プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pltybqsknlmiuk
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
ハーマンミラージャパンがエコな「クロムフリーレザー」のシーティング販売 / 2010年06月25日(金)
 米国の家具メーカー、ハーマンミラー社(本社:米国ミシガン州、President&CEO:ブライアン・ウォーカー)の日本法人であるハーマンミラージャパン株式会社(住所:品川区東五反田5-25-19 東京デザインセンター5F、代表取締役社長:松崎勉)は、環境に配慮したクロムフリーレザーのシーティングを販売する。

【詳細画像または表】

 ハーマンミラー米国本社は、2008 年11 月よりクロムフリーレザーを導入してきた。それから遅れること2年半となったが、日本市場でもシーティング用張地に同レザーを使用。従来使用していたクロムレザーは、安全な3価クロムでなめしているが、焼却すると灰分中に一部6価クロムが発生する可能性があり、それにより、土壌や地下水の汚染につながる危険性があるとされている。

 ハーマンミラーのクロムフリーレザーは、クロムなど重金属を一切使用せず、植物より抽出したタンニンでなめす。したがって、レザーの焼却処分が可能になり、焼却灰の処分が容易になる。また環境への影響が少ないだけでなく、レザーが持つ柔らかさや耐久性はそのままの品質を保っている。

 日本での販売開始がこの時期になった理由は「もともと新商品の販売や仕様変更は、ハーマンミラーインターナショナルの方針もあり、通常日本では米国本社より数カ月から数年、時期を遅くして販売」されており、さらに「皮革は関税の関係もあり日本でアッセンブリ製造している商品の場合、日本で皮革を調達。こうした背景もあって」だという。

 米国本社ではクロムフリーレザーとクロムレザーを約1年くらい併売し、当初はクロムフリーレザーの価格はクロムレザーの価格より高く設定されていたが、環境への関心の高さを示すかのように、クロムフリーレザーを選ぶ購入者も多かった。家庭用家具ではまだまだクロムレザーが一般的ではあるものの、車のシートなど、クロムフリーの流れは着実にある。現在米国本社ではクロムフリーレザーのみを販売しているが販売数は好調だという。

(文/山田真弓=日経トレンディネット)

【6月23日2時48分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100623-00000003-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 02:30/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!