串焼「大成」

December 19 [Tue], 2006, 0:00
“串焼”といっても、
そんじょそこらの串焼きとは訳が違います。

行った方ならお分かりだと思いますが、食べた瞬間「すげーうまい!!」と思えること間違いなしです。

串焼きに使用している肉は厳選した新鮮な食材を取り寄せて、その日の肉のコンディションを見ながら一本一本炭火でじっくりと焼いていきます。

以前、「食いしん坊漫才!」でご紹介しましたが、新宿で有名な串焼「鳥茂」で長年働いていた宮城大成さんが、「一人一人にしっかりと接客しながらおいしいものを出せるお店にしたい!」という事で、東中野に串焼「大成」をOPENしました。


お決まりですが、まずはこのお店に来たら絶対に1本は食べたい「レバー」(塩)
そして芋焼酎(なみなみと)。
あとはマスターにお任せです。


「レバー」(塩)・・・やはりいつ食べてもうまい!臭みを一切感じさせず、とろけるようなレバーは他では味わえない一品!!

*写真左から
「タン」(塩)・・・食べ応えのある分厚い身は歯ごたえのある食感で、噛めば噛むほど肉の味が染み出てきます。
「かしら」(塩)・・・柔らかくしっとりとしたかしらも今まで食べたかしらとは全く違った味わいです。
「上ロースのねぎま」(塩)・・・バラ肉では無くロース肉を使ったねぎまは、ネギとロースの相性抜群!上品な味わいに仕上がっています。
「なす地鶏のモモ肉」(塩)・・・肉の味が濃い地鶏のモモをしようした贅沢な一品。

つづいては、きゅうりのぬか漬け、そしてさしみ類が。


「きゅうりのぬか漬け」は毎日、ぬかどこから丁度良く漬かった物をチョイスして出してくれます。
串焼きが続いている時にこれが出てくると、さっぱりとしてまた新鮮に串焼きをいただけます。
「ガツ刺」「こぶくろ刺」「レバ刺」は本当に新鮮な物しか出さないというだけあって、歯ごたえがよく臭みが無くて美味しいです。

続いては、「シロ」と「たたき(つくね)」。


「シロ」(タレ・塩)・・・どちらも柔らかくて、食べた感触はあっさりしたとり皮のような感じです。
「たたき」(タレ・塩)・・・タレは相性がよくまろやかな感じで、塩は肉の味が引き立って、どちらもそれぞれにおいしくいただけます。


この頃にはかなり酔っ払っていたので、、、
数があまり無いのを無理やりお願いして、最後に「レバー」をタレと塩の両方で焼いていただきました。

タレも塩もどちらもうまい!!

お店にいたお客さんみんなに「レバー」をすすめて帰ったそうです。

その後、、、
「レバーを沢山食べたでしょ!?俺が来た時には全部なくなっちゃってたよ!!」
と私が帰った後にお店へ行った知人から連絡が入りました。
「大成」さんすいませんでした。



串焼「大成」
中野区東中野1-45-5
03-3360-5822 
定休:日曜または月曜
17:00〜24:00
*お店も狭いので、行かれる前に電話でご確認いただいた方が確実です。
  • URL:http://yaplog.jp/platinum-s/archive/286
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:食いしん坊探検隊
  • アイコン画像 趣味:
    ・グルメ-極秘に行ったお店紹介
    ・お酒-酒飲みですw。
読者になる
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
お役立ちサイト
宅配ピザのドミノ・ピザ

ウィルコムストア

総合(小)
酒蔵(さけぐら).com02
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/platinum-s/index1_0.rdf