即時型アレルギー反応

October 21 [Mon], 2013, 2:29

アトピーという病気は「特定されていない場所」という意味の「アトポス」というギリシャ語から派生して、「何かしらの遺伝的な因子を保有した人だけに発症する即時型アレルギー反応に基づいた病気」のこととして名前が付けられたのだ。

屋外でUVを浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けした場所を冷却する2.いつもより多めに化粧水をパッティングして潤いを保持する3.シミ予防のためにも捲れてきた皮をむいてはいけない

思春期は過ぎているのに発生する難治性の“大人ニキビ”の女性が徐々に増えている。もう10年以上もこういった大人ニキビに悩まされてきた女性が医院にやってきている。

化粧の良いところ:容姿が美しくなる。お化粧も嗜みのひとつ。実際の歳より年上に映る(24才以下限定の話です)。人に与える印象を思い通りに変えられる。

スカルプは顔の肌と一続きになっており、おでこまではスカルプと一緒のものだとみなすのはまだあまり知られていません。加齢に従いスカルプがたるむと、その下にあるフェイスラインの弛みの要因となってしまいます。



目の下に大きな弛みが生まれると、みんな実際の歳よりずっと年上に見られることでしょう。顔の弛みは色々ありますが、中でも下まぶたは特に目につく部分です。

日本皮膚科学会の判定指標は、@掻痒感、A特殊な発疹とその拡散エリア、B慢性で反復性もある経過、全て該当する病気をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と言う。

下半身は心臓から遠いため、重力が絡むことによってリンパ液の循環が悪化するのが一般的だろう。というよりも、下半身がむくむのはリンパ液が少しだけ滞留している最中だというサインの一種程度に受け取ったほうがよいだろう。

整形外科とは違い美容外科が欠損などのない健康体に外科的な施術を付加する美意識重視の行為であるとはいえ、危機管理や安全性の確立がなっていなかったことが一つの大きな素因と言えよう。

美容雑誌でまるでリンパ液の滞留の代表格のように書かれている「むくみ」には大きく2つに分けると、身体に病気が隠れているむくみと、なにも病気を持っていない人でも起こる浮腫があるそうだ。



どうにかできないものかとの一心で自己流のマッサージをする女性がいますが、特に目の下の表皮は敏感で弱いので、ただただ擦るように力任せにおこなう粗っぽいマッサージは止めておきましょう。

デトックスという言葉そのものは聞き慣れてしまった感があるが、これはあくまでに過ぎず、違うことを理解している人は意外なまでに多くないようだ。

日本の医学界がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を大切に捉える流れにあり、製造業を始めとする日本経済の発達と医療市場の急速な拡充により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)はここ数年一気に注目されはじめた医療分野だということは間違いない。

現代社会に暮らす我らには、体の中には人体に悪影響を与える化学物質が増え、さらには自身の体内でもフリーラジカルが生産されていると喧伝されているようだ。

頬や顔の弛みは年老いて見える要因になります。皮膚の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の緩みがたるみをもたらしますが、それに加えて日常生活の何気ない仕草も誘因になります。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カズーおおか
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/plmvo7dv/index1_0.rdf