中国儒学流行日本

June 21 [Thu], 2012, 15:29
また、儒教的世界観では、中国の帝国が周辺の野蛮人の国よりも勢力も強く、倫理的にも優れるという中華思想が根本にあった。当時の日本では儒学が流行し、中国の物は何でも優れ日本の物は劣る、という中国かぶれの風潮があった。当時中国は漢民族の明朝が滅んで、万里の長城の北の野蛮人の満州族が皇帝の清朝となっていた。ただ、朝鮮の小中華思想は、中華から朝鮮への継承権の委譲とでも言えるものだが、素行の主張は攘夷や国粋といったスタンスである。また歴史を見ると、中国では王朝が何度も替わって家臣が君主を弑することが何回も行われている。中国は中華ではなく、日本こそが中朝(中華)であるというのが、この書の主張である。

また「阿弥陀信仰」とは、阿弥陀仏を対象とする信仰をいう。浄土教(じょうどきょう)とは、阿弥陀仏の極楽浄土に往生し成仏することを説く教え。「浄土門」、「浄土思想」とも。学問的に仏教思想を扱う場合に、浄土信仰を仏教とは別の宗教とみなして「浄土教」という語を使う場合もある。日本では浄土教の流行にともない、それぞれの宗旨?宗派の教義を超越、包括した民間信仰的思想もに含めることもある。また阿弥陀仏は多くの仏教宗派で信仰され、はひとつの経典に制限されない懐の広さを持つが、ともすれば偶像崇拝や、阿弥陀如来のみを尊び、他の仏を排する一神教的信仰思想に陥りやすい側面もある。

しかし中国?日本においては、浄土教の流行にともない、浄土といえば一般に阿弥陀仏の「西方極楽浄土」をさす。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:plog12035
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/plog12035/index1_0.rdf