「スラムドッグ$ミリオネア」(2008・英)

April 23 [Thu], 2009, 22:30

今年のアカデミー賞最多8部門を受賞した映画、
「スラムドッグ$ミリオネア」を観てきました。

普通アカデミー賞受賞作ともなれば、上映館の数は多くなるものなのですが
この映画の場合、製作がイギリスなためか、舞台がずっとインドなせいか、
それとも同時期の「レッドクリフ」に押されたか、
上映館はさほど多くないんですよね〜。
私も観ようと思って調べたら、意外に少なくてびっくりしましたし。
ゴールデンウィークには混み合いそうですね、これは。

さて、監督は「トレインスポッティング」(言わずと知れた
ユアン・マクレガー出世作)のダニー・ボイル、
脚本は「フル・モンティ」のサイモン・ビューフォイ。
まあ、この二人なら間違いなしだろう、という組み合わせですよね。

ストーリーはこんな感じです。

「警察署で半ば拷問に近い取り調べを受けるジャマール(デーヴ・パテル)。

 彼はテレビの生放送クイズ番組『クイズ$ミリオネア』に出演し、
 歴代最高額タイ記録まで勝ち進んだのだ。
 明日に持ち越された最後の問題に答えれば、獲得賞金は史上最高額。

 が、彼は一介の携帯電話会社のお茶くみで、
 まともな教育も受けていないスラム育ち。
 何か不正があるのでは?と疑う警察に、
 ジャマールは全て答えを知っている問題ばかりだった、と答える。

 身の潔白を明かすために彼が語り出したのは、
 ジャマールと兄のサリームが今までに経験した過酷な体験、
 そして初恋の少女ラティカの話だった……」


クイズショウの解答シーンとジャマールの過去の体験をクロスさせる形で、
話は進んでいきます。

ちなみに、実際に映画を観るまでは
話の舞台がインドだけで終わるという事を私は知りませんでした。
いや、幼少期はインドでも途中からイギリスに出てくるのかな、なんて
まあ勝手な想像をしてたわけですよ。

で、これがアカデミー賞を受賞した時の新聞記事で
喜んでいるインドの人もいるけれど
批判的に考えている人もいる、というものを眼にした訳です。

確かに、いい話だけど現地の人の中では批判票も出るかも知れませんね。
つまりは、自国の話を外国人監督が撮っているので
「真実の姿じゃない!」と言いたくもなるかと思います。

私の受けた印象としては、「口当たりを良くしたインド映画」かな。
これがインドの人が撮ったものだったら、より濃い映画になったと思います。

多分、途中で歌と群舞は絶対入れたくなるだろうし、
上映時間もぐんと延ばして「途中休憩あり」の大作にしたくなるだろうし、
もっとゴージャスなクイズショウ番組のセットにしたと思うし、
残酷シーンはよりエグイものにしたと思うし、
ヒロインのラティカの化粧はもっと濃くしたと思うし(苦笑)

日本人における「SAYURI」「ラスト・サムライ」みたいなもんでしょうか。
……って、「SAYURI」を観てない私が言うのもなんですが(汗)
さて、別に口当たりがいいのは悪いことではないので、
インドが舞台でも万人受けしやすい内容に仕上がっていると思います。

何よりも、ジャマール役が幼少期/少年期/青年期と三段階あるのですが、
幼少期の子役がとにかくカワイイ!
幼少期の子役達はジャマールといい、兄のサリームといい、ラティカといい、
とにかく全員カワイイ。
ここでぐっと掴まれますよね〜。

で、とある悲劇によって兄のサリームと出会ったラティカ、
子供三人だけで生き抜かなければならなくなったジャマール。

ジャマールはちょっと頑固なところがある、でも善良な子なのですが、
お兄ちゃんのサリームは金儲けの臭いにめざとくて、
多少犯罪的行為でも気にしないという性格です。

この兄弟二人の性格は成長するに従って違いが明確になっていきます。
時としてジャマールには許せない行為をしてのけるサリーム。
でも、サリームの行動力無しには、ジャマールもラティカも生き残れなかった。
誰か一人の行動が欠けても、現在の状況にはつながらなかった。

そう、主人公はあくまでもジャマールなんですが、
中盤以降お兄ちゃんのサリームがどんどん存在感を増してきて、
ラスト近くの泣ける感じは全てサリームが持っていったと言ってもいいでしょう。
あの、風呂場に立て籠もってお札を風呂桶にぶちまける辺りとか(泣)

