猫の学び。

October 02 [Sun], 2011, 10:28
うちの猫は、老猫である。人間で言えば80歳ぐらい。もともと用心深く賢い猫で、ドアに頭をぶけることもなかった。しかし最近、耄碌が進んでいる。耳や目が悪くなっているらしい。ジャンプする力も落ちた。車に引かれそうな場所で、うろうろしてしまうことも多い。かての彼女ならあり得なかった。悲しい。我が家はこの夏、玄関脇に風除室を作った。断熱効果と防犯効果を期待したのである。風除室に猫専用出入口を付けてもらった。猫ハウスが風除室の中になってしまうからだ。暑かったので風除室の扉は長く開け放していたが、いよいよ扉を閉めるようになった。猫は果たして専用出入口から出入り可能だろうか月曜日専用出入口を恐れて、猫はフリーズ。なんとか餌で釣って、猫専用出入口から中に押し込めた。現金なもので、餌を食べて平気な顔をしていた。グースカ。火曜日朝起きたら、風除室の外にいた。出ることはできたらしい。野外トイレに行けたということだから安心。また餌で釣って、猫専用出入口から中へ押し込める。自力で中に入ることができないみたいだ。帰宅した時は、外に出ていた。水曜日朝は火曜日に同じ。夜、外気温が下がった折、自分から猫専用出入口を使って風除室に入っていた。入ることも出来るようになったM男と出会えるコミュニティなんとか3日で、猫専用出入口からの出入が可能になった。思ったより早く学習できた。老猫も学ぶのであった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:plmev60h0g
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/plmev60h0g/index1_0.rdf