「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」の効果とCOMPLEX MAJESTIC BABY RAMBLING MAN

September 05 [Thu], 2013, 8:38
こんにちは^^


今日も「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」レビュー特集中です(^^)
「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」は全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…
↓↓

「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」検証レビューはこちら
この教材は本物です!


ユニバーサルパートナーズ合資会社さんが世に放つ情報教材「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」を
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」検証レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


という事で今日のブレックファーストは新米を炊いたご飯と、焼き鮭と味噌汁

朝の定番メニューです。



10分で完食、9時46分にアパートを「でっぱつ」です



駐車場に入り易いローソンに普段通り入店して、冷たいコーヒーをポイントでゲット(^^ゞ



普段通りのルーチンですから(^^)。



会社に行くと、日々の日課のヤフーニュースをチェック

今日の話題は・・・

↓↓

[ロンドン 4日 ロイター] - 8月のPMIはユーロ圏と中国の回復基調が鮮明で、マークイットが4日発表したユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)改定値は総合が51.5と2011年8月以来の高水準だった。

また中国のサービス部門PMIは5カ月ぶり高水準だった

全般では弱さが残る地域もあり、インドのサービス部門PMIは金融危機後最低の水準だった。

イタリアのサービスPMIは予想を下回り、フランスでも低下傾向が続いた。

キャピタル・エコノミクスのシニア・グローバルエコノミスト、アンドリュー・ケニングハム氏は「先進国の改善は明確だ。主な新興国の中では、中国は例外だがその他はまだ苦戦している。特にインドは低迷が顕著だ」と述べた。

国際通貨基金(IMF)は4日、新興国市場は特に米国の緩和策縮小の影響を受けやすいと警告した。ロシアのサンクトペテルブルクで5─6日に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議向け向けに報告書を発表した。

米景気回復が進んでいることを受け、市場は米連邦準備理事会(FRB)が今月にも債券買い入れ縮小を開始すると予想している。

5日発表の8月米ISM非製造業景気指数は、7月の56.0から55.0に低下する見通し。3日発表された製造業景気指数は予想外の高水準だった。

欧州ではドイツとフランスの違いが明確で、ドイツ総合PMIは53.5と7カ月ぶり高水準だったのに対し、フランスは48.8と前月の49.1から低下した。

HSBCが発表した8月の中国サービス部門PMI(季節調整済み)は52.8で、7月の51.3から上昇し、3月以来の高水準となった。HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌(ホンビン・ク)氏は、今後もこの勢いは維持されると予想している。

一方インドのサービス部門PMIは47.6で、約2年ぶりに景況の分かれ目の50を割り込んだ7月の47.9からさらに低下した。2日発表された製造業PMIは48.5で、2009年3月以来初めて50を下回っている。

インドでは政府と中銀が通貨安に頭を悩ませている。通貨ルピーは最安値更新が続いており、近いうちに上昇する兆候はみられない。

HSBCのインド担当チーフエコノミスト、レイフ・エスケセン氏は「マクロ経済の不透明感が今後も影響する見込みだ。金融引き締めも成長を圧迫するだろう」と述べた。
(この記事はロイターから引用させて頂きました)



やっぱりなあ

まったくもって関心無し



まあそれは置いといてえっと、予約表を見てみると

M君によるとPPCアフィリエイトに9時間と、ヤフオクで出品作業に5時間。



簡単だから問題無いだろう



本日も稼ぎます(^^)



稼ぐのであれば、これかも

↓↓





あちゃちゃ関係ない?^^;

確かに・・・^^;



ではでは。晩飯は何しよ?

海老フライかフカヒレスープが久ぶりに食べたいなあ。



これも良いか?

↓↓





たぶんNEXT記事はこの後数時間後になると思います。

ではまた次回!

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pleggu2m/index1_0.rdf