ジャマールやラティカにとってはひどいヤツなんだけど、
単純に「でもいい兄です」なんて絶対言えないけど、
きっと彼にとっては頑固で言うとおりにならないジャマールは
やっぱり大事な弟だったんでしょうね。
と、ラスト辺りを見て思いました。

ちなみに、エンドクレジットではやっとマサラ風味ダンスが登場します。
テキトーに踊る子供達が実にカワイイので必見です♪
  • URL:http://yaplog.jp/plum56/archive/812
Trackback
Trackback URL
『 スラムドッグ$ミリオネア 』 (2008)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :デヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン、サウラーブ・シュクラ、...
「トレインスポッティング」や「28日後…」などの作品で知られる英国出身のダニー・ボイル監督が、インドを舞台にして撮った社会派ヒューマン・ドラマ「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年、英米、120分、)。この映画はインドのTV番組「クイズ$ミリオネア」で、史上最高額まであと1問と迫ったスラム育ちの青年の過酷で波乱万丈の半生を、スリリングかつ躍動感いっぱいに描いていく。第81回オスカーで、作品、監督、脚色、編集賞など最多の計8部門を受賞した。
シネマ・ワンダーランド  November 08 [Sun], 2009, 23:57



 もう、ほとんどの映画館で終了してしまっていますが、上映の最終日にスラムドッグ$ミリオネアをようやく観てきました。
よしなしごと  July 15 [Wed], 2009, 2:10
スラムドック$ミリオネアは先月に劇場で鑑賞したのだけど
結論は最初から全問正解するの分かってる状態で鑑賞だし
アカデミー作品と言って鑑賞前に上げ過ぎ失敗だよ

内容はスラム出身の主人公ジャマールがミリオネア出場して
人生を振り返って行きながら全問正解を達
別館ヒガシ日記  June 13 [Sat], 2009, 15:08
『スラムドッグ$ミリオネア』を観ました『トレインスポッティング』『28週後…』など多彩なジャンルで観客を魅了する、鬼才ダニー・ボイルの最高傑作といわれる感動的なヒューマン・ドラマです>>『スラムドッグ$ミリオネア』関連原題: SLUMDOGMILLIONAIREジャンル:ド...
おきらく楽天 映画生活  May 18 [Mon], 2009, 23:23
原題:Slumdog Millionaire
最後の最後に緊張感を解き放ち、一気に"ムトゥ 踊るマハラジャ"の世界へといざなってくれる、召使から大地主への物語も似て歌と踊りのハッピーエンド・・・



イギリス発祥のテレビ番組"クイズ$ミリオネア"、世界中でローカ

 『駆け抜けたその道に、 夢とヒントが落ちていた─。』
 コチラの「スラムドッグ$ミリオネア」は、世界が選んだ今年”最高”の一本!!第81回アカデミー賞で、今年度最多となる8部門の受賞をした4/18公開の大河ロマンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ?♪今日....
☆彡映画鑑賞日記☆彡  April 24 [Fri], 2009, 6:43
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Google

Web全体
このブログ内
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
アイコン画像きっと、うまくいく (2016年11月22日)
アイコン画像博士と怪物の物語 (2015年09月28日)
アイコン画像映画『大脱出』を観て (2014年02月26日)
アイコン画像『大脱出』 (2014年02月16日)
最新コメント
アイコン画像plum56
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月06日)
アイコン画像おふう
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月05日)
アイコン画像plum56
» 「酔拳」(1978・香港) (2015年03月15日)
アイコン画像さすらい日乗
» 「鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)」(1939・日) (2015年03月09日)
yaplog!広告
書いている人
plum56
取扱ジャンル
映画/香港映画に偏りがち。李連杰は永遠のアイドル。
音楽/plane、ミドリカワ書房、末光篤。CDよりはライブ派。
舞台/劇場に行く回数は近年減少傾向。最近は映画館の映像上映のお世話になることが多い。
ポリシー
■このブログは好きなものを好きと伝えるために書いてます。2005年〜スタート。
中華系映画/公式HP
気になる日本公開決定の中華系映画・中華系俳優出演映画を紹介。クリックすると公式ページへジャンプします。
◆湾生回家
2016/11/12公開
◆人魚姫
2017/1/7公開
◆百日告別
2017/2/25公開
http://yaplog.jp/plum56/index1_0.rdf