フクロウだけどゆかち

June 01 [Wed], 2016, 9:45
転職理由は書類選考や面接の中で非常に重要視されます。相手を味方につける理由でない場合評価が落ちます。でも、転職したい理由を質問されても理解してもらう答え方がわからない人も多いと思います。多くの人が、履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、この転職理由が苦労の元となります。
どのような転職する理由がふさわしいかというと、まず、心から転職したいと思ったわけを思考してください。そのままストレートに言うわけではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように言葉の使い方を変更してください。長々と転職の理由が続くと潔くないので、長くなりすぎないようにしましょう。
労働時間の長さが原因で辞めた時は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「新しい環境で自分を高めたい」という表現にすれば受ける感じは悪くはないでしょう。言いかえることでネガティブな転職理由も、プラスのイメージになります。履歴書には理想は150文字から200文字程度です。
転職活動は今の職を辞める前に行って、転職する先が決定してから辞めるのが理想です。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐ働けますが、すぐに転職先が決まらない場合もあります。職の無い期間が半年以上を過ぎると、就職する先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を辞職しないようにしましょう。
人材紹介会社を通して良い転職ができた人も多いと言われます。自分だけで転職活動を進めるのは、辛い気持ちになることも多いです。転職活動が長引くと、これ以上どうしたら良いのか、分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分にマッチする求人情報を教えてくれたり、自分だけでは思いつかなかったようなアドバイスをもらえるでしょう。
面接の場では、身だしなみには返す返すも注意しましょう。清潔な印象のある装いで面接を受けるのが大切です。平常心ではいられないと思いますが、粘り強くシミュレーションしておき、面接に備えるようにしてください。面接で問われることは大体決められていますので、予め答えを準備しておくことが大切です。
転職する際に求められる資格というのは、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やはり、国家資格が有利なようです。それから、建築や土木系だと、「業務独占資格」の建築士などに代表される、その資格を有していないと実際に働くことができないという仕事がたくさんあるため、狙ってみるといいかもしれません。
異業種に職を変えるのは困難であると考えている人が多いですが、実情はどうなのでしょうか?結論をいうなら、違う業種に転職するのは難しいものです。同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。ただ、確実に無理というわけではないので、懸命に努力を重ねれば異なる職種に就けることもあると思います。
転職を考えたときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした転職活動を考えている人にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士という資格を得ていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。
一般的に、転職する際、有利とされている資格の一つに中小企業診断士があげられます。中小企業診断士資格を取得すると、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると扱ってもらうことができるでしょう。法律をよく知る行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pkoocexfanboto/index1_0.rdf