肌のメタボによるたるみ

March 10 [Mon], 2014, 11:21
肌のメタボというのを最近知りました。
メタボというと例のお腹がでっぷりと出てしまう状態のことを思い浮かべますよね。
でも、肌のメタボというのはどうも想像しにくいです。

メタボと行っても皮下脂肪がつくとかそういうことではないようなのです。
皮膚というのは真皮という場所があって、そこのコラーゲンやヒアルロン酸と呼ばれる肌に弾力とうるおいを与えてくれる成分があります。
その上に角質層と呼ばれる、真皮が死んだものがそうとなって存在しています。

この角質層がないと肌は敏感肌になってとてもじゃないですが、表を歩くことはできなくなってしまいます。
その角質層のトラブルを防ぐために色んな化粧品を使って肌に潤いを与えています。

しかし、その美容化粧品が実は肌にとってはあまり良くないこともあるそうです。
皮膚というのはターンオーバーを繰り返して皮脂によって皮膚表面をバリアする能力があります。

でも、なにかしらのトラブルでターンオーバーがうまく機能しなくなった時に乾燥肌や敏感肌と呼ばれるような症状が発生します。
その症状を抑えようとして様々な美容成分を肌につけることで肌本来の機能が正常に働かなくなることがあるそうです。

必要以上に美容成分を与えることで肌が肥えた状態になるのです。
そのことでもたらす様々な症状があるようです。
たるみもその一例のようです。

このことから肌へ過剰な美容成分を与えるということはあまりよろしくないということなのだそうです。

NMFは安いセラミドは高い

March 03 [Mon], 2014, 14:39
保湿成分として有名なセラミドですが欠点が一つだけあります。
それは値段が高いということです。
いいものは高いと言ってられないのが化粧品です。

化粧品は毎日使うものですから、できるだけ安く抑えたいというのが心情です。
でも、安くても悪いものは使うことはできませんので、安くていいものという
贅沢な注文を付けたくなります。

人の肌の保湿成分のほとんど(80%)はセラミドなのですが、その他の成分
として、NMFと呼ばれる成分が存在しています。
このNMFとは天然保湿因子と呼ばれる物質のようです。

NMFはアミノ酸や、尿素、ピロリドンカルボン酸というような成分で構成されていて
セラミド同様に角質細胞の中で水分を維持してくれます。
このNMFはセラミドよりも値段が安いために化粧品として使うことが多い物質でもあるようです。

また、セラミドは脂質であるために化粧水には使用できませんが、NMFは水曜であるために、
化粧水の中にも含ませることができるのです。

欠点として、温度が下がると保湿機能が低下してしまうために寒い冬場などは
どうしてもその役割を果たしにくくなるのです。
冬場はやはり、セラミドに頼るしかないのかもしれませんね。

リンパマッサージより食生活を大切に

February 25 [Tue], 2014, 12:54
最近歳のせいかむくみが多くなってきたような気がします。
むくみって若い頃はそれ程なかったのですが、最近は足だけではなくて顔のむくみも
気になってきました。

そもそもむくみって何で出来るのか気になったので調べてみたのです。
そしたら、血管の外の組織に余計な水分がたまることで起こると書いてました。
でも、どうして余計な水分がたまるのでしょうか。

それはリンパの流れが悪くなっていることが理由の一つだというのです。
リンパと言うのは体の老廃物や余計な水分を運ぶ役割があるそうです。
そのため、リンパの流れが悪くなると、自然にその部分がむくんできやすくなるそうす。


そうなった時にはリンパマッサージをして半端強制的にリンパを流してあげるといいようです。
でも、このリンパマッサージは一時的なものでその場しのぎという感じだそうです。
根本を直さない限りむくみが治るということはないようです。

では、何がむくみの原因なのか。
それは、食生活で塩分やアルコールのとりすぎ、冷えや運動不足などが主な原因となっているようです。
それらの原因を取り除くとむくみは自然に解消するそうです。

本気でむくみのない体になりたいと思いますね。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pnabc66w/index1_0.rdf