「麒麟の翼〜劇場版・新参者」(2012・日)

January 28 [Sat], 2012, 23:38

本日公開の阿部寛主演映画
「麒麟の翼〜劇場版・新参者」を観てきました。

原作は東野圭吾の同名小説ですがこちらは未読。
ただ、同じ主人公「加賀恭一郎」が登場する
ドラマ「「新参者」は一通り観ていまして、
その流れで観に行ったようなもんです。

ドラマは名作と言ってもいい出来だったんですが
映画は……はてさて。

ストーリーは以下の通り。

「東京、日本橋。
 翼を持つ麒麟像の下で青柳武明(中井貴一)は息絶えた。
 彼の腹部にはナイフが突き立てられていた。
 同じ日、八島冬樹(三浦貴大)は警官から逃げようとして
 事故に遭い、意識不明の重体となった。
 八島は青柳の鞄と財布を持っていた。

 警察では、八島が青柳を刺したと想定して捜査が進む。
 日本橋署の加賀(阿部寛)は
 警視庁・捜査一課の松宮(溝端淳平)と
 コンビで捜査をすることに。

 が、些細な謎は残る。

 被害者、青柳は刺された現場から10分近く歩き続けたという。
 その間、彼は誰かに助けを求めようとはしなかった。
 青柳が歩き続けた目的は何だったのか。

 八島は施設で育った後に
 恋人の香織(新垣結衣)と東京に出てきたが、
 派遣社員の契約を切られた後は就職活動を続けていたという。
 八島と青柳を結ぶ線は?
 そして、ナイフは本当に八島のものなのか?

 独自の着眼点で捜査を進めていく加賀。
 やがて、それは思いも寄らぬ真相へと彼を導くのであった……」


ん〜〜。
正直、これは連続ドラマにした方が良かったんじゃないかと。

前半の展開は正直退屈でした。
CMの時間はまだか?って思っちゃいましたもん。

思うに、場面ごとのつなぎ方があまり気持ち良くないのです。
登場人物がわさわさ出てきて
捜査の場所も色々出てくるんですが
全員が全員重要人物という訳じゃないからな〜。

そして後半に入ると、
問題の焦点が絞られてきて
ストーリーは面白くなってきたけれど
今度は細かい点が気になってきて消化不良。

映画はどうしても時間が限られている訳ですから、
描ききれないエピソードはばっさり切ってもいいんじゃないかな。

ちなみに、一番カットしていいんじゃないかと思ったのは
主人公・加賀と亡き父との確執、
それに付随して登場する田中麗奈。

ドラマでも加賀が父とあまり仲良くなかったが
いとこの松宮は加賀の父を慕っていたという話は出てきたので
加賀というキャラクターにとっては重要設定なんだろうとは
推察できるのですが。

ただ、映画本編の謎解きには関係ないんだよな……。
あの辺りを全部カットしとけば
もっとスッキリした映画になったと思う。

時としてご都合主義展開に見えるところが多いのも
気になるところ。

例えばやたら商店街の品揃えに詳しい加賀とか。
加賀の日常は映画内では描かれていませんので
映画単体だとなんか不自然に感じます。

それから、あまりに良すぎるタイミングで
情報提供をしてくる黒木メイサとか。
ドラマファンへのサービスで登場するだけかと思ったら、
黒木メイサと中井貴一が顔見知りだっという話になり
うそーん、てな展開に。

時として察しが良すぎる登場人物たちも
気になりました。

中井貴一が一番そうなんだけどね。
あれだけ察しが良いくせして
肝心なところは鈍感なために被害者に……。

ラスト近くの安産祈願の絵馬もなんだかなあ。
ヤツにはいつ妊娠が判ったのかと。
そういう描写無かったよね?

ラストで少年二人が向かった先については
もうちょっと説明が欲しかったなあと思うし
(二通りの想像は出来るけれどね)
会社の労働基準法違反はその後どうなったんだと
消化不良な気分になるし
結局派遣友達の証言って
被害者家族をひどい目に遭わせただけじゃんとか
あの娘の自殺未遂については
その後なんのフォローもなしですかい、とか
向井理はあれだけの露出でクレジットに名前出すなよとか
まあ色々と。気になる点が。

ミステリ映画は映画内だけで美しく完結して欲しい私としては
あまり褒められないなあ、この映画は。

まあ、ドラマから派生した映画だから
こんなもんなんですかね〜。
  • URL:http://yaplog.jp/plum56/archive/1239
Trackback
Trackback URL
東野圭吾さんの小説、加賀恭一郎シリーズをドラマ化した「新参者」の劇場版です。 例
はらやんの映画徒然草  April 28 [Sun], 2013, 15:40



 今、阿部寛と言えば、テルマエ・ロマエが後悔になったばかりですが、1月に見た麒麟の翼〜劇場版・新参者〜の記事をようやくアップします。。
よしなしごと  May 13 [Sun], 2012, 3:30
12-15.麒麟の翼■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:129分■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督土井弘泰◆阿部寛(加賀恭一郎)◆中井貴一(青柳武明)◆溝端淳平(松宮脩平)◆田中麗奈(金森登紀子)◆新垣結衣(中原香織)◆三浦貴大(八...
kintyre's Diary 新館  April 30 [Mon], 2012, 21:59
麒麟の翼?劇場版・新参者?
'12:日本


◆監督:土井裕泰「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」
◆出演: 阿部寛、新垣結衣、黒木メイサ、溝端淳平、田中麗奈

◆STORY◆日本橋にある翼を持った麒麟像の下で、青柳武明という男性が息絶えた。彼はナイフで刺された状態...
東野圭吾の人気ミステリー「刑事・加賀恭一郎」シリーズ。
2010年4月から「新参者」というタイトルで阿部寛主演でドラマ化されていたこのシリーズの最高傑作「麒麟の翼」が、ドラマのキャストそのままに映画化されました。

この映画『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』の公開前に
映画「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」観に行ってきました。東野圭吾原作のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」の「新参者」を基に、阿部寛主演で放送されたテレビドラマの劇場版...
タナウツネット雑記ブログ  February 18 [Sat], 2012, 10:42
映画が元気のミナモト!
てるおとたくおの
ぶっちゃけシネトーク
●今日のてるたくのちょい気になることシネ言
「今時、ドラマの総集編を劇場でかけるかね?」←『テン○スト3D』(笑)




シネトーク100 おかげさまで100本目!
『麒麟の翼 〜劇場版
ブルーレイ&シネマ一直線  February 16 [Thu], 2012, 0:48
[麒麟の翼] ブログ村キーワード
 東野圭吾 原作、人気小説シリーズの映画化。「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」(東宝)。阿部寛演じる“刑事・加賀恭一郎”の活躍を描いた本作。なかなかよく出来た、上質なミステリー大作に仕上がっています。


 東京・日本橋の麒麟像の下で、刺殺された男が発見される。所轄・日本橋署の刑事加賀恭一郎(阿部寛)は、警視庁捜査一課の刑事で従弟の松宮脩平(溝端淳平)等と捜査を開始。被害者、青柳武明(中井貴一)は、刺された現場から何故か誰にも助けも求めず、8分間も歩き続け、日本橋で絶命したことが判明。ほどなく青柳のバッグを持った八島冬樹(三浦貴大)という男が、車に...
シネマ親父の“日々是妄言”  February 12 [Sun], 2012, 15:41
(C)2012 映画「麒麟の翼」製作委員会『?麒麟の翼 』( 2012年?東宝 129分 )監督:土井裕泰 脚本:櫻井武晴 出演:阿部寛、新垣結衣、溝端淳平、松坂桃李、中井貴一????????? Official ▼ / Wikipedia ▼ /?kinejun.jp?▼???????????東野圭吾原作の映像作品全般に言えることですが、作品を褒めることは8割がた原作小説を褒めることと同義なので、あくまでも映画のレビューを書いてきた身としては、残りの2割の要素に言及しなければ映画の論評をしたことにならないと考えるのはあまりにも律儀でしょうか。これまでも多少は意識してきたことですが、今回はネタバレを回避する意味も兼ねて、ストーリーの核心的要素にできるだけ触れずにどこまで書けるか挑戦してみたいと思います。〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜東野作品の映像化にあっては、映画、テレビを通じてこれまでほとんど駄作というものを目にしたことがありません。私はその中でも『容疑者Xの献身』(2008年 東宝)と『さまよう刃』(2009年 東映)を特に高く評価しているのですが、本作はこの2作品に堂々と肩を並べる出来であったということをまずは前提と...
WEBLOG:e97h0017  February 12 [Sun], 2012, 15:40
 『麒麟の翼』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)原作が、勤務先に近い日本橋を舞台にしている東野圭吾氏(注1)の「新参者」シリーズの一つだと聞きこんだので見に行ってきました。
 確かに、冒頭とラストは、まさに日本橋のど真ん中にある翼のある麒麟像で、また人...
映画的・絵画的・音楽的  February 12 [Sun], 2012, 8:02
「麒麟の翼 劇場版・新参者」★★★☆
阿部寛、溝端淳平、中井貴一、松坂桃李、
田中麗奈、黒木メイサ、山崎努出演

土井裕泰 監督、
129分、 2012年1月28日公開
2011,日本,東宝
(原題:東野圭吾原作:麒麟の翼)





<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←


公開初登場2位で興収15億円以上は確実という
上々の滑り出し、劇場は結構混んでました。


「TVドラマ化された原作ものの映画化って
たいていは、これならドラマで充分だ!という
そんな出来が多い、
今回はどうだったかというと
映画的な大きな仕掛けは無いが
129分ダレることなく展開を見守った、 ...
soramove  February 05 [Sun], 2012, 21:03


□作品オフィシャルサイト 「麒麟の翼?劇場版・新参者?」□監督 土井裕泰 □原作 東野圭吾 □脚本 櫻井武晴 □キャスト 阿部 寛、新垣結衣、黒木メイサ、溝端淳平、田中麗奈、松坂桃李、       菅田将暉、劇団ひとり、竹富聖花、山崎賢人、三浦貴大、山崎 努...
京の昼寝?♪  February 04 [Sat], 2012, 9:04
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Google

Web全体
このブログ内
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
アイコン画像きっと、うまくいく (2016年11月22日)
アイコン画像博士と怪物の物語 (2015年09月28日)
アイコン画像映画『大脱出』を観て (2014年02月26日)
アイコン画像『大脱出』 (2014年02月16日)
最新コメント
アイコン画像plum56
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月06日)
アイコン画像おふう
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月05日)
アイコン画像plum56
» 「酔拳」(1978・香港) (2015年03月15日)
アイコン画像さすらい日乗
» 「鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)」(1939・日) (2015年03月09日)
yaplog!広告
書いている人
plum56
取扱ジャンル
映画/香港映画に偏りがち。李連杰は永遠のアイドル。
音楽/plane、ミドリカワ書房、末光篤。CDよりはライブ派。
舞台/劇場に行く回数は近年減少傾向。最近は映画館の映像上映のお世話になることが多い。
ポリシー
■このブログは好きなものを好きと伝えるために書いてます。2005年〜スタート。
中華系映画/公式HP
気になる日本公開決定の中華系映画・中華系俳優出演映画を紹介。クリックすると公式ページへジャンプします。
◆湾生回家
2016/11/12公開
◆人魚姫
2017/1/7公開
◆百日告別
2017/2/25公開
http://yaplog.jp/plum56/index1_0.rdf