大スキ 

December 06 [Sat], 2008, 0:19

今朝は7時にばあちゃんに起こされてゴミだし行ってきてご飯食べた

昨日の夜中にじいちゃんが寝返りばかりうちながら苦しんでたみたいで点滴を二本するとこを一本になった

朝みたときは寝てた

それからうちは掃除して皿洗いしてお昼にはばあちゃん達みんなにラーメンを作ってあげた

それから何回かじいちゃんの様子を見に行ったらうちが部屋に入ってくる度にギョロっとした目でみてきた
見ないときもあった

2時に昼ご飯のかたずけが終わって3時頃までうちは大奥見ながら寝てた

夕方になって布団敷いて外見たら綺麗な半月で
ばあちゃんが晩御飯まだたべてなかったからうちと交代してうちはじいちゃんと二人だけになった

手を触ったら冷たくて目も開けたりしてたけど白目状態になったりもしてて、口から血は出るからそのたびにティッシュを代えたりしてた

そんなじいちゃんの手を握りながらまた泣いてしまった

『今日は12月の5日やから6日の明日はじいちゃんの誕生日やな』

とかいいながら一方的にじいちゃんに話しかけた

そのとき辛そうに息をしながらペンをかく真似を手でするからノートとペンを渡したらしんどそうに力を振り絞るように『大』という字に近い文字を何回もかいた

『大?』ってきいたらこくんと頷いた

うちはトイレかなと思い
『大?トイレ?ばあちゃん呼ぼうか?』
っていったら違うと首を振った

その時自分の中では『大好き』っていってくれてるのかな?って思ってた

ちょうどその時ばあちゃんがあがってきて交代でお風呂に入った

馬鹿なうちは風呂に浸かりながらモンハンをしてた

そのときおばちゃんが『じいちゃんもうあかん』っていってきて、うちは意味がわからなかった

聞き間違えて『じいちゃん、かん?』って聞き返したときにハッとして素っ裸にタオルを巻いて下はノーパンで寝間着のズボンだけはいて走って二階にいったら、じいちゃんは横に向いて眠ってた
息をしないまま

一瞬のことで意味がわからなくて戸惑ったけどばあちゃんの泣き顔をみて、ドッと涙が出た



それから身内みんながきた

じいちゃんを綺麗にして服を着せてあげて身の回りのことは全て手伝った
じいちゃんの体はもはやガリガリになりすぎて人間てここまでガリガリになれるのかとおもった

死後硬直はすぐで、顔は冷たくてなっていって手も固まってた

瞼が開いてくるから手で瞼の上にそっと何秒もおいて閉じさせてあげた

それから泣きまくった
きっとまだまだ出る

彼に電話で『お前いいことしたな』って言われて嬉しかったのと余計涙が出た



後でじいちゃんが最後にかいた文字をよくみたら『大スキ』とかきたかったのだろうと思った
『大』の文字を崩すと『ス』にも『キ』にもなる
うちが勝手に思い込んでるだけかもしれないけど



じいちゃんはばあちゃんの言った言葉に頷いてからちょっとして眠るように息をひきとったらしい



普段こんなこときかないばあちゃんが『あたしのことスキ?』ってきいたら頷いて反対向いて18時37分に息をひきとった












じいちゃん誕生日おめでとう
そして育ててくれてありがとう











blog移動しようとおもいます
大事な思い出をうちのしょーもないこれから先の出来事で埋めたくないので



これからも変わらず大スキです

ルミナリエ 

December 05 [Fri], 2008, 9:01

昨日テレビでみて知ったけど、昨日から神戸の街はルミナリエ一色らしいね

行きたい気もするけど人込み嫌いやし
夜店に行きたいだけ
何故か初めてのルミナリエは外人と見に行ってた
楽しかったけど

クリスマスケーキ食べたい

そうや
バースデーカードをプレゼントしよう

一日一時間一分一秒一瞬 

December 04 [Thu], 2008, 15:12
短く感じた

なんかでも学校休んで家の中いるだけでもいろんなことがありすぎて、一日の終わりに日記書かなくちゃ翌朝には書きたいこと忘れてる





昨日

朝9時半前にチャリをマッハで走らせて頼まれた買い物をしてきた

買うものがありすぎてあちこち行ってたら2時間もかかった
イトーヨーカドーでじいちゃんのシャンプー、早く言ったら介護用品ね
あるところがわからなくて、お店の人に聞いたらすごく慌てて探してくれて、しかも気を遣ってくれてか
「お家の人悪いの?がんばってね」
と会計するときに言われた

こーゆー見ず知らずの人にでも言葉をかけられると嬉しいものだ

きっとこーゆー気遣いが出来る人は、こーゆーことを経験したことあるから言えるんだろなとか思った

帰ったら11時半になっててばぁちゃんが最近栄養とってないからたこ焼きをかってきた
たこ焼きなんか何ヶ月ぶりかわからないくらい久しぶりに食べた
ばぁちゃんも美味しいっていって食べてくれてたからよかった

