拝啓、 

April 26 [Sun], 2009, 23:06

一人の夜はいつまでたっても苦手だ。
意味もないやり切れなさを覚えて
間接照明の明かりに君を思う。

でも、誰ともいたいと思わないのも本心。
君はもう他の女の穴にでも夢中になってるんだろうか

それも知りたいというのも本心
でも私は孤独が似合うとナルシズムに浸りたいのも本心


でも夜は誰かといたいという一番強い本心
セックス? そんなのはどうでもいい
体温に触れたい
匂いを確かめたい

孤独は誰とも分かち合えるモノじゃない
だから孤独を誰かといることで払拭しようとするのは無意味なこと

それも十分知っているのに

望んでるのは唯の平凡
こんな成長しない心を砕いて
矛盾だらけの言動を破いて

不幸自慢の掛け合い
そんなんもいらない


どこにも属さない?
何にも留まらない?

何にもなれないその過酷さも
覚悟したはずでこんなにももがいている





破られる夜 

April 26 [Sun], 2009, 3:26

自身を過大評価しないといれないのは
ぬぐえない不安を遠まわしに口にしてるだけ

「墓穴を掘る」という言葉が存在しないと見せかけて
夜に安楽して朝を嫌う

虚ろな目があたしを捕らえる
間違いは許さないあの嫌いな目

選択して発した言葉は鋭さをちらつかせても
結局は諸刃、二人しか存在しないのに背水の陣のような気分

突けば空、かわす、逃げる
憎めば負う、掴む、それも空

自由なはずなのに捕らえられたまま
そしてまた、矛先はこの首を捉える

DAY 

June 22 [Sun], 2008, 14:00


我が儘を嘘で彩っては

騙されてるフリしてくれる人を

ずっと探しては捨てている


雨は病まぬ 

June 20 [Fri], 2008, 12:31


わたしのいる離れは雨の音がよく響く。

こうやって、何の予定もなく過ごす日が増えて
妙に寂しく覚える

早く次の仕事見つけないと

働かないと

贅沢はしたいし

友達と遊んだりしたいし


充実した生活を送るって、苦しみから逃げちゃ手にはいらないモノだね

激しさを増す雨音が
よけい、心細くさせるよ



久々更新 

May 25 [Sun], 2008, 18:35
久しぶりの更新。
たった11回、更新しただけで放置する。
三日坊主極まりない。


昨日、垂水のアウトレットで時計買った



今日それをバイトにしていったら、「あたしがあげた時計してくれてへんやん」っておばちゃんに言われた。

前に深夜の番組でブラマヨの黒い方が言ってた言葉。

「自分の握ったおにぎりは誰にでも食べさせられる。
けど、自分が食べるのは誰が握ったモノか人を選ぶ」

人から時々アクセサリーもらうけど、満面の笑みで受け取っておいて、一度もつけずにいるのが何個もある。
罪悪感は感じる。
でも身につけることに嫌悪感を感じる。

善くないとは解ってる。
でも、これも私だ。

私という人間を理解しているつもりで信頼してるって言葉を容易く言う。
それが便利な時もあるが、過剰期待・なかなか面倒臭い。

普段、偽善者ぶってる訳でもないよ☆+°

言葉の愚かさ 

November 24 [Sat], 2007, 1:06

自分の放つ不協和音が人の闇を覚醒させてしまっている。
なるべく「健全」であるように努めていても振り向けば眼の下にクマ、腕に傷跡、常備しているトランキライザー。

「類は友を呼ぶ」 誰が言った名言??


自分は常に自分の言葉ひとつひとつに責任を持って放っているけど、それをどこか相手にまで求めてしまいます。

自分の築き上げたスタンスを相手に供用させるつもりなんてないのに、結局ため息を吐く原因は対話する相手の言葉の無責任さ。
緩やかに生きていきたいはずが、自分の中に張り巡らされた刺刺しさが邪魔します。
嗚呼こうゆうのを「葛藤」っていうんでしょうね。


ただ願うのは心の平穏なのに。

世界平和に必要なのは、CHARAの歌声 

November 21 [Wed], 2007, 21:20
CHARAの新曲「ボクのことを知って」聞きました。
もうCHARAの歌声に涙流れそうですよ><。 


*********

人に長所と短所があるのは
きっと「怒られる」ことと「褒められる」ことを忘れないようにだと

今日ふとそんなコト思ったO

他人をすぐ責める人は嫌いです。
すぐにごめんなさいって言う人も嫌いです。

真夜中の電話にも対処する。
愚痴話にも付き合う。

だから「ごめんなさい」じゃなくて
どうか「ありがとう」って言って欲しい

それであたしも「どう致しまして」って言って
もう一回、布団に滲み出した体温に安心して眠れる。


ことばに過剰に反応しすぎてはツライね。
でもこの感性を自負しているなら文句は言えないね。


きっと明日も寒いだろうな。
明後日は牡蠣食べに日生に行きます、お楽しみに〜♪

孤独と向かい合う夜 

October 29 [Mon], 2007, 19:44
孤独は一人である時に生まれるんじゃない、大勢の人の間に生まれる。

今日も少し冷たい夜。誰かの自己中心的な言葉に鼓動が乱れる。
それでもあたしがこんな健やかな気持ちで前を見据えていられるのは何故でしょう?

あれほど、独りだと泣いていたのに
今は人をこんなにそばに感じれるのです。

心が温かいのです。心が穏やかなのです。

生きたいと思うのです。太陽の光を浴びたいと思うのです。

明日も晴れろ☆+° 朝焼けに凍てついた夜の残像を溶かすよ


憂い 

October 27 [Sat], 2007, 21:46



積み上げられた 関係を壊すのはいとも簡単で

その度にわたしは 少し 何か冷めてしまいます

離れていく人を 立ち尽くしながら見送り

それにより自分が何を手に入れたのか 考える

きっと善くはないものなのでしょう


何を知っても もう驚きもしないでしょう
わかっているのです 気づかないフリしてるだけで

きっと君も同類 つまらない人間

真実なんて語るものじゃない 

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トモエ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年12月5日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE