お楽しみ会 

2012年12月04日(火) 13時59分
12月1日(土)にお楽しみ会がありました。ご父兄の皆さまのご協力により、無事に一大イベントを終えることができ、ほっとしているところです。
 観覧をする際、うちの園では、自分のお子さんの出番の時には前の席に座ることができるようにと配慮しあうことにしています。「自分の子の時には前で見れるから」とお子さんの出番が終わると、スムーズに場所の移動を行って、次の出番のご家庭の方々が前に移動してくるということになっています。ほとんど(98%)の方々はこのシステム通りに動いて下さり本当にありがたかったです。ですが、ほんの少しの方が自分のお子さんが終わってもずっと前の席に居続けていたとのことで、苦情がありました。来年は名指しで言わなくてはいけないのでしょうね。 
 また、車を道の両脇に停めているので、迷惑だとご近所の方からお電話も頂きました。運動会のように長時間でもないですし、冬ということもあり車での登園は仕方ないのでは?という思いもありました。しかし、来年からは運動会同様に駐車場の確保や徒歩での登園など、ご父兄の皆さんのご協力をお願いしなければならなくなると思います。
 皆さまのご理解とご協力、どうぞよろしくお願いいたします。

保育園としては、ほとんどの皆さんがスムーズに移動に応じて下さり、本当にありがたいと思っています。まずは、このようなご意見があったことをお知らせいたします。

迷惑駐車 

2010年12月22日(水) 13時40分
 保育園の玄関前には毎日、朝夕と送迎のために自家用車が停まっています。時間は多少ずれたとしても、100家庭の方々が利用しているわけですから、混雑時には保護者同士のもめ事に発展することもあります。保育園としては、そのようなことがないように、ふだんから、保護者の方々に注意していただきたいと思っています。
 園の前の道が公園とT字路になっているのですが、その角のところに「斜めに駐車している車がある」と、保育園に苦情が来ました。その場で確認したわけではないので、どなたなのかはわかりませんが、どうぞお車で送迎している皆さん、自分のこととして心に留めておいていただきたいと思います。ご自分のとっている行動が他の方々の迷惑になっているということに気付いていただきたいです。注意されて直すのではなく、一人ひとりがお気遣いいただきたいと思います。
 これから冬道になり道幅も狭くなり、ますます車の苦情が寄せられるのではないかと心配しています。どうか、お一人お一人が、他の方々の迷惑にならないようにと考えて行動して下さることを、お願いいたします。
 皆さんが、気持ち良く送迎できる園でありたいと思っています。ご理解とご協力、よろしくお願いいたします。

えこひいき 

2010年09月03日(金) 10時28分
「ある保育士がえこ贔屓している」という内容のメールといただきました。
そのお返事を書かせていただきます。

ご意見をいただき、ありがとうございました。

 ご指摘の通り、確かに頻繁に抱っこしている様子は目にしていました。
不愉快な気持ちにさせてしまい、本当に申し訳なく思っております。

ぐずる、チョロチョロする、大きなクラスの担任なら抱っこしてても
仕事ができる、つぼみさんにとっても、一人抱っこしていてもらうと
他の子に手をかけられるなどの理由から、このようなご意見をいただく
ことになったのだと思っています。

 でも、それは保育士側の一方的な言い分で、お母さん方にしてみたら、
えこ贔屓だと取られても仕方のない行動であると思います。ご指摘のあった
お子さんだけでなく、他の子どもにとってもお気に入りの保育士がいて、
担任以外にもべったりとくっついている様子も目にすることがあります。
 
 また、ご家庭で十分な愛情を得られていないケースのお子さんが、保育士に
愛情を求めてきて、駄々をこねたり、わざと手のかかる行動をとって、
手をかけさせるということもあります。保育園では一人ひとりにあった配慮を
心がけていますので、当然の結果として、凸凹は生じてくると思いますが、
明らかに常に抱っこされているというのは、そういうことを引き算しても
やはり行きすぎだと思います。

 該当の保育士には「このようにお母さんの目に映っているんですよ」と
しっかりと注意をいたしました。今後は、このようなことはなくなるとは
思っておりますが、また、何かお気づきになりましたら、どうぞお知らせ
下さい。

 えこ贔屓は保育園では絶対にあってはならないことだと思っています。
ご意見をいただき、保育士に強く注意するきっかけができましたし、
常に気を引き締めて保育していかなければならないのだと改めて考える
切っ掛けになりました。

ありがとうございました。

これからも気になることやご意見など、何でもお気軽にお伝えいただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

