変形性ひざ関節症はひざの軟骨がすりへっておこる

September 20 [Sat], 2014, 10:48
よく高齢になると膝が痛くて歩くのも不自由になる人がいますが、この多くの原因が変形性ひざ関節症です。人間の関節と関節の間には半月板や軟骨などの柔らかい物質があり、骨と骨が直接ぶつからないようにクッションの役割をしています。加齢とともにこの軟骨がすり減ってきて再生できなくなってきます。すると骨と骨がぶつかるようになって痛みを生じるようになります。変形性ひざ関節症は加齢だけではなく肥満やスポーツなどでひざを酷使した時にもおこります。若い時は軟骨を再生する力も強いのですが、年とともに再生力が衰えてくるため食事やサプリメントなどで軟骨成分を補う必要が出てきます。またひざ周りの筋肉を鍛えることも有効です。太っている場合はダイエットすることでい症状が改善することがあります。変形性ひざ関節症は初期は歩き始めに少し足が痛む程度ですが、症状がすすむと座っていても寝ていても膝が痛むため寝たきりになることもあります。早めに対処を考えることが必要です。看護師ブランク不安
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みつひろpmgavwh9
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pmgavwh9/index1_0.rdf