レーザー治療(PLDD)でのトラブル

March 26 [Fri], 2010, 10:47



椎間板ヘルニアをレーザー治療(PLDD)をしてトラブルになる
ケースも少なからずあります。。

どういったトラブルがあるのかといいますと、

■複数回の施術が必要になった際の追加料金が発生した時

レーザー治療が必要な箇所は、1箇所ですが複数箇所の照射を
する必要がある場合があります。

この場合、追加料金がかかるのが一般的ですが、
その料金についてちゃんと確認しておかないとこういった
トラブルになることもあるということです。

■椎間板ヘルニアへの症状への効果が得られなかった時

このレーザー治療は、100%効果がある治療法ではありませんが、
保険適用外といことで費用も高額なので、効果がなかった場合に
トラブルになることがあるようです。

ただ返金などには応じてもらえることはありませんので、
こういったリスクについても考慮した上で検討するようにしましょう。

レーザー治療に適応しているのかちゃんと判断してもらえる
ように専門医のいる病院で診察してもらうようにするのも
トラブルを避けるひとつといえるでしょう。

1000人以上の患者を救った治療法を知りたい方はコチラ>>

レーザー治療の良い点と悪い点

March 26 [Fri], 2010, 10:38
軽度の椎間板ヘルニアに有効なレーザー治療ですが、
良い点と悪い点があります。

レーザー治療を行う場合の良い点は、

細いレーザーファイバーを背中から通すだけなので、
出血が少なく、傷跡が目立ちにくいという点です。

次に、手術時間が10分から15分程度で体への負担が
少なく、入院せずに日帰りも可能だということです。

ただし悪い点もあって、

必ずしもレーザー治療をしたからといって効果がでるとは
限らなかったり、複数回の施術が必要になる場合がある点と

もうひとつ大きなネックとなるのが、保健適用外なので、
治療費が高いということです。

椎間板ヘルニアのレーザー治療による症例数や効果が
認められてくればいずれは保険適用になるかもしれませんが、

現段階では保険は適用されません。

整形外科や整体院などに通わず、手術や投薬なども一切せずに自宅で腰痛を治せる方法を知りたい方はコチラ>>

椎間板ヘルニアの治療で行われているレーザー治療

March 25 [Thu], 2010, 17:01
椎間板ヘルニアをPLDDというレーザー治療を行う方が
増加しています。

このPLDDというレーザー治療は、初期症状の椎間板ヘルニア
に効果が期待できる治療方法です。

従来の手術方法のように、ヘルニアそのものを削ったりするのではなく、
細いレーザーファイバーを通りして、椎間板の中央にある髄核に
照射して蒸散させることで空洞をつくり、椎間板が押し戻させる
ことで神経根の圧迫が解消させるという手術です。

このレーザー治療には、様々なメリットもありますが、
100%の確率で椎間板ヘルニアが改善されるわけではなく、
効果がない場合もありますので、その点の覚悟はしておかないといけません。

1000人以上の患者を救った治療法を知りたい方はコチラ>>
P R
  • 無料SEO対策
dummy dummy dummy