第18回(2013年)日本インターネット映画大賞(外国映画部門) 投票

January 04 [Sat], 2014, 20:20
※1/5 一部内容修正。

さて、「日本インターネット映画大賞」に投票してみる事にしました。

投票はインターネットにアクセスできる映画ファンなら
誰でもオッケーです。
今回は外国映画部門へ投票します。

-----------------------------------------------------------------
【投票ルール(要約)】

日本映画部門/外国映画部門、それぞれに作品等を選出。
ただしいずれか片方のみへの投票も可。

作品賞/各部門賞を選出。

作品賞では、今年最も気に入った映画を3作品以上10作品まで選出。
持ち点合計は30点以下。
ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで。

2014/1/16投票〆切、2014/2/5 集計完了次第結果発表

詳細は日本インターネット映画大賞公式ページをご覧ください。
-----------------------------------------------------------------
以下は投票内容です。

『 外国映画部門 投票 』

【作品賞】
「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」 5点
「セデック・バレ 第二部 虹の橋」 5点
「きっと、うまくいく」 5点
「イップ・マン 最終章」 3点
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 3点
「奪命金」  2点
「タイピスト!」 2点
「モネ・ゲーム」 2点
「スタンリーのお弁当箱」 1点
「ラスト・スタンド」 1点

まずは10本セレクトして、30点超えないように点数割り振って〜、
とやった結果こうなりました。
まあ、自分では割と納得できる点数配分です。
「ラスト・スタンド」を入れたのは完全に趣味だな。

※1/5 セデック・バレの箇所修正。
まあ、第一部第二部まとめて1作品なのですが
白眉は第二部でしょうね。
第一部の伏線が一気に爆発するカタルシスがたまらん。


【監督賞】 ウェイ・ダーション 「セデック・バレ 第二部 虹の橋」

この映画を見事作り上げたという点を買いたい。
新作「KANO」も期待大。


【主演男優賞】 アーミル・カーン 「きっと、うまくいく」

他にも候補はあったんですが、
2013年はこの人を推すしかないでしょう!
この1本でインド映画=「ムトゥ 踊るマハラジャ」の
イメージをひっくり返しました。


【主演女優賞】 デボラ・フランソワ 「タイピスト!」

女優さん主演映画をほとんど観ないので、
彼女になりました。(と去年も言っていた)
実際にタイプ打ちの特訓をした根性は買うべし。


【助演男優賞】 マシュー・マコノヒー 「マジック・マイク」

この枠、一番候補が多くて迷ったんだよねえ…。
最終的には「主役を食う勢いだったのは誰か?」という観点で
選びました。
マシュー・マコノヒーはいい感じにセクシーオヤジ化しましたよね〜。


【助演女優賞】
 ソー・ハンシェン 「奪命金」

主演ではないのに記憶に残ってしまう名演技と言えば
この人しかいない!
観ててぞっとする演技というのも珍しい。


【ニューフェイスブレイク賞】
 リン・チンタイ 「セデック・バレ 第二部 虹の橋」

映画初出演・初主演にしてこの貫禄。
素晴らしかったです。


【音楽賞】
 「きっと、うまくいく」

2013年はこれしかないなあ、と。
“AAL IZZ WELL”の勢いはすごいですよ。


【私が選ぶ○×賞】
【脚本賞】
 「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」

公式の部門賞には脚本賞がないのでこちらで。
いやー、素晴らしい脚本でしたね。
是非続編を求む…!


-----------------------------------------------------------------
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
  • URL:http://yaplog.jp/plum56/archive/1439
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TB無事飛んだようですね。良かった。
ご指摘の件、そう言えばそうでした。
第一部第二部同時公開でしたから、
どうもまとめて1作品の気がしてました。
修正入れておきます。
January 05 [Sun], 2014, 20:20
いつもお世話になっております。
日本インターネット映画大賞へ投票いただきありがとうございました。
作品賞に「セデック・バレ」を投票されていますが、同作は2部作となっております。
申しわけありませんが、当賞では前後編やシリーズものはシリーズ全体での投票は不可としているため、第1部・第2部いずれかを明示いただくようお願いします。
また監督賞とニューフェイスブレイク賞についても同様に、いずれの作品か(あるいは両作共か)を明示ください。
January 05 [Sun], 2014, 7:31
Google

Web全体
このブログ内
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
アイコン画像きっと、うまくいく (2016年11月22日)
アイコン画像博士と怪物の物語 (2015年09月28日)
アイコン画像映画『大脱出』を観て (2014年02月26日)
アイコン画像『大脱出』 (2014年02月16日)
最新コメント
アイコン画像plum56
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月06日)
アイコン画像おふう
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月05日)
アイコン画像plum56
» 「酔拳」(1978・香港) (2015年03月15日)
アイコン画像さすらい日乗
» 「鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)」(1939・日) (2015年03月09日)
yaplog!広告
書いている人
plum56
取扱ジャンル
映画/香港映画に偏りがち。李連杰は永遠のアイドル。
音楽/plane、ミドリカワ書房、末光篤。CDよりはライブ派。
舞台/劇場に行く回数は近年減少傾向。最近は映画館の映像上映のお世話になることが多い。
ポリシー
■このブログは好きなものを好きと伝えるために書いてます。2005年〜スタート。
中華系映画/公式HP
気になる日本公開決定の中華系映画・中華系俳優出演映画を紹介。クリックすると公式ページへジャンプします。
◆十年
2017/7/22公開
http://yaplog.jp/plum56/index1_0.rdf