PMSによる腰痛と腹痛の原因と解消するアレとは?知らないと損する!

October 15 [Sat], 2016, 20:48

「PMSで腰痛と腹痛がひどくて、もう我慢できなくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?



PMSで腰痛と腹痛がひどいと、
生理前になるともうイヤでイヤでたまらないですよね。

それで、腹痛の薬を飲んだりしても
全然よくならない、と悩む人は多いですよね。


このままだと仕事などに影響は出てしまいますし、
PMSに理解のない男性から変なことを思われてそうで…


「PMSによる腹痛と腰痛をなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■PMSによる腰痛と腹痛の原因


まずは、PMSで腰痛と腹痛がひどくなる原因ですが、
そのほとんどが子宮が収縮するからです。


生理前になると子宮から血液を出します。

その時に子宮が収縮するからです。


ただ、人によっては子宮の収縮がひどくなります。

そうなると、周りの筋肉を引っ張ってしまうわけですね。

それで、子宮の近くのお腹や腰の筋肉が痛くなるわけですね。


■PMSによる腰痛と腹痛を解消するには?


それで、通常の腹痛は腸の調子が悪いことが原因なので、
腹痛の薬は腸の調子を良くするして痛みを緩和する働きがあります。

ただ、PMSによる腹痛は筋肉の痛みなので、
通常の腹痛の薬は効きません。


それで、PMSによる腹痛も腰痛も筋肉の痛みですので、
マッサージなどをすれば痛みが緩和されることが多いです。

あるいは湿布などを貼ったりしても、
痛みが緩和されることが多いですよ。


ただ、マッサージしてもしばらくするとすぐに痛くなりますし、
湿布は効果がなくなれば痛くなります。

それらで痛みを緩和するのもいいんですが、
同時に根本原因であるPMSを緩和することが大切です



PMSの原因は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減り方と
プロゲステロンが増え方が大きいからですね。

生理前になると誰でもエストロゲンが減り
プロゲステロンが増えますが、

その減り方と増え方が急激になると、
PMSの症状が出てきてしまうんです。


それで、エストロゲンを補うことで、
PMSの症状が緩和されることが多いんですよ。


それで、注目されているのが
チェストツリーというハーブです。

このハーブはエストロゲンと同じような働きがあり、
PMSの症状を緩和する効果があることが昔から知られています。


また、ブラックコホシュというハーブにも
ホルモンに作用する働きがあり、
PMSを緩和する効果があるんです。


その2つのハーブが配合されているドリンクがあります。

それは「ルナテア」です。

この2つの成分にプラス、
美容に効果的な成分も配合されているんですよ。

ですから、PMSによる腰痛と腹痛の緩和はもちろんですが
その他の肌荒れなどにも効果が期待できるんです。


それで、実際に飲んだ人の多くが
「痛みが和らいで1日乗り切れるようになった!」
などと満足しているんですよ。


PMSによるつらい腰痛と腹痛から解放されたい
と思っているあなたに「ルナテア」はおすすめです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

「ルナテア」詳しくはこちら

























.