更紗コメットと伊井

May 27 [Fri], 2016, 13:39
女性の場合は、このプッシュ系エクササイズとなる手幅の狭い腕立てを入れないことで(つまり、普通にSIXPAD(シックスパッド)を使うだけ)、二の腕を引き締めるエクササイズとしてSIXPAD(シックスパッド)BodyFit(ボディフィット)が活躍してくれるというわけです。やっぱり、腹筋が割れることばかりを意識しすぎているからでしょうけども、お腹全体をしっかりアプローチすることで、お腹周り全体のプニプニ退治が効率化するわけですから、もっと攻めの気持ちで、お腹の横も意識しなくちゃですね。このSIXPAD(シックスパッド)を開始する前までは、腹筋が割れたことが無いから、これで本当に腹筋がクリスティアーノ・ロナウド選手のように割れるのか?という疑問だったのが、いつのまにか、いつ頃で割れるか?という、腹筋がわれる前提でいつのまにかSIXPAD(シックスパッド)を捉えるようになっているわけですから。腹筋割れろ割れろ!!っと願って使っていたら、いつの間に、こんなにお腹周りのプニプニが減っていた?って感じですから。たまに先日のように気分がだらけてサボろうかな?なんて気分になる時も全くないわけではないですが、殆どの日は、やる気満々です。SIXPAD(シックスパッド)は、ペタッと身体に貼り付けてスイッチオンするだけの簡単で、何も面倒なこともないのに、それでも気持ちが怠けだすとついついとなってしまうんですよね。


腹筋にしろ、お腹のクビレにしろ、このSIXPAD(シックスパッド) AbsFit(アブズフィット)とSIXPAD(シックスパッド)BodyFit(ボディフィット)のコンビネーションは欠かせないなっと思います。



SIXPAD(シックスパッド)を開始してから、ズボンのウェストサイズは2インチ程度落ちていますから、その上で、クビレがあるということは、筋トレなアイテムとしてのSIXPAD(シックスパッド)がしっかり筋肉を鍛えながら、オウトツのあるダイエットに貢献してくれているからではないかと思っています。

SIXPAD(シックスパッド)で挫折しちゃうようじゃ、多分、僕は、何やっても無理かもって思うくらい、こんな楽で結果がでているようなものってないですからね、今日みたいにダラケた気分の時は、自分を鼓舞するようにします。
ともあれ、僕が毎日このSIXPAD(シックスパッド)を取り組んでいる一番の理由は、腹筋なわけですから、きょうも腹筋とお腹周りだけはしっかりチェックしておきました。


MTGさんから7月7日に販売したSIXPADですが、いち早く体験できたので、その感想を書きたいと思います。
まず、シックスパッドですがテレビのコマーシャルや雑誌に載っている通り、EMSという低周波を利用した筋トレ器具です。今までの某〇〇社のEMSは痛いという口コミや、全然効果がなかったという口コミに比べて、SIXPADは20Hzという低周波(低周波は本当はもの凄く痛い!)にかかわらず、痛くないんです。
シックスパッドを見て、触ってビックリしたのが、とにかく薄くて軽いんです。


おそらくA4のノートよりバッグのスペースを取らないと思います。

これなら、出勤中にEMSで筋トレをしながら、会社ではバッグにいれて、また家に帰る最中にEMSで筋トレをしながら帰ってもOKです。昔、アブトロニックという装着するだけで筋トレが出来るベルトが売られていましたが、あのタイプをさらに改良・改善したものと思ってくださって結構です。


ただ、アブトロニックは悪い製品ではないのですが、当時の技術では最大限の効果を出すことが出来ず、また「振動が強い」「装着したが重い」といった課題も出ていました。
モニターさんたちのデータでは、8週間ほどで、目に見える変化が出てくるそうです。



筋肉が収縮運動をしますのでトレーニングになります。これは、自分で動かそうがEMSで動かそうが、筋肉の収縮運動に違いはありません 。

普通にお腹周りを引き締めたい とか、普通の腹筋運動の代わり くらいで考えるのであれば効果有り だと思います。


MTGさんの美容・健康機器は、フィットネスクラブやデパートの店舗などで買えますが、SIX padは、公式サイトの直販以外は、一部のデパートやスポーツクラブだけだそうです。



SIXPADは「周波数で筋肉を振動させるのって、何か怖そう」という人でも安心して装着出来るように、レベル設定が可能になっています。最初はレベル1の軽い振動からはじめて、自分にとって一番ベストな周波数と装着時間を見つけてカスタマイズすることが可能です。



Electrical Muscle Stimulationの略。直訳すると「電気で筋肉を刺激する」です。

sixpadで鍛えるのは、筋肉のうちでも速筋(そっきん)と言う部分なのだとか。

SIXPADは、EMSと呼ばれる電気的筋肉刺激を装着部分に与える装着型の筋トレグッズです。


ダイエットにせよ健康維持にせよ、運動の最大のキーポイントは続けることです。


SIXPAD(シックスパッド)があることで筋トレが非常に楽になります。

SIXPAD(シックスパッド)は腹筋を鍛えることができるabs fit(アブスフィット)と、腕や太ももや脇腹を鍛えることができる body fit(ボディフィット)の2種類が発売されています。それぞれを使って体の部位を鍛えることは可能ですし、使っていれば使用箇所の筋肉が増加するのは間違いありません。
しかしSIXPAD(シックスパッド)のEMSでは筋肉と筋肉、筋肉と筋膜、筋肉と神経の、それぞれの連携動作は強化されません。


例えば、腹筋に力を入れると胸筋の下部分にも力が入ります。


これは腹筋に力を入れるときに周囲の筋肉が『補助』として働くためです。


すこしづづパワーが上がっていくので、最初は電源入っているの?って思うほど。実は、このところの運動医科学研究によって、トレーニングに最適なのは20Hzだ!!・・・ということが導き出されていると伺いまして、へえーーーー!!と思いました。今まで持っていたEMS機器は、パッドが本体と細い線で繋ぐもので、よく線がぐちゃぐちゃになって、そのうち使うのがイヤになっていました。
ですので、そのピリピリとした痛みを感じてしまうために、これまではなかなか商品化できなかったという周波数20HzのEMS機器を、MTGさん独自の波形開発によって製品化に成功されたというから、すごいですねーーー!!筋トレを全くせずにSIXPAD(シックスパッド)だけを使うということも可能ですが、ボディメイクを考えた場合は通常の筋トレで筋肉同士や筋肉と神経の『連携動作』を強化、鍛えることも重要になります。SIXPAD(シックスパッド)は1回23分のコースを1日1回で効果があります。



効果が実感できる推奨期間は2ヶ月です。


SIXPAD(シックスパッド)を付けるだけなので楽で続けやすいです。もっと効果を実感したい方は1日に2回するといいです。その際は2回連続でするのではなく、朝と晩にすると効果的です。



二の腕(三頭筋)といえば、SIXPAD(シックスパッド)BodyFit(ボディフィット)!!シックスパッドアブズフィットは効果が無い!という意見とシックスパッドアブズフィットは効果があり満足しているという評判にはだいぶ開きがあり、個人差があるにしても同じ商品でここまで効果に対する感想が違うのが不思議です。


もちろん、男性も二の腕といえば、三頭筋と呼ばれる場所で、ここに筋肉がしっかりついて盛り上がると腕にメリハリがでて太くたくましい腕になるのでしっかり鍛えたいという人も多いですけどね。
パッドを貼り付けている二の腕の部分だけでなく、腕全体がSIXPAD(シックスパッド)の電気刺激に併せて、つられて動いてしまうくらいよく筋肉が動きます。
ボディーラインを気にせずに、引き締まった体でオシャレをしたい方、食欲の秋なのでついつい食べ過ぎてしまいます。
せっかく食べ物が美味しい季節ですから、我慢せずに食べたいですよね。運動の秋でもありますので、SIXPAD(シックスパッド)でダイエットをしていれば食欲の秋なのに痩せれます!!お正月太りにもSIXPAD(シックスパッド)は効果的です、持っておくとずっと使え、ただ細くなるだけでなく筋肉を鍛えて健康的な体になれるダイエット器具なのでおすすめです。

SIXPAD(シックスパッド)はたった3ステップ、これだけで筋肉が鍛えられ、引き締められます。放ったらかしで勝手にSIXPAD(シックスパッド)が筋トレをしてくれます。



終わった後は筋トレをしたようにちゃんと疲労感があります。
自分で頑張って運動しなくてもSIXPAD(シックスパッド)を付けるだけで筋肉が疲労し、トレーニング効果が出ます。オリンピックにでるアスリートをみてもそれは分かるかもです。


当然ながら、この一流レベルのアスリートにおいては、女性も男性に負けないくらいハードな筋トレをしているにもかかわらず、男性ほどムキムキした身体になっていないですよね。

SIXPAD(シックスパッド)は、なんで痛くないのか。



EMSの機器は、色々な会社から発売されていて、中には痛くないEMSもあります。ただ、痛くないEMSというのは、あまり身体を鍛えるということができないEMSということが多かったようです。



EMSのトレーニング効果の高い低周波の大きさというのがあって、低周波が小さければ小さいほどエクササイズの効果が高いと言われています。ただし、低周波にすればすれるほど、痛みに耐えられなくなるそうです。だから、80HzのEMSは痛くないけど、あまり効果がない。
30HzのEMSは、効果は高いけど、すごく痛いというメリットもデメリットもある機器だったそうです。
今回のSIXPADの低周波は20Hzで凄く痛そうなイメージがしますが、全然痛くありませんでした!SIXPADの低周波はCMMパルスという波形をだそうで、この低周波の波形にすると20Hzにしても痛くないんです。