運動会 

2010年07月20日(火) 10時27分
 6月27日(日)、第39回運動会が無事終了しました。
 父母の会の役員はじめ、皆さんのお陰で、怪我もなく和やかに滞りなく終えることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
 先日、父母の会の反省会がありました。雑然と進行していて、アナウンスと進行の総括を別の人にした方が良いのでは?とか、集合場所と用具置き場が同じ場所だとやりづらいとか、事前に用具の確認をするべきなど、初歩的な問題が浮き彫りになっていました。来年は、進行をスムーズにさせるための工夫をしっかりとしていこうと思いました。
 また、最近ずっと考えていた運動会の日程を日曜日から土曜日にするという案ですが、役員の方々にお聞きしたところ、「どちらでも園長が決めてくれれば良いと思う。土曜でも日曜でも、父兄は一人一人意見が違うだろうし、話しあってどちらかにすることは難かしいと思う。であったら、うちの保育園はこうです!と園長が断言したらそれでいいと思う」という意見が出ました。それよりも大事なことは「一度決めた日程をかえないこと」だとのことです。雨だったら順延とか言われても、お休みを取っているのはその日一日だけなので、順延されても困るとのことでした。
 なるほどな〜と納得するご意見ばかりで、ありがたく拝聴しました。
 「おじいちゃんおばあちゃんも土曜日なら仕事があって、無理だと思っていました。日曜日なので、うれしく思っています」とか「運動会めがけて地方からおじいちゃんたちがでてくるので、順延だと帰る予定になっているから、その日にしてほしい」というご意見も聞こえてきております。
 それと、運動会をお昼過ぎまで行うことについても悩んでおりましたが、あるご父兄の話では「一緒にお弁当を食べるということは、なかなかできないこと。年に一度、そんなことがあると親にとっても良い思い出になる」「子どもがすごく楽しみにしています」など、お弁当を作るのが面倒なのでは?と考えていたのですが、そういうマイナス面よりプラス面の方がはるかに大きいと実感しました
 ここ数年、色々と考えてきましたが、これからも保育園は日曜日開催し、お昼もみんなで一緒にという運動会に致します。

また、何かご意見がございましたら、いつでもお伝えください。

コミュニケーションを大切に 

2010年04月21日(水) 11時27分
 新年度になり、新しいお友だちも増え、保育士も5名ほど入れ替わりました。小さい年齢のクラスを中心に、ウイルス性胃腸炎やロタが流行り、保育士もかかったりして落ち着かなかったところでしたが、やっと皆さん回復して元気に登園できるようになってきました。

 さて、今日、保護者の方から「登園時、お迎え時にもう少し保護者とお話しできないでしょうか?」という内容のお手紙を頂戴いたしました。園長としましては、全くおっしゃる通りだと思っておりますので、そうお伝えしたいのですが、匿名のためお返事できません。そこで、このページで私の所見をお話ししたいと思います。

 日頃から保育士には、「お迎えの時には、その日の出来事(こんなことができたと驚いたことや、うれしかったことなど)を、一言で良いから伝えて下さい」と言っております。それこそが、うちの園の最も素晴らしいところだとも考えていたくらいです。
 しかし、現場ではそのように行われていなかったということが、今回わかりましたので、「毎日、会話をしている方々ではなく、今まであまりお話ししたことがないという保護者の方々にも、しっかりと声をかけていくように、一人ひとりの保育士が心がけましょう」と話しました。

 保護者の方と保育士がコミュニケーションを取り、一緒の気持ちで子どもの成長を見守り、ともに喜びあいたいという思いでおります。今後は、これまで以上に保育士からも積極的に声をかけていくように致しますので、保護者の方も何かありましたら、どうぞご遠慮なくお声をかけていただきたいと存じます。

 お手紙をくださった方には、不満の念を抱かせてしまいましたこと、本当に申し訳なかったと思っております。お子さんが今日も一日楽しく過ごして、立派に成長していけるように、私たちはがんばりますので、今後とも何かありましたら、いつでもお知らせください。

年齢混合保育について 

2010年01月21日(木) 15時52分
 保護者の皆様におかれましては、日頃より保育園の運営・行事などにご理解ご協力いただき、本当にありがたく存じております。
 昨今の待機児童の問題、お子さんを預けて働きたいのに預けるところがないという現実に、本園でも少しでも手を差し伸べたいとは思いながらも、保育園という性質上、入園してくるお子さんの年齢層に年々バラつきがあるため、その対応に苦慮しているところです。
 特に、来年度はこのままでいけば4歳児が25名ということで、新入園児が入ってきて30名になれば問題はないのですが、どうなる事かと案じているところです。人数の決定は3月中旬にならないとわかりませんので、今から皆さまにお伝えできる状況ではないのですが、様々なケースが考えられるということをお知らせしておくべきではないかと思いました。
 まず、今まで通りに受け入れをしていくことになると、4歳児のクラスが25名では他のクラスが人数を大幅にオーバーして受け入れなくてはならないことになります。また、今年度のように年度の途中で0歳児が10名も入園してくるということは今後も考えられることなので、4月だけみると、バランスよく見えていても、年度の途中でやむなくクラスの再編成をしなくてはならない状況になることも考えられます。
 実際、今年度は12月に5名程度の月齢の高いお子さんに移っていただいておりますが、そういう状態が4月からも考えられるということです。ただし、必ずそうなるというものでもなく、入所児童の年齢などを考慮しながら、考えていくこととなります。今後もこのように受け入れ年齢のバラつきがあると考えると、年齢保育をしていくことがそもそも無理なのではないかとも考えています。来年度、すぐには無理でしょうが、将来は縦割り保育に(年齢混合保育)移行していかなくてはだめなのかと考えているところです。
 まずは、来年度(今年の4月から)は、3〜4歳の混合、合わせて2〜3歳の混合、1〜2歳の混合という形で行っていかざるを得ない状況になるかもしれないということを、事前にお知らせしておきます。そこで、そのような状況に対応できないとお考えの保護者の方は、早めに区役所にご相談いただき、年齢別保育を行っている園への転園をお考えいただければと存じます。
 12月に月齢の高いお子さんにクラスを移っていただいた時、保護者の方から事前に知らせてほしかったというご意見をいただいておりましたので、本日、在園児のご家庭には、この文章を配布し、今後は年齢別ではなく、混合保育になることもあるということをお知らせいたしました。また、入園のしおりにも書き加えました。
 地域に根差した、保護者の皆様に喜んでいただける保育園をと念じながらも、実際にはなかなか皆様方お一人お一人の思いにお応えできないことを心苦しく思っております。ご意見・ご要望などございましたら、いつでもお声をおかけください。
 今後とも、ご理解ご協力をいただきますよう、どうぞ

運動会 

2009年07月12日(日) 9時30分
 6月28日に行われました運動会の反省会を、7月8日に父母の会の役員の方々と一緒に行いました。
 今年もお天気に恵まれ、お父さんお母さんの参加する競技もスムーズに進み、とても良かったという意見が聞かれました。反面、公園内でたばこを吸っていた、ゴミを拾っていかない、撮影時のマナーが悪い・・・など上げられていました。特にリレーの時は「ここはゴールですから、どいてください」と言っても無視して動いてくれない方がいたりして、自分のことしか考えていない父母が多くなったと憂いでいました。保育園としましては、父母の皆さんが譲り合い、声を掛け合いながら、皆さんが気持よく過ごせる機会にしたいと希望しています。みなさん、お子さんを持つ親として、お子さんに見られても恥かしくない態度でいる事が、子育ての一番大事なことではないかと考えています。人に言われたから・・・ではなく、どうかお一人お一人、気を付けていただき、来年は皆さんが気持よく過ごせるようにとお願いいたします。
 昼食時に、近所の方から迷惑駐車のことで警察に通報があったとのことで、お巡りさんが注意に来ていました。通報では、車庫の出口に置かれて出入りができないという内容だったそうですが、該当するような場所はどこにもなくて、お巡りさんもどこのことかわからないと言うのです。ただ、賑やかに運動会をやっている様子を見て、不快に感じた近隣の方がいたとも考えられますし、車を道の両側に駐車して実際に道幅が狭くなっているところもあったので、来年からは事前にお願いのチラシを配るとか、駐車場を借りるとかして気を付けていかなくてはと考えいます。
 お手伝いいただいた父母の方も、人数が増えいろいろな方が集まるようになってきた分、悩みも増えてはきたけれど、景品を取りに来るときのお父さんお母さんの笑顔は輝いていたので、良かったと言っていました。特にクラス対抗父母競技では、一致団結して臨む態度が素晴らしかったとの声も出ていました。お子さんと一緒に参加する競技ではビデオを撮る暇がないというご意見もありましたが、子どもを間近で見られて、一緒に競技できることで、子どもと同じ感動を味わうことができてうれしかったというご意見も出ていました。「ビデオではなく自分の心に子どもの笑顔を残しました」というお父さんもいました。
 来年に向けてまた、いろいろな問題が生まれましたが、しっかりと考え、ご父兄にも喜んでいただき、近隣の方々にもご迷惑をかけないように考慮していきたいと考えております。
 何かありましたら、いつでもお話し下さいますよう、よろしくお願いいたします。

