漢方薬 

January 20 [Fri], 2006, 12:21
うかうかしていたら、あっという間にブログ更新を2週間もサボってしまいました。。。すみません。
ここ2週間のうちの主なる出来事を、なんとか思い出してUPしてみますね。(1/31)

さて、1/20は10日ぶりに産婦人科へ。前回は初診で、血液採取してホルモンバランスを見てもらったり、お決まりの問診内診を受けてきたわけです。
今回は、検査結果を聞くのと、卵胞が育っているか(?)だかを見てもらう。
私の場合、小さいながらも子宮筋腫が一つあり、左の卵巣は卵巣嚢腫とやらになっているらしい。
さらに、高温期に体温を高温に保つホルモン(黄体ホルモンのことかしらん?不勉強なので、よくわからないのですが。)が少々不足とのことで、まーなんだか総合的に「妊娠力」は決して高いとは言えないようだ。。。ふがふが。
まーそんなこったろうとは思っていましたが。子供の頃から、体の弱いのだけは自信があるので(w)。
しかしまあ、不幸中の幸いにして、子宮筋腫も卵巣の方も血液検査の結果良性であるとのことで、いわゆるガンではないらしい。あーよかった。
しかし、左の卵巣はもしかしたら排卵していないかもしれないとのこと。
とりあえず「温経湯」という漢方薬を処方された。
家に帰ってネットで少し調べてみたら、これは「桂枝茯苓丸」と並んで、子宮筋腫や卵巣嚢腫にも効くお薬らしい。漢方はその人の体質によって処方が多少違ってくるが、温経湯は痩せ型で冷える「虚」のタイプの人向き。桂枝茯苓丸はどちらかというと筋肉質の「実」の人向きのようだ。
私はまさに「虚」タイプなので、温経湯でさぞかし体調よくなるのでは、、と期待大である。
先生は「漢方は飲みにくいけど、がんばって飲んでね。」と優しく言ってくれたが、何を隠そう、私は、子供の頃からの虚弱体質ゆえに、漢方薬を飲みなれており、苦〜いせんじ薬だってぐびぐびうまそうに飲んでしまう人なのだ(w)。病院で処方される顆粒の漢方薬も、お湯に溶いてずずずーっと飲んで、さらに「うまい・・・」とまで思ってしまう、ツワモノです。(w)
ま、ある意味これも年の功だろうか。妊娠を目指すようになって、ここで初めて年の功が役にたちました。(w)

昨日か今日が排卵日かも。 

January 16 [Mon], 2006, 22:08
今日は歯医者に行った。
昔治療した歯が、数日前になんとなく痛かった。その後も冷たいものがしみたり。。。
たたいてみると、根っこの方へ響く感じもある。
やはり妊娠する前に治療しておくべきだろうと思って、2ヶ月ぶりにかかりつけの歯科医へ。
歯科医まで、家からは、徒歩と電車を乗り継いでなんと1時間半以上かかるのだが、この歯医者さんに任せておくのが、私にとっては一番安心できる。むやみに削らない、むやみに大きな治療をしない、噛み合せの調整も上手で、とても親切な歯医者さんだからなあ。もう当分、他の歯科医院に行くつもりはない。
そんなわけでちと長い道中ですが、わざわざ各駅停車に乗り、出産関連本を読み進めたりもできました。
で、レントゲンなども撮ってもらったが、歯科医の判断では、これといった病巣があるわけじゃないという。
歯の根っこの治療はとても難しいらしく、100%完全に治るというものでもないらしく、治療後も痛むことはよくあるらしい。今回の痛みも、どうやら治療済みの根っこの、いわゆる後遺症みたいなもののよう。。。
本当にそうなのかなあ?他の歯科医にかかれば、やっぱり虫歯と診断されるのじゃないかしらん?とは思うのだが、だからと言って、他の歯科医にかかりたくはない。
ちょっと痛みを感じるからといって、むやみに削られてはたまらないので。
とまあ、そんなわけで、大した治療もせず、家にトンボ帰り。1週間ほど様子を見て、また来週行くことになったが、またたいした治療はされないだろう。
ということは、もうレントゲンを撮る必要はとりあえずないということ。
だったら、たぶん、昨日か今日が排卵日!
今回の周期は、腎臓の検査や歯科医でレントゲンを撮ることが多いので無理かな〜と思っていたが、とりあえず今日でレントゲンは全部終わった。
すべりこみセーフで、今夜できるだろうか?

春のようだ 

January 15 [Sun], 2006, 13:50
昨日まであんなに寒かったのに、突然春のような陽気になった。
ぽかぽか日差しが気持ちよいので、家にこもって家事と仕事ばかりしていては勿体ない。
夫は日曜なのに仕事に出かけてしまったので、午前中からお昼にかけて、一人で町をぶらぶらしてきた。
今年になって、飼育しているカメの水槽とモーター式フィルタを一回り大きいのに買い換えたので、新しい交換用のフィルタと、クライアントへ納品書や請求書を送る際に使うふつうのよりちょっとだけおしゃれな封筒を探してあちこち歩き回る。
日曜日だから、家族連れが多いのはあたりまえだが、この町には赤ちゃんを連れた若い夫婦が多い。
いわゆる「大きい買い物」をしに、近隣の駅からやってくるのだろう。
ついつい、見るとはなしに、赤ちゃん連れの人を眺めてしまう。
本屋に寄れば、出産関連の書棚の前に立ち、背表紙を片っ端からじろじろ見てしまう。
そして、ベビー用品を紹介しているかわいい本を見つけて、やっぱり衝動買いしてしまった。
来年のお正月は、できることなら、生まれたての赤んぼと、うちの年寄りニャン子のツーショット写真を載せた年賀状を出したいな。
来年がだめなら、再来年。再来年がだめなら、その次の年もある。
でも、そんなお正月を迎えられる可能性が残ってるのは、あと3−4年くらいかな。。。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pn2006
読者になる
Yapme!一覧
読者になる