午後は猫を遊ばせながら、パソコンに向かってHP作成の検定の勉強

いろいろ心配してくれてか昨日は5人くらいからメール着てたけど、最近よく泣くからかすごく眠い
返す気にもなれないしめんどくさかったからあんまり返してなくてごめん

昨日はなんやかんやでじいちゃんの容態はぼちぼちよかった





今日

昨日じいちゃんも落ち着いてたし、学校行くつもりで今朝は6時前に起きたんだけど、なんか2階から苦しそうなうめき声が聞こえたから2階にあがってみると、じいちゃんが少量の血を吐きながら苦しんでた

声をかけてもそれに対しての反応はなくて、ずっとうめいてた
聞いたら夜中からずっと苦しんでたみたいだった

ばあちゃんは学校いっといでって言ったけど、ずっと苦しそうにしてたからやっぱり休むって言ったら止めなかった
でも今日は休んで本当に正解だと言われたし思った

本当にもう死ぬんじゃないかと思うほど苦しんでた

足はもうガリガリでお尻の肉がなくて骨が浮き出てるのを見たら涙がでてくる

看護婦さんが来る頃にはちょっとづつ落ち着いてて午後を過ぎた頃からはだいぶ楽になってるようだ

看護婦さんが来てから足りない医療器具を病院まで取りにチャリを飛ばして帰ってきた
学校休んで本当よかった

さっきは病院の先生もきて、「もう1日くらいですかね?」ってばあちゃんが聞いたら心臓のがんばり次第っていってた
じいちゃんは本当に昔から辛抱強い人だ
病院の先生も「かなりしんどいはずやのに辛抱強いですね」って言ってた

ばあちゃんに「あんたは一番いいことをした」って言われた

行きだしたバイトも辞めて、就職も蹴って、こっちに帰ってきたことに対してなんだと思う

きっとそれをしなてなかったら、うちは一生後悔してるんだろな

今日は4日
あと2日でじいちゃんの誕生日だ

泥血、吐血 

December 03 [Wed], 2008, 0:04

今朝も学校
よく寝たおかけですぐ起きれた

学校行く時はじいちゃんは寝たまんまだった

学校ではもってーの課題を済ませた
午前だけにしてから勉強出来る有り難みがわかった

帰ってみるとじいちゃんの鼻に酸素コードがささってた
息がしにくくなってきたのか大きな酸素器具が置いてあってそっからコードがささってた

4時を過ぎた頃に事は起こった

うちが眠くなって布団で寝ようとしたとき内線がかかって慌てたように呼ばれた

上がってみるとじいちゃんが大量の血を吐いてた
慌てながらも看護婦さん呼んだりばあちゃんの足になっていろいろ手伝った

早く帰ってきてよかったと何度も思った

15分くらいしてから看護婦さんが来て止血の点滴をしてくれてから、吸引器が必要でいとこのおばちゃんが取りに行ってくれてなんとか事は収まった

もうだめなのかと、悲しみよりも焦りとゆーか、いきなりのことで驚きのほうが大きかった

お昼に帰ってから猫を遊ばせてたときにいとこのおばちゃんが来てて、じいちゃんはおばちゃんにも、あと二日くらいだといってたそうだ

そのあとでこんなことが起こるから、本当にそうなるんじゃないかと正直怖いです

他の人と先先のスケジュールの話をする度にその時じいちゃんは生きてるのかとか考えてしまう

事が済んで落ち着いてからばあちゃんと部屋で二人になったとき、ばあちゃんは苦しんでまで長生きしてほしくないといった
それを考えると、うちがこの前言ったことって酷いよね
生きてほしいとか

ばあちゃんは何十回泣いたんだろう
寝る暇も食べる暇もないのに

血はさらさらしてるかとおもいきや、ドロドロと赤黒かったし、頬の穴も酷かった
はちの巣が紫に変色して膿んだようだった
かなり熱をもってるらしい

正直今は学校とかどうでもよくなってる
卒業できれば
忘年会どころじゃない

生きることは辛いけど、同じ世界に存在してるだけで嬉しいことだってある
うちのわがままかもしれないけど



苦しむ姿は見てるだけで辛いです

トリコロール 

December 02 [Tue], 2008, 1:12

おはよう
6時15分頃から今まで寝てました

6時間も寝てた

なんやかんやで今日は疲れてたからね

今朝5時半に起きて学校行ってちゃんと勉強して午前で帰ってきた
何かあったときにいつでも学校休めるように、弁当屋さんに迷惑かけないように今週いっぱいでバイトをやめると伝えた

