激増しているAmazonアカウント乗っ取りのようです。

https://www.amazon.co.jp/sp?_encoding=UTF8&asin=&isAmazonFulfilled=&isCBA=&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&orderID=&seller=A3HQYMRXVPJD9M&tab=&vasStoreID=

ググってみると、「龍盛堂ほんぽ」のアカウントが乗っ取られたらしいとの書き込みが多数ありました。
Amazon危機一髪?

最近、1円とかの販売価格を掲げる出品者が目立ちます。
少し前までは、アルファベットの中国人名だったが、最近は漢字表記の日本人名も増えているとのこと。

個人情報の収集が目的だろうと言われているようですが、そういう解釈は悠長に過ぎます。
習性的に中国人は、回りくどいのは好まず、もって直截にクレジットカード情報を得るのが目的と考えられます。

他のページを見てみると、他にも1円とかの異常価格での出品があり、住所はほぼすべてがChina。
おそらくは、Amazonの販売サイト自体がハッキングされている可能性が高いと思われます。
Amazon社自体も自社セキュリティ部門がセキュリティ管理しているはずですが、セキュリティホールを突かれたというところでしょう。
Amazonの対応は、4月段階では間に合っていないようです。

出品者としては、一応の対応策として二段階認証が有効と言われていますが、購入者はショッピングにはクレジットカード使わないことが今のところ最も有効な手段と思われます。
完ぺきなセキュリティというものは存在しないというのがネット上の周知の事実。
従来の決済・管理システムが破られている以上、その見直しも必要でしょう。

もし、乗っ取られた疑いが生じた場合は、すぐにAmazonカスタマーとクレジットカード会社に通報或いは電話相談するのがよいでしょう。
警察への通報という意見もあるようですが、事実上、効果は薄いと思われます。
初動捜査で警察が動くまでには相当時間がかかるだけではなく、「警察の民事不介入の原則」から金銭面に関しては一切タッチされないからです。
おまけにアカウント乗っ取りが中国、韓国といった国外からのアクセスであれば、警察と言えど手の打ちようがないというのが現況です。

どちら様もお気をつけて。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:popo♪
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
男なら水滸伝
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる