【 更新情報 】

スポンサード リンク

カスタードプディングのレシピ

カスタードプディングとは、卵と牛乳とお砂糖で作ったお菓子です。
カスタードプディングはお家で簡単に手作りもしやすいですね。
基本のレシピの卵液は、プリン約8コ分で、
卵4コ、牛乳360cc、砂糖80g、バニラエッセンス少々です。
作り方は牛乳は砂糖が溶ける程度、温めた牛乳に砂糖を入れて溶かします。
そして溶いた卵を混ぜます。混ぜ合わせた卵液はザルでこして
バニラエッセンスを加えます。
お湯をはったパットに並べ予熱したオーブンにセットします。
うちのオーブンでの目安ですが、170℃で15分くらいですね。
お手持ちのオーブンとは若干、温度も時間も
変わってきますので注意して下さいね。
卵と牛乳と砂糖の卵液濃度を変えると味と質感が変わってきます。
人それぞれ、やわらかめがいいとか、硬めがいいとか、好みがあると思います。
苦いカラメルが苦手な方がいらっしゃるなら、
メープルシロップをかけて食べるのもお勧めです。
うちでは、メープルシロップをかけて食べるカスタードプディングが定番です。
カラメルソース作りの手間がはぶけるので、簡単に作るにはいいと思いますよ。

パステルプリンの魅力

カスタードプティングが大好きだという事を知ってる友達が
先日パステルプリンをお土産で持ってきてくれました。
これが噂のパステルのプリン!?って感じでドキドキしながら食べました。
パステルのプリンは、とってもなめらかでしっとりとしていて
コクがあって絶妙な味でした。
やっぱり、自分の手作りとは違うと思い感心してしまいました。
子供は、もう1コ食べたいと言い出しました。
そんなパステルプリンですが、TV番組のナイナイサイズの
ナイナイの岡村さんがプリン好きという事で
岡村杯プリン選手権に登場したプリンでも有名ですよね。
残念ながら近所で手軽に買えることが出来ないので
通販で注文して食べたいと思っています。
このパステルプリンは良質な生クリームと卵黄で
作られているので、なめらかなんですね。
パステルプリンは種類も豊富にあります。
私は抹茶プリンがお気に入りですが、
チーズにイチゴにパンプキン・・・一通り食べてみたいですね。
素材に拘って作られてる感じが伝わってくるパステルプリンです。
食べ終わった後で残った容器では
私の手作りプリンを作るのに使っています。

かぼちゃプリンのレシピ

ちょっと手間をかけるとかぼちゃプリンも簡単に出来てしまいます。
かぼちゃプリンのレシピですが、
簡単に説明するとカスタードプディングの基本の卵液に
かぼちゃと生クリームを加えてかぼちゃプリンを作ります。
卵液の分量はプリン約8コ分で卵3コ、牛乳230ml、砂糖80gです。
かぼちゃの裏ごし180g、生クリームは80ccです。
かぼちゃプリンにはカラメルソースが合いますね。
カラメルソースの作り方は砂糖40g 、水少々入れて
火にかけます。色が茶色になったら熱湯40cc程、加えて
混ぜます。そのカラメルソースをプリンの型に入れておきます。
かぼちゃをレンジでチンするとかぼちゃの皮がむき易くなります。
かぼちゃの皮と種を取ってやわらかく茹でて裏ごしします。
その裏ごししたかぼちゃを卵液に加えて、さらに生クリームも加えます。
パットに湯をはってプリンを並べて予熱したオーブンで
180℃、30分程焼きます。
お手持ちのオーブンによって温度と時間は変わります。
通常のカスタードプディングと比べるとかぼちゃプリンを作るには
手間が掛ってしまいますが、自分で手作りしてみると
また違った味が楽しめていいと思います。
子供もかぼちゃプリンが大好きです。

ライスプディングのレシピ

ライスプディングって聞いた事がありますか?
私は、甘いご飯って・・・どうなのかしらって
疑問に思ってしまいました。
ライスプティングとはイギリスの伝統的なお菓子のようです。
簡単なので、まずは半信半疑で作ってみました。
ライスプディングを簡単に説明すると
カスタードプティングにご飯が入っている感じです。
基本レシピの卵液、卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスに
生クリームを加えます。
ライスプディングのレシピは約プリン8コ分で
ご飯100g、卵2コ、牛乳250cc、砂糖60g、
生クリーム80cc、バニラエッセンス少々です。
ご飯はお米を洗って、いつも食べてるご飯より、やわらかめに煮ます。
煮たご飯に先程の卵液を加えて混ぜ合わせます。
混ぜ合わせた物を耐熱容器に入れて、予熱したオーブンで焼きます。
目安は200℃で10分程度ですが、お手持ちのオーブンで調整して下さい。
子供にはご飯が入ってる事を内緒にして食べさせました。
食べてみての感想は子供も私も美味しくてビックリでした。
ご飯もデザートになるんですね、驚きです。
お菓子作りは作るのも食べるのも楽しいですよね。

パンプディングのレシピ

パンプディングとは簡単に説明すると
カスタードプディングの卵液をパンに染み込ませ、
オーブンで焼いたお菓子です。フレンチトーストに似てますね。
パンプディングはオーブンで焼くので表面がカリッとして
中がしっとりしていて、とても美味しいです。
レシピは8枚切り食パン2枚、卵2コ、牛乳200cc、砂糖50g、
生クリーム50cc、バニラエッセンス少々です。
砂糖が溶ける程度の温かさの牛乳に砂糖を溶かし、
割りほぐした卵を加えてザルでこします。
こした卵液に生クリームとバニラエッセンスを加えます。
食パンをお好みの大きさにカットして卵液に浸します。
浸した食パンをバターを塗った容器に並べます。
余った卵液もかけてしまいましょう。
うちのオーブンでは200℃で20分ですね。
お手持ちのオーブンによって温度や時間は違ってきますので、
目安にしてみて下さい。
仕上げに粉砂糖でフワッと飾るとお洒落なデザートになります。
うちの子供も大好きで食パンを見るとパンプディングが食べたいと言います。
私はまだ、やった事がないのですが、
炊飯器でもパンプディングが作れるみたいですね。
今度試してみようと思います。