SIXPAD(シックスパッド)はどの部分を鍛えることができるのか?SIXPADにはABS(アブス)と呼ばれる腹筋を専門に鍛えるEMSとBODY(ボディ)と呼ばれる、二の腕やウエスト回り、ふくらはぎ、太ももの速筋を刺激するEMSがあります。

目的によって購入を考えるといいのですが、私は全身を鍛えたいので両方購入してしまいました!SIXPADを購入したら、あまりの軽さや薄さに、出張先や旅行先にまでもっていってしまう人も出てくることと思います。ただ、私は外では筋トレしようとは思わないし、旅行先にまでSIXPADは持っていくことはないと思います(笑)歯磨きしているときとか、ぼ〜っとテレビを見ているときとか、本を読んでいるときなど、日常生活の中でできたらいいなと思います。


EMSの刺激が気になって集中することができないと思うかもしれませんが、意外と集中できて、しかもEMSに刺激が心地良くなってきます(笑)ありがたいのが1日1回しか使用してはいけないということ!逆に言えば、1日1回だけのSIXPADの使用で効果があるように作られているということ。1日に何回もエクササイズをするのは疲れますが、1日1回だけ、さらにお腹に貼って押すだけなら楽チンでいいなと思いました。

女性だと、両端が余って浮きがちなので、貼り付ける角度に注意です。
SIXPADの『Body Fit』、私は二の腕に巻き付けました。多分、腕より足の方が太かったり、床についていたりなど、条件が違うせいみたいです。



夏のダイエットで、体のラインを引き締めたくなりました。SIXPOADを剥がして少し経つと、筋肉にほどよい使用感を感じます。中央の丸いボタンの、『+』を長押しすると、かすかな開始音が鳴ります。


全体的な強さは、15段階に調節できます。
これは、スイッチの+(+)ボタンを押すたびに、1段階ずつ強くなります。自分では、かなりの心地よい衝撃(?)を受けているのに、見た目にはわからない。



ビリビリではなく、外からドッ、ドッと信号が来ます。シックスパッドの良かったところは、簡単に着けられて、電源の入れ方もかんたん♪大げさではなく、SIXPADを5秒で着けてトレーニングを始めることができます。シックスパッドを装着することができたら、+(プラス)のボタンを2秒間長押しすると電源が入ります。


逆に-(マイナス)のボタンを2秒長押しすると途中でトレーニングを止めることができます。

電源が入ったら、プラスのボタンでレベルを上げていきます。レベルは1から15段階までありますので、自分の好きなレベルに設定します。
残念ながら、レベルの表示がないのでプラスボタンを何回押したか自分で覚えていないとダメなようです。


ボタンを何回押したかわかりませんが、体がビクッとするほど効いているのがわかります。今回アブスSIXPAD、ボディーSIXPADのどちらも使用したのですが、どちらともレベルを上げ過ぎると体がビクッとするほど刺激があります(でも痛くありません)だから、通勤のときはレベル3ぐらいの軽い刺激でエクササイズ感覚で使った方がいいなぁと思いました。逆に家で使う時は、レベル10以上で思いっきりやりたいと思いました。



電気の流れ方(リズム)が変化してくれるので、筋肉が慣れてしまうこともなく、腹筋にいい刺激を与え続けてくれます近未来的な空間の中で、独自のEMSテクノロジーがクリスティアーノ・ロナウド選手の筋肉を呼び起こす様子を、スタイリッシュに表現しました。


「BODY REVOLUTION」というキーメッセージのもと、これまでなかったトレーニングの進化を感じさせるCMになっています。AbsFit(アブズフィット)が、勝手に腹筋を鍛えてくれるわけです。持ち運びに便利な専用ケースもついています!AbsFit(アブズフィット)中は、腹筋の刺激が気になって、動くことができないので、AbsFit(アブズフィット)中は、TVを見ていることが多いんですが、以前もお伝えしたように、僕の叔母や母のように女性は意外と刺激に強いようで、家事をしたりしながらとか動きながら使われます。

本体と同時で使用する専用の高電導ジェルシートでも十分ですが、付属のサポートベルトを使うと、より一層安定します☆昨日にくらべて、今日がどうということはないんですが、結局、この実感できない日々の積み重ねが、いつのまにか64日経ってみると、開始前からこんなに変わっていたという感じです。限られた時間の中で、クリスティアーノ・ロナウド選手は、持ち前の勘の良さからOKを連発。
撮影は終始和やかに、スムーズに進行しました。イメージキャラクターのクリスティアーノ・ロナウド選手が製品開発段階から参加し、彼のトレーニングメソッドを取り込んだ本製品は、薄型・軽量・コードレスという手軽さで、いつでもどこでも持ち運べ、効率的に美しい肉体をつくり上げます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yamato
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pmioycanhrraae/index1_0.rdf