ちょっと淋しいけど仕方ない

なんか、今年は失うものが多い気がする
仕事、友達、いろいろ

帰りにラーメン太郎のスタンプがいっぱいになってたからキムチもらってばあちゃん達が好きなパンを買っていって帰った

帰ってキムチ食ってから猫遊ばせて風呂落としてしてたらあっという間に時間が過ぎた

ここのキムチ美味すぎる

じいちゃんは点滴二本とスプーンに三杯ほどの水しか飲んでいない

でも先生のくれた言葉でもしかしたらこのままもってくれたりするんじゃないかなとか勝手にポジティブな考えになってたり

人間の生命力はわからないもんね

最近夢ばっかみてる
この6時ずっと見てた

なんか学校でモンハンする夢でうちは相変わらず違う学科の教室を行き来してたり、はたまた極道の部長という人に相方と漫画を『期待の新人なんです!』と売り込んでました、必死に

うちが帰ったそのあと反組側の人間が一人で襲撃してきて部長が倒してました

相方どーなったんだろね









流石に二週間以上会ってないと寂しくなるよねなんやかんやで
てかこんな状態だから今度はいつ会えるか知らんけどね
でもうちにはこれくらいの距離がベストなんだとおもった

相手を思いやれる距離が二週間

うちどんだけ嫌な人間なんだ



まだ寝れるからとりあえずまた夢んなか行ってきます

人生学 

November 30 [Sun], 2008, 23:31

人生学ぶことばかり
というか学ばれざる得ない人生
言い過ぎかもしれないけど自分的には谷しか覚えてない



今朝起きて彼と電話して不覚にも泣いてしまった
自分弱すぎると思った
精神的に弱ってるときに優しい言葉をかけてもらえると泣くんですよ、うち
阿呆や馬鹿やなんやらゆーてるけど人間としてはいい子なんでそーゆーとこ支えてもらってる部分はあるかなって思ったり



そのあとはもちろん家で一日過ごしてた



今日はいとこのみんなや親父らも来てたし、出入りが忙しかったから、じいちゃんも疲れたんだと思ってあまり部屋には出入りしなかったけど、ちょっとでも生きてる証拠が欲しくて、気付かれないように動画とってたりしてた

うちには隠し撮り要素がある

まぁ、撮られてるとおもうと人間作ってしまう部分てあるから悪まで自然な部分を撮りたいだけなんだけど





一つ嫌なことがあった
クラスの忘年会の件で。

これは仕方ないことだとは思ってたけど、正味、無理矢理参加したとこで家族が病気の時点で120%楽しめるわけがない
まぁ、卒業アルバムに載せるらしいから適当に『作った自分』を出せばいいし

もちろん関係ない人には迷惑はかけたくないからプライベートなことは一切持ち込むつもりないけど

なんか言い方が気にくわなかった

でもうちが仮に逆の立場でも、そう言うしかなかったのだとは今更考えて思った

別に他人に気持ちをわかってもらおうなんてこれっぽっちもないしね





USJも行くつもりしてたけどそれどころじゃないし
検定近いけど勉強する気にもなれないし受かる気もしない



こーゆーときに成人式のことで何回も同じことをあれこれ言うKYすぎるママにイライラする
KYとゆーか常識がないんだよねママは
火に油を注ぐようなことを平気で言うから
まぁ、そういう環境で育ってるから仕方ないんだけど



今日は昔話が多かった

今更だけど、うちはバリバリのばあちゃんっ子だ
ばあちゃんは昔話とかあまりしないけど、おばちゃんはよく昔のことを毎日耳にタコができるくらいうちに話してくる

そういう時、今の時代に生まれて幸せだなとよく思う

ばあちゃん世代は戦争とか体験したことある世代で当たり前のように身内が死んでたわけで今では考えられないようなことがたくさんあったみたいだ



何が言いたいかって言うと、普段私生活の中で『存在して当たり前』ってゆー考えが、便利な時代に生きてるうちらにはどこかにあるはずで、それを亡くした時の後悔は昔以上に大きいだろうなとか

勝手に思っただけ





ばあちゃんが風呂入ってる間だけ、じっと傍にいるだけで何も話さなかったけど、その空間にいるだけで後悔ばっかりの考えで泣けてくるうちは、本当情けない

リモコンのチャンネルを一押しするにも弱々しいじいちゃんをみると、一年前では想像もつかない





明後日の12月2日で、まるがこの家の家族になってからちょうど一年になる
画像はそんな、ちょうど一年前の

終末、週末 

November 29 [Sat], 2008, 22:53

今日は一日お家にいました

お昼から看護婦さんがきて、そのあとお医者さんがきて、ばあちゃんは病院にいったり、おばちゃんは必要な介護道具を買いに行ったり

うちはというと、留守番したり荷物運んだり

トイレをするのにもばあちゃんがいなきゃいけないので、ばあちゃんは常に追い込まれてる

一日があっという間に過ぎた

じいちゃんがばあちゃんに、もうあと一週間くらいしかもたないって言ったそうな

ばあちゃんが風呂入ってる間に一人で二階に上がってみた

ぺこらは寒い部屋に押し込まれてた

正直、じいちゃんはしゃべれなくなってからまともにばあちゃん以外誰とも会話をしないようになった
だからうちが一方的に話し掛けるか、疑問文には『うん』か『ううん』しか答えなかった

部屋に入っても、反応がないのでじいちゃんが起きてるか寝てるかは寝息で判断するしかない

ちょうど起きてたから一方的に話し掛けてみた
内容は覚えてないけど、『明日パパが来るみたい』とか『しんどい?』とか『なんかすることあったらゆーてな』とかそんなんだった気がする

常に隣に置いてあるノートと鉛筆をとって震える手で何回も一息つきながら時間をかけて書いていく文章を目で追っていく度に、書きたいことの予想がつく

『ぢいちゃんもう1周間ぐらい自分出わる』

言いたいことは最初の2文字でわかってたから全部書き終わるまでにはもう涙が止められなかった

『しんどいかもしらんけど、ばあちゃんのためにももっと生きてほしい』とか『ばあちゃん足悪くなってってるからうちが手伝うから』とか言ったけど、もっと言いたいことがあったのに言葉が出てこなかった

じいちゃんの前では泣きたくなかったけど泣いてしまった

泣きながらノートを遡っていくと、読めるか読めないかの字で『俺、もうヒラガナやカタカナも忘レソウヤ』とか『いろいろごめんな』とか、ばあちゃんの名前を忘れないようにか、漢字で何回も名前を書いていた

その下には親父ら、つまり
長男、長女、次男の名前が苗字『岩田』で書かれてた

他には『俺、もう歩けなくなってきた』とか『ごめんな』とかばあちゃんに対して謝ってばっかりの文章が書かれていた

そのときじいちゃんが手を伸ばしてきたから泣きながら手を握った
ちょうど一年前までは肉付きのよかった手が今では皮と骨しかない色白な手だった

ばあちゃんはこんな辛い思いを毎日しているのかと思うと本当に強い人だなと思わされる
でもそれは強がってるだけで本当はそうじゃない
そうじゃないとこをうちは毎日何回も見てるから

ばあちゃんと入れ違いでお風呂に入ったけどどうしても涙が止まらなかった

勢いで先生にメールをしてしまった
そのあとよく考え直して10分くらい後に返信がくるまえにニ通目を送った





じいちゃんに『後で』という言葉はない
後でならもう遅いから





プライベートなこと知られたくないし書きたくないけど、『これは今日一日のことをうちが忘れないように書いてるだけ』っていいたいけど、それならもっと違う手段はあるはず

半分は『誰かに愚痴(とゆーか何か)を知ってほしいから』ってゆーのも含まれているんだとおもう

苦、痛 

November 29 [Sat], 2008, 11:20

風邪でダウンしてから胃の調子がおかしかったうえに、生理痛で更に悪化

昔はそうではなかったのに、ここ最近毎月苦しい思いをする
なんで?

人間て老いていくとまた0に戻る
0から成長していくのは嬉しいことなのに、また0に戻っていくのを見てるのはすごく辛い

元々は0だったのに、0じゃないことが当たり前になっていたからなのかもしれない

数十年生きていたらそうなる



じいちゃんは私生活でもう立ち歩くことはない
ずっと寝たきり状態

うちが学校行ってる間にも状態は悪化していってるのに、それにも気付いてあげられない自分が悔しいです

できることなら当分学校休みたい

結婚 

November 28 [Fri], 2008, 20:50

昨日の夜から今日にかけてずっと喧嘩
結婚したいなみたいなことをいわれてから

だって全てにおいて棒グラフがうちより下

無理にも程がある

束縛がはんぱない
考え方は軽いのに、重い
ここで見放して別れ話したら刺されるんじゃないかと

今日はA先生がいなかったから一日中モンハン

夜7時までマックで6人でモンハン





話かわって、紳士的な人ってモテるだろうなとおもった

うちも紳士的になろう

オスカル 

November 27 [Thu], 2008, 21:45

みたいに凛々しくなりたいです
でも深キョンみたいに可愛くもなりたいです



コテが超最強
業務用だから巻きがぱねー
試しに片側だけ巻いてみた



今日はちゃんと勉強して学校終わる数分前に爆睡してもて気がついたら誰もいない
残ってたメンバーでモンハン
とくちんもお供にモンハン



最近ペットのまるがアイルーにしか見えなくなってきた

いつか料理もしてくれるだろうと願ってる
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pkrg
読者になる
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる