ゆーみんがダチョウ

May 25 [Wed], 2016, 21:09
体内の水が不足することを脱水実態と呼びますが、脱水実態をおこすといった、体温を調節する汗が出なくなり、体温が上がってしまいます。汗や尿が出なくなるため体内に毒が貯まるだけでなく、血の雲行きも悪くなり、全身の実施にブレーキを起こして、死に至ってしまう。
とにかく、ウェイトの約2パーセントの水分が失われただけでも、口やのどの渇きだけでなく、食欲がなくなるなどの違和感に襲われます。
約6パーセント片手落ちになると、頭痛、眠気、よろめき、脱力フィーリングなどに襲われ、精神も不安定になってしまう。
一層10パーセント不足すると、筋肉の癲癇が起こり、間隔不全、腎不全になってしまい、それ以上になると、注意が失われ、20パーセント片手落ちで死に差し掛るというニュースがされています。
詰まり水の働きで、栄養分や新陳代謝商品の運輸、体温の取り計らいなどが行われ、いのちの実施が保たれてある。
ですから健康のために日々潤い填補をしなければならないのは、このためだ。

人間の人体が1日に排出する潤いの件数を合計すると約2.5リットル

おもな放出取り分は、不感蒸泄(汗などとして感じなくてもスキンや呼吸にて潤いが失われて要る振舞い)として約1リットル、尿や便として約1.5リットルの、計2.5リットルだ。
深夜寝る直前に量ったウェイトが朝方起きて、目いっぱいオシッコをし、大のほうも毎日1回分を出してすっきりしたのち、ウェイトを測るって1.5移動減っていたはもちろん、痩身到達はぬか喜びなのですね。(-_-;)

ですから放出した取り分は補給しなければならない!

健康な自身は、毎日の放出件数といったほぼ同じ約2.5リットルの潤いを飲食商品から補給する必要があります。
平均的な食事で約1リットルの潤いを摂取できるので、残りの約1.5リットルを飲み物から摂取することが重要です。
*ただし夏季で暑くて大量に汗をかいたり、運動して大量に汗をかいたりするとそれ相当に補給しなければなりません。1.5リットルには拘りません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:直樹
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pn1cdhraiandaa/index1_0.rdf