「ミラクル7号」(2008・中)

July 01 [Tue], 2008, 22:55

予告どおり見てきましたよ、シンチーの新作映画「ミラクル7号」を。

あー、久々のシンチー映画はいいですね。
人生における清涼剤、栄養ドリンク、まあそんな感じ。

ちなみに原題は「長江7号」。
現地では今年のお正月にジェイ・チョウの「カンフー・ダンク」
興行首位を争っていた映画、だったハズ。

今年はコレに加え「カンフー・ダンク」「ドラゴン・キングダム」
「ハムナプトラ3」も公開と、
香港映画好きには笑いが止まらない夏でございます。
「カンフー・パンダ」は一応見るけど、あれはちょっと違うし。
あ、秋の「レッドクリフ」もお忘れなきよう。

さてさて、この映画。
実はシンチーは脇役なので、
主役はシュー・チャオ演じるディッキー少年です。
そして、ディッキーの周りにも多彩な子役たちが集結。
そう、これは実はキッズ映画なのでした。

お話はこんな感じ。

「ディッキー(徐嬌/シュー・チャオ)と
 ディー(周星馳/チャウ・シンチー)はものすごく貧乏な親子。

 工事現場で働くディーは、苦しい生活の中でも息子に学問をつけさせたいと
 ディッキーを私立の学校に通わせている。
 が、一人だけ貧乏丸出しのディッキーは
 学校の中で金持ちの子供から何かと目を付けられがちだ。

 ある日、クラスメイトのジョニーから”長江1号”というロボット犬を自慢され、
 ディッキーは珍しく父に『自分も欲しい』とだだをこねるが
 貧しい父に高額なおもちゃを買う金などある訳がない。

 息子をなぐさめようと、ディーがゴミ捨て場から拾ってきた緑の物体。
 それは、実は宇宙からやってきた不思議な生き物だった……」
 
この宇宙人が意外に可愛いです。
チラシなどで写真を見たときは「なんじゃこりゃーっ」てなもんでしたが、
表情がなかなかよろしい。

公式サイトではあまり触れられていませんが、
この映画の主役はシンチーではなく、あくまでも子供達。
ディッキーの周りの子供達は、
一目でどういうキャラクターか判る外見でして
その辺りがシンチー映画らしいかな。

金持ちで態度がでかく、
そのまま嫌味な若社長になりそうなジョニー(ホアン・レイ)。
この子もディッキーと同じく実は女の子が演じているらしい。

ディッキーに好意的な美少女クラスメイト、ファニー。

ジョニーの用心棒役で武闘派の暴龍(ヤオ・ウェンシュエ)。
この人は実際は23才の女性だそうですが。

巨体で戦闘力は最強ながら
内気な少女で、ディッキーに好意を寄せているマギー(ハン・ヨンホア)。
もっともマギーにすり寄られるたびにディッキーはブルってますが(笑)
実際の中身は男性レスラーだそうだ。

ま、子供達だけでも賑やかなのに加え、
学校の先生は女の先生は全員チャイナ服で美人揃い、
クラス担任はクセがありすぎるリー・ションチン、
そこに謎の宇宙人が絡んでくるとあっては
面白くならない訳がない。

ちなみに、シンチー映画を観ていると
「キターっ!」と思う瞬間が何度もあり、
私は大受けでございました。
「カンフーハッスル」の如来神掌を思わせるシーンとか、
「少林サッカー」を思わせるボロ靴とか、
ミラクル7号のカンフーアクションとか、まあそういった辺りで。
ラム・ジーチョンなんて、出てくるだけでニヤニヤしてしまったが。

話としてはシンチーの親子愛あり、子供の友情話あり、
泣かせるシーンもありで、かなり楽しかったです。
こういうちゃんと作ってあるキッズ映画が公開される中華圏っていいよなあ。
ちなみに筋肉があるくせに
「貧乏のため非力」設定のシンチーパパも素敵でした。
  • URL:http://yaplog.jp/plum56/archive/660
Trackback
Trackback URL
あらすじ工事現場で働くティー(チャウ・シンチー)は貧しいながらも一人息子のディッキー(シュー・チャオ)を名門校に通わせていた。息子に新しい靴すら買ってやれない貧乏生活だったが彼らはそれなりに楽しい日々を送っていた。そんなある日、ディッキーは父がゴミ捨て...
「ミラクル7号」の試写会で中野サンプラザに行って来ました。
これは楽しくて、とても良い映画でした。
老若男女だれもが、楽しめる映画です。
デートにもファミリーにも最適な映画です。
アートの片隅で  July 08 [Tue], 2008, 15:47
人気ブログランキングの順位は?


で?

「少年サッカー」「カンフーハッスル」の
チャウ・シンチーに宇宙からのオファーが!!



超ビンボー親子が出遭ったのは、
救いの神か──




今週の平日休みは、ファーストデイで1000円の日。
「ミラクル7号」の字幕版を見るためにららぽーと横浜の「TOHOシネマズ」まで遠征。
ここは平日は4000台収容の駐車場が無料だから、助かるね。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  July 05 [Sat], 2008, 1:24
「カンフーハッスル」以来3年ぶりとなる、香港の爆笑王チャウ・シンチー(周星馳)待望の新作。
今回の「ミラクル7号」は今までの過激なギ...
ノラネコの呑んで観るシネマ  July 02 [Wed], 2008, 1:14
チャイナドレスの美人教師のいる学校なら無理してでも入学したい・・・
ネタバレ映画館  July 02 [Wed], 2008, 1:08
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Google

Web全体
このブログ内
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
アイコン画像きっと、うまくいく (2016年11月22日)
アイコン画像博士と怪物の物語 (2015年09月28日)
アイコン画像映画『大脱出』を観て (2014年02月26日)
アイコン画像『大脱出』 (2014年02月16日)
最新コメント
アイコン画像plum56
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月06日)
アイコン画像おふう
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月05日)
アイコン画像plum56
» 「酔拳」(1978・香港) (2015年03月15日)
アイコン画像さすらい日乗
» 「鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)」(1939・日) (2015年03月09日)
yaplog!広告
書いている人
plum56
取扱ジャンル
映画/香港映画に偏りがち。李連杰は永遠のアイドル。
音楽/plane、ミドリカワ書房、末光篤。CDよりはライブ派。
舞台/劇場に行く回数は近年減少傾向。最近は映画館の映像上映のお世話になることが多い。
ポリシー
■このブログは好きなものを好きと伝えるために書いてます。2005年〜スタート。
中華系映画/公式HP
気になる日本公開決定の中華系映画・中華系俳優出演映画を紹介。クリックすると公式ページへジャンプします。
◆湾生回家
2016/11/12公開
◆人魚姫
2017/1/7公開
◆百日告別
2017/2/25公開
http://yaplog.jp/plum56/index1_0.rdf