「ドラゴン・キングダム」(2008・米)

July 29 [Tue], 2008, 21:40

ジェット・リーことリンチェイと、
ジャッキー・チェンが遂に銀幕で対決!
そんなカンフー映画、「ドラゴン・キングダム」を観てきました。

観る前は

「アメリカ資本映画?アメリカ人少年が主人公?西遊記ベース??
 あああ、期待できない。出来ない
 どうせ間違ったアジア像のオンパレードだわ〜」

と、どうしようもないB級を観るつもりで出かけたのですが、
いやいや、なかなかどうして。

オープニング映像からして、
制作陣が真のカンフー映画オタクという事がわかる、
実にカンフー映画らしいカンフー映画でした

さて、お話としてはこんな感じ。

「アメリカ、ボストン。
 カンフー映画オタクのジェイソン(マイケル・アンガラーノ)は
 不良に脅され、
 常連として通っていたチャイナタウンの質屋への
 押し込み強盗をいやいや手伝うことに。

 が、質屋の老人は不良のボスに銃で撃たれてしまう。
 店に置いてあった不思議な金色の棒を手にしたまま、
 追いつめられたジェイソンはビルから転落。

 が、目覚めると彼はカンフー映画に出てくるような中国世界にいた。
 実はジェイソンが持っていたのは、
 500年前に石像に封印された孫悟空が持っていた如意棒だったのだ。

 孫悟空の封印を解き、
 帝国を支配するジェイド将軍(鄒兆龍/コリン・チョウ)を倒すため、
 酔拳の達人、廬炎(ルー・ヤン)(=成龍/ジャッキー・チェン)と
 少林拳の達人、
 黙僧(サイレント・モンク)(=李連杰/ジェット・リー)、
 美少女、
 金雀(ゴールデン・スパロウ)(=劉亦菲/リュウ・イーフェイ)との
 ジェイソンの旅が始まった……」 


アメリカ人の主人公は適度に空気(←ヒドイ?)なので
あまり気にはなりません。

二人のカンフースターのガチンコ対決を
延々見る時間をちゃんと用意してあるのは
最近の香港ものでもなかなかないですよね〜。 
ちなみに、カンフー映画を観ていると
ニヤリとできるシーンがいくつもあります。

ジャッキーは酔拳(なつかしの酔拳シリーズですよ!)は元より、
蛇拳だの虎爪拳だの鶴拳だの、
今まで何かの映画で観たような技のオンパレード〜。

さほどジャッキーファンじゃない私でも、
観ていてニヤニヤしちゃいますね。
ジェイソン君に馬歩+単指手で長時間空気椅子をやらせるシーンでは、
是非おしりの下にとがったものを置いて欲しかった!
(そうすればまんま「酔拳」の再現です)

また、ジャッキーの立場は今回「師匠」ということもあり、
観ていると「酔拳」のお師匠様役の袁小田師匠を彷彿とさせます。
……さすがに、青い帽子と赤い鼻メイクはなかったけどさ。

そうだよな〜、ジャッキーも普通に考えれば
「主人公の青年」でなく「師匠」役をやってもいい年だよな〜。

もっとも、対するリンチェイも負けていません!
実は孫悟空も演じている一人二役(理由は映画を観ればわかる)なので、
久々に華麗な棒術を披露!披露!

そう、求めていたのはこれなんです。
勿論ガンアクションをやってたり、徒手空拳で戦うリンチェイもいいけど
長時間にわたり棒を振り回すリンチェイは久しぶりに観たわ〜。

やっぱり美しいです。普通の人ではできない動きです。
さすが中国武術界の至宝。
ちょこっとだけだけど、今回は蟷螂拳もやってくれます!
セリフの中だけだけど、「無影脚」が出てくるのにもニヤリ。
(知らない人は名作
 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズを
 観よう!)

また、ジャッキーが「酔拳」のお師匠様を彷彿とさせるのなら、
対するリンチェイは「少林寺」の時の于海師匠を彷彿とさせる雰囲気。
これまた、ファンにはたまらないよね。

そして、黙僧をやっている時のリンチェイは重々しい感じなのですが、
孫悟空をやってる時は久々に楽しそうに弾けてます(笑)
あれだけ笑顔全開なリンチェイも久しぶりに観たわ〜。
金髪はイマイチ似合ってないが、まあ気にしない事にしよう。

で、序盤で盛り上がるシーンは
ジャッキーVSリンチェイのJJ対決!
如意棒を奪い合って戦うシーンは燃えましたね〜。

……ていうか、ここが一番燃えたシーンかも。

なお、ヒロインはゴールデン・スパロウこと
リュウ・イーフェイちゃんのようですが、
敵役の白髪魔女こと
リー・ビンビンちゃんの方が可愛かったような(禁句?)
だって、顔があんなに小さいのに目が大きくて、で、敵役ですから。

ていうか、「●●・スパロウ」とつくと
どうにもジャック・スパロウ船長を思い出してしまう。
日本公開なんだから、別に漢字を使った役名でいいじゃん……。

ちなみに、パンフレットも力が入っています!

ジャッキー、リンチェイのこれまでの経歴や映画の元ネタは勿論、
ジャッキーの吹き替えの石丸博也氏と、
リンチェイの吹き替えの池田秀一氏の対談が
収録されているあたり、カンフーオタク〜。

ていうか、この映画は吹き替え版はないのにね(笑)
このあたりからも、パンフ製作スタッフのオタク度が測れる一品です!
  • URL:http://yaplog.jp/plum56/archive/671
Trackback
Trackback URL


監督:ロブ・ミンコフ
出演:ジャッキー・チェン、ジェット・リー、マイケル・アンガラノ、コリン・チョウ

評価:73点

ジャッキー・チェンとジェット・リーの夢の競演ということで騒がれた映画。
騒がれた?と疑問符がつくところなのかもしれないが、少なくとも...
デコ親父はいつも減量中  December 09 [Tue], 2008, 22:21
お盆・・って、正式な休日じゃないのに・・・
「TOHOシネマズ」さんはナイトショウ開催中なので、見逃してたのを観てきちゃいました。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  September 08 [Mon], 2008, 3:48
伝説の如意棒と共にアメリカ・ボストンから不思議な世界へと飛ばされた青年ジェイソン。彼は危ないところを酔拳の達人ルー・ヤンに助けられ、共に如意棒を孫悟空の元へ返す旅に出た。悟空の敵であるジェイド将軍の妨害に会いながらも道を進んでいく一行。そんな彼らのもとに
映画な日々。読書な日々。  August 24 [Sun], 2008, 11:50
人気ブログランキングの順位は?


最強の仲間たちが挑む
伝説の「如意棒」をめぐる
未知なるアドベンチャー!


呪いを解けるのは奴らだけ──。




☆私は、ジャッキー・チェンに対し、他の映画好きほどには思い入れがない。

ジャッキーの映画を劇場で観たのも、中学の時の『キャノンボール』と、大学の頃だったかな…、の『プロジェクト・イーグル』、2作品しかない^^;

だから、全盛期を過ぎたと思われる、今回の...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』  August 14 [Thu], 2008, 10:17
夢の共演・・・!?

あの2大アクションスターが夢の共演!本作最大のウリ文句は当然こうきますが・・・2大ぃ?!?そうですかあ??
芸歴、...
原題:The Forbidden Kingdom
確かにジャッキー・チェンとジェット・リーが共演するというのは夢のような出来事だけど、そのJJ弾から何者か生まれたのだろうか・・すべてが夢の世界か・・



夢の内容、それは孫悟空に如意棒を返すこと、導かれし者となったカンフー...
今回は、あのジャッキー・チェンとジェット・リーが競演した「The Forbidden Kingdom」


[parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLVDMz/3SDHH/nZFcmGDA2xS4P1czEhKQSALGDDp4=]


ランキングに参加してます。




カンフーマニアで、孫悟空を夢見る17歳のジェイソン...
うだるありぞな  August 02 [Sat], 2008, 23:22

 『無敵の帝国<キングダム> 呪いを解けるのは奴らだけ──』
 コチラの「ドラゴン・キングダム」は、ジャッキー・チェン×ジェット・リー!最強タッグが遂に実現!夢のコラボで話題の7/26公開となるアクション・アドベンチャーなのですが、試写会で観て来ちゃいま...
☆彡映画鑑賞日記☆彡  July 30 [Wed], 2008, 6:15
彼女は面白かったです。
ネタバレ映画館  July 30 [Wed], 2008, 0:02
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
plum56
こんばんは、TBありがとうございます。

あのガチンコは良かったですよね〜。
最近の映像では、なかなかああいうシーンはないので
大興奮でした(笑)

武侠ものジャンルは
最近は香港の他にも韓国や台湾のドラマで
日本で見ることができるものも増えてきてはいるんですが、
どうにもワイヤーアクションやCG技術に流れがちで
物足りないんですよね〜。

またよろしくお願いします
August 03 [Sun], 2008, 0:26
こんにちは、TBさせてもらいました。
この2人の共演だけでも、すごいのに、カンフー映画史に残るようなガチンコ勝負、とてもよかったです。
また遊びに来ます。
August 02 [Sat], 2008, 23:28
plum56
はい、パンフいいですよ!
おすすめです
July 30 [Wed], 2008, 0:10
あ、なんだかパンフが魅力的・・・よだれ。
明日にでも行って買ってこよぉ〜っと!
July 30 [Wed], 2008, 0:04
Google

Web全体
このブログ内
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
アイコン画像きっと、うまくいく (2016年11月22日)
アイコン画像博士と怪物の物語 (2015年09月28日)
アイコン画像映画『大脱出』を観て (2014年02月26日)
アイコン画像『大脱出』 (2014年02月16日)
最新コメント
アイコン画像plum56
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月06日)
アイコン画像おふう
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月05日)
アイコン画像plum56
» 「酔拳」(1978・香港) (2015年03月15日)
アイコン画像さすらい日乗
» 「鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)」(1939・日) (2015年03月09日)
yaplog!広告
書いている人
plum56
取扱ジャンル
映画/香港映画に偏りがち。李連杰は永遠のアイドル。
音楽/plane、ミドリカワ書房、末光篤。CDよりはライブ派。
舞台/劇場に行く回数は近年減少傾向。最近は映画館の映像上映のお世話になることが多い。
ポリシー
■このブログは好きなものを好きと伝えるために書いてます。2005年〜スタート。
中華系映画/公式HP
気になる日本公開決定の中華系映画・中華系俳優出演映画を紹介。クリックすると公式ページへジャンプします。
◆湾生回家
2016/11/12公開
◆人魚姫
2017/1/7公開
◆百日告別
2017/2/25公開
http://yaplog.jp/plum56/index1_0.rdf