特になし 

2009年04月10日(金) 14時59分
新年度を迎え、あわただしい毎日を過ごしています。
 3月には28名の卒園児を無事に送り出し、3月31日の午後6時まで、保育をした後、数時間で靴箱や、ロッカーの名前を貼り替えたり、進級・入学に備えてお部屋の飾り付けと、保育士は息つく暇もない思いでした。新年度も10日が過ぎ、やっと子どもたちも新しい教室や新しい保育士に馴染んできたようです。
 保育士には、「お母さん方とコミュニケーションを良く取って、お互いに理解しましょう」と話しているので、保育士はよくお話をしてくれているようです。おかげで、お母さん方からは、苦情らしいご意見は今のところ上がってきてはいません。
 これからも、何かありましたらお話しいただきたいと思っておりますし、何もなくても世間話の中からより良い保育園の姿を見ることもあるので、機会を見つけてお話し下さるとありがたいです。
 これから、少しずつ運動会の練習などもあると思います。何かありましたら、お話し下さいますよう、お願いいたします。

お泊まり会について 

2008年08月16日(土) 8時33分
 7月12〜13日に行われた『お泊まり会』は、ご父兄の皆様のご協力のもと、無事に終えることができました。
その後、担当の保育士が、『報告書』という形で、当日の子どもたちの様子や、保育士たちのお泊まり会に対するねらいや感想などを一冊の冊子にまとめたものを、お渡しいたしました。それについて、ご父兄から嬉しいご意見を頂戴いたしましたので、下記に添付いたします。(添付することについての承諾はいただいております)

先日、おとまり会の報告集を頂きました。
初めて親元を離れてのおとまり会、
2回目の経験ではありましたが多少の不安はあるのもです。
全く異なる時間を過ごす一日。
共有できない時間を今回の報告集を頂いたことにより、知ることができ子供との話題、経験の共有ができるようになりました。
あの内容の報告集を作られた先生方のご苦労は大変なものであったと思います。
心からお礼申し上げます。
4月より一連の流れの中で子供たちに夢と勇気を与えていただいていたことを今回知り、
一つの集大成としておとまり会があったこと、卒園に向けてみんなが同じ目的を共有できたこと本当にうれしいです。

今回の一冊の報告集を頂いたことで園長先生はじめ皆様がいかに真剣に子供たちを預かっていただいているのかが、改めてわかりました。

江別への引っ越し後も多少の無理をしても、先生方に子供をお預けしていて良かったと再認識しております。

今後とも「菊水元町保育園」が「菊水元町保育園」であり続けていただきたいと思います。

微力ながらお手伝いもさせていただきます。

うんどうかいの 

2008年07月05日(土) 11時49分
6月29日(日)運動会が行われました。
 7月3日(木)、父母の会の役員会があり、運動会の反省をしました。今年は、父母の席取りが混乱することもなく、皆さん落ち着いて行っていたので良かったという意見が出ていました。
 児童席の後ろの柵から子どもたちに話しかけたりする父兄が目立った。おじいちゃん、おばあちゃんなどが側に来ると、子どもたちは帰れると思って泣きだしたり、そわそわしたりするので、児童席には近づかないでほしいということを再度、お知らせするようにしたいと思います。
 子どもを見ている保育士が少なくて子どもが落ち着かない印象を受けたとのご意見も頂きましたので、来年度は、父母のお手伝いを若干名増やしてご協力いただくことにいたしました。
 来賓席を少し端にずらして、父母席にまわしてほしいとのご意見もありましたので、良く考えていきたいと思っています。
 保育園では、子どもたちのお遊戯などは父母席に向いて行っておりますし、お子さんの立つ場所もお一人お一人、事前にお知らせしております。それぞれのご家庭でベストポジションが少しずつ違っているはずですので、場所取りも一か所に集中しなくて、スムーズに行われたのではないかと考えております。
 頂いたご意見を気に留めて、来年度はさらに皆さんに喜ばれる運動会にしていきたいと思っております。ご参加いただいた方々はサンダル履きの方はいませんでしたね。私はそれが一番うれしかったです。お父さんお母さんも一緒になって運動会に参加するという気持ちが見えたように感じたからです。 
 今後とも、何かありましたら、お知らせ下さいますよう、お願いいたします。
皆様のご協力で、運動会を無事に終えることができました。ありがとうございました。
P R
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:plato
読者になる
Yapme!一覧
読者になる