由来による種類

January 25 [Sat], 2014, 13:52
プラセンタは高い美容効果などを持ち合わせた成分ですが、由来によって種類があるのをご存知でしたか?

プラセンタは主に胎盤から作られます。
しかし、胎盤のないものからもプラセンタは作られるのです。

例えば、トウモロコシや大豆などがそれに当たります。
これらは植物由来のもので、植物の胎座から抽出した成分が配合されています。

胎座は発芽の時に杯にあたる部分にあるのですが、これが胎盤の役割を果たすのです。

ビタミンやミネラル、アミノ酸などが豊富に含まれていて、安全性という面では優れていると言われています。

さらに、植物性プラセンタと同様に胎盤を持たないプラセンタが他にもあります。
それは、マリンプラセンタと呼ばれる魚由来ものです。

このプラセンタは鮭の卵巣膜から抽出されます。卵巣膜は卵を守って育てるという働きをします。
つまり、これもまた胎盤の代わりとなっているため、コラーゲンやヒアルロン酸など、豊富な栄養素を含んでいます。

市場に出まわっているプラセンタ関係の商品で最もポピュラーなのは、馬や豚などの胎盤から抽出した動物由来のプラセンタです。

馬由来のものはアミノ酸などの栄養素が他のものより多く含まれている上に、出産そのものが少ないため、価格が高めになっているそうです。

逆に、豚由来のものは、出産が多く胎盤も数多く採れるので、市場に出回りやすいと言われています。

以前は牛由来のプラセンタも使用されていましたが、狂牛病の感染症などの影響でほとんど販売されなくになっているんです。

それに、人間の胎盤から抽出されたプラセンタもあります。
こちらも胎盤がすごくたくさん確保出来ない上に医師の処方箋が必須ですので、美容クリニックや医療機関でしか使用する事ができません。

このように、プラセンタには由来によって様々な種類があるのです。
どの由来のものが自分に合うのかを調べた上で利用する方が良いでしょう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pukko
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/plasenta88/index1_0.rdf