クリーブランド CG ルという男は

September 30 [Fri], 2011, 10:50
このように、ジョン?ブルという名を利用して、彼は議論の結果あらゆる欠点を美徳にしてしまおうとし、また、あらゆる人間のうちで自分がいちばん正直な男であるとみずから卒直にみとめるのである。
したがって、このジョン?ブルという人物ははじめはイギリス国民の姿にはほとんど似合わなかったかもしれないが、次第に適応して、それにあてはまるようになった。いや、むしろ国民のほうがおたがいに適応しあったのである。外国人がイギリス人の特異性を研究しようとするならば、漫画店の窓に飾ってある、あまたのジョンCleveland CG?ブルの肖像から、さまざまの貴重な知識を得ることができるだろう。しかしながら、このジョン?ブ、はなはだ滑稽の才に富む人で、絶えず新しいすがたをあらわし、見かたによっていろいろな顔つきに見えるのである。そこで、今までにもずいぶんいろいろと彼について書かれてきたのだが、わたしは、わたしの眼に映った通りの彼のすがたを簡単にスケッチして見たいという誘惑に勝てないのである。
ジョン?ブルはどう見ても、あけすけな露骨《ろこつ》な常識的な男で、詩的情緒にはきわめて乏しいが、散文的情緒には富んでいる。生まれつき空クリーブランド CG 想的でないが、自然な感情が強くゆたかである。彼は機智があるというよりも滑稽に秀《ひ》いで、にぎやかで快活というよりはのんびりと上機嫌であり、気むずかしく陰気というよりは物思わしげで憂鬱である。思わずほろりとしたり、あるいは、びっくりして爆笑することもあるが、感傷におぼれるのはきらいで、おどけることは好まない。自分の思いのままにすることができ、自分のことが話題になっていさえすれば、彼は遊び仲間になっているし、また、友人のためには生命も財産も投げだして味方になり、どんなにひどく棍棒でうたれようといとわない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:IGolfStore
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pmingxun/index1_0.rdf