【 更新情報 】

スポンサード リンク

速度調査の測定サイトについて

速度調査についてですが、
ADSL速度調査やUSEN速度調査などあります。
その他、検索してみると回線速度を調べるための
速度測定サイトが沢山あります。
1つのサイトで調べるより、多くのサイトで調べた方が、
より高い速度調査の結果が得られると思います。
お手持ちのパソコンからNTTの基地局までのダウンロード速度を
速度調査をすることにより、速度低下の原因を見つけ、解決して
快適なインターネットを利用できるものとなります。
USENの速度調査では、回線速度を計測することによって
具体的に結果が出るので、回線速度低下の原因がどこにあるのか
判断がしやすいと思います。
海外サイトをよくご利用される方は、海外のADSL速度調査サイトもあるようです。
その他、ADSL高速化ソフトを使った方法もあります。
ADSL高速化ソフトではADSLの正確な速さがわかるのでお勧めです。
このadsl高速化ソフトは無料となっています。
いつも利用されているパソコンでページ展開などが遅く感じたりした場合、
速度調査をしてみるといいかもしれませんね。

速度計測と速度計測サイト

インターネットの速度計測は、
例えばYahoo!の場合、Yahoo!速度計測で検索すると
速度計測サイトで計測が出来ます。
ADSLの場合、NTTの基地局から離れるほど速度は低下してしまいます。
ADSLを設置しているパソコンの周辺環境の影響によって、
速度がでない場合もあります。
速度計測してみて数値が高ければ速いという事になります。
申し込みの際に気をつけなければいけない事があります。
申し込む前に、必ず距離検索を行い、パソコン設置場所と
NTTの基地局との間のだいたいの距離をご確認ください。
その距離によって契約も変わってきますね。
あくまで目安なのですが、お持ちのADSLのモデムから
NTT基地局内のADSL装置間が4kmだとすると
8Mでは十分に速度が出ない場合があります。
その場合12Mでの使用をお勧めします。
私の場合、速度計測したら、下り2272kbps,上り371kbpsでした。
光回線の勧誘のTELが来た時に調べてもらったのですが、
残念ながら住んでる所が、まだ光回線のサービスエリアに
入っていませんでした。
光回線の料金設定も各社によって色々あるようなので、
今後、検討してみたいと考えています。

回線速度の向上について

インターネット利用でサイト表示する時に時間がかかる時ってありますよね。
そんな回線速度の低下についてですが、
回線速度の向上や安定について考えてみたいと思います。
ADSLの場合、パソコン周辺の環境でリンク速度が低下する場合があります。
ガス検知やホームテレホン、ホームセキュリティなどがあると
回線速度が不安定になったりします。
なので、モデムから電化製品の距離を離すことで速度が向上する場合があります。
そして、単純に契約速度を上げるという手段もあります。
たとえば、現在12Mをお使いなら、24Mの契約に変更するなど、
上の回線速度に変えるという手段で少しは速度が上がると思われます。
その他、速度向上の裏技としてRWin設定で回線速度を向上させる手段もあります。
RWinとは、サーバから一度にまとめて送ってもらいたいデータ量のことです。
RWinが大きい程、一度に沢山のデータを受け取ることが出来るので、
転送効率が良くなって速度が速くなるという仕組みになってます。
私が以前そうだったのですが、スパイウェアは大分、帯域を消費するらしいので、
回線速度が低下していた可能性があります。まめにスパイウェアの
駆除をした方が回線速度の面から見て有効なように思います。

インターネットの接続速度の測定

インターネットの接続速度の測定についてですが、
もし、現在使用されているパソコンの接続速度が
気になるようでしたら「接続速度測定」で検索して
接続速度測定サイトでインターネットの上り(アップロード)、
下り(ダウンロード)回線の速度測定をしてみて下さいね。
接続速度測定サイトの混雑状況などによっても結果は変わります。
接続速度測定サイトの測定方法により結果が様々なので
あくまでも目安として考えると良いと思われます。
ちなみに私はADSL12M契約で2.4Mでした。
他の人との体感速度も違うのでハッキリしたことは言えませんが、
自分にあった速度が一番ストレスがなくていいと思うので
私は現状で充分な気がしています。
インターネット回線接続速度を測定するにあたって、
プロバイダーを通さない実行速度で測定します。
次にプロバイダーを通した状態で接続速度測定サイトで速度を測定します。
もし、プロバイダーを通さない実行速度が遅かった場合、
回線業者に問題がないか問い合わせてみる。
回線業者に問題が無いとすれば、パソコンの周辺環境に問題があると考えられますね。

インターネットの接続速度が遅い場合について

インターネットの接続速度が遅い場合の原因についてですが、
接続速度が低下してしまう原因は様々あるようです。
サーバーにアクセスが集中するとサーバーが混雑して
処理能力が低下してしまい、転送スピードが遅くなり
接続速度も遅くなってしまいます。
インターネット接続のADSLは電話回線を利用して
デジタル信号を流しているので、電話局との距離が長いほど
デジタル信号は減少していきます。
なので接続速度が低下したり電話線に混入する
ノイズの量も大きくなってしまうようです。
その他、お使いになってるパソコンにインストールされている
ソフトウェアや、ブラウザやOSのネットワークの設定が
ADSLに適してないことから接続速度が低下してしまう場合があります。
インターネットの接続速度を改善したい場合ですが、
電話回線ではスプリッタを正しい位置に接続したり、
電話線の配線をなるべく短くしたり、ADSLモデムの周りの
ファックスや電話機のノイズを遮断したりするといいかもしれません。
パソコンの設定を最適化することによって接続速度は改善されると思われます。