資本主義の成立は小氷期のせい?

May 22 [Tue], 2012, 1:27
29太陽活動が下がると地球はどうなるのガリレオが望遠鏡で黒唐潟}測した後の17世紀中ごろ、数十年に渡って、黒唐ェほとんど現れない、太陽の磁気活動が異常に下がった期間がありました。
この期間を、発見者マウンーにちなんで、マウンー極小期と呼びます。
このとき地球上では、小氷河期とでも呼べそうな、寒い気候が続いたと言われています。
ロンドンのテムズ川も凍ったという記録が残っています。
これ以前にも、似たような極小期がありました。
1300年ごろのウォルフ極小期、1500年ごろのシュペーラー極小期です。
太陽活動度の変化と地球の気候の変化は、長期的に見てどのような関係があるのでしょうか。
これは、現在の主要な研究テーマの1つになっています。
30過去の太陽活動をどうやって知るのガリレオによる黒投マ測から今までの400年間については、太陽面のスケッチが記録として残っています。
では、それより前の太陽活動は、どうすれば知ることができるのでしょう。
1つの方法として、屋久杉のような長生きをした木の年輪を調べる方法があります。
どんな方法なのか、まずは銀河宇宙線から説明しましょう。
宇宙のはるかかなたから飛来してくる高エネルギー粒子、銀河宇宙線。
太陽活動度が上がると、地球に降り注ぐ銀河宇宙線の量が減るという関係が知られています。
これは、太陽の強い磁場が、銀河宇宙線の流入を妨げるためです。
さて、銀河宇宙線が地球大気と反応すると、放射性炭素がつくられます。
ご存知のように、植物は光合成によって二脂サ炭素を取り込みますね。
この二脂サ炭素には、宇宙線によってつくられた放射性炭素が含まれているのです。
木の年輪を1年分ごとに調べて、放射性炭素の量を測定すれば、1年ごとの宇宙線量が分ります。
そうすれば、太陽活動度が推測できるというわけです。
何千年にもわたって蓄積された極地方の氷からも、似たような方法で昔の太陽活動度を推測することができるんですよ。
以上転載小氷期11傑作0201041木午後154現代の問題4その他環境問題Yahooブックマークに登録抄略転載なぜ資本主義はヨーロッパで誕生したのかから今回この記事を取り上げたのは、現代のふつうの知識人のものの考え方の典型がここに見られ、たいへん興味深く思ったからです。
事実をどのように見るか、解釈するかということにおいて、その見たモ解釈したモも興味深いですが、それを見る立場解釈する立場を知ることは、さらに意味深いものがあります。
合掌※以下の文のに、私は立場の問題を感じます。
すなわち、別様に言う見る考えることができるだろうと。
たとえば、※のように。
また、は、kyomuーの文です。
23気候環境I説明寒冷化が惹き起こすイベーションで既に述べたように、近代資本主義や近代科学の誕生といった革命的な出来事は、寒冷化によって惹き起こされる。
現在の間氷期における主な革命的出来事寒冷化の時期革命の名称説明BC105009600食料革命西アジアと中国で植物栽培が始められるBC37002000都市革命大河のほとりに都市文明が形成されるBC800400精衰v命父権宗教と哲学が発達した枢軸時代AD16001850産業革命近代科学と技術革新による大量生産こうした寒冷化は、ヨーロッパや西アジアといった、ユーラシア大陸で最初にかつドラスティックに起きる。
例えば、上の表に書いた食料革命を引き起こしたヤンガードリアス寒冷期の開始は、モンスーンアジアでは、ヨーロッパよりも300年も遅れ、また寒冷化の度合いもヨーロッパより微弱であった安田喜憲気候変動の文明史p65。
北半球の最大大陸では西方から寒冷化が始まるなぜか宗教革命、近代科学、近代資本主義といったヨーロッパにおける一連の出来事は、気候史上近代小氷期LittleIceAgeと呼ばれる時期の出来事である。
逆に、ヨーロッパが、中世に経済的にも学問的にも停滞したのは中世温暖期MedievalWarmPeriodのせいである。
ところが、IPCCも指摘するように、中世温暖期とそのあとに続く近代小氷期というドラスティックな気候変動は、北大西洋地域で顕著に見られるが、その他の地域ではあまりはっきりしない。
※発展した※あまりはっきりしないは2001年のIPCC見解です。
近代小氷期は、変動した大気循環のパターンとしては、北大西洋において最も明確に表れたように思える。
ClimateChange2001TheScientificBasisIPCCThirdAssessmentReport※その後、IPCCは上の見解を修正すます。
以下の図1は、様々な気温変動の推測を重ねたものであるが、これを見ると、中世温暖期と近代小氷期の差がはっきりしているグラフもあれば、そうでもないグラフもあるということに気が付く。
ホッケースティック代小氷期で最も寒かった時期の太陽にほとんど黒唐ェなかったことから、太陽活動の停滞が寒冷化を惹き起こしたという説が最も有力である。
以下の図2は、放射性炭素から推定した過去1000年間の太陽活動の変動である。
Aには、1700年以降の太陽黒盗狽フ変動が重ねられているが、両者の相関性は高い。
Bには、太陽黒盗狽フ極大期と極小期の名前が示されている。
図2太陽黒盗狽ニ気温元記事の図を参照してくだい近代小氷期がいつから始まるかに関しては、諸説あるが、1250年頃から、大西洋の流氷が増え始めているので、最初の寒冷化を1300年頃のウォルフ極小期に求めることができる。
ウォルフ極小期はルネサンスの時期に対応し、シュペーラー極小期は宗教改革と大航海時代に対応し、マウンー極小期は萩ニ革命と産業革命の時期に対応している。
温暖期には大気循環が活発になり、人々は食料低エントロピー資源に不自由しなくなる。
将来のことを考えずに、富を蕩尽し、今を楽しむことができる。
それは動物的な無媒介な生き方であり、だから、温暖期には、文明が発達せず、その意味で、暗黒時代になる。
とは、あまりに単純だなぁ。
中世のヨーロッパが暗黒時代と言われるゆえんである。
温暖期は物質的に低エントロピーであるから、精嵩Iには高エントロピーでかまわないのである。
※文明が発展し、その意味で黄金時代になる中世ヨーロッパが暗黒時代と言うのは、近代啓蒙主義以降のヨーロッパ人たちの手前勝手な歴史観です。
記者が言うエントロピーとは大地からの逸脱の度合いの意でしょう。
近代ヨーロッパは、この意味でキリスト教を換骨奪胎して極端なエントロピー増大を企図としたと言えます。
しかし、寒冷化が進むと、資源の減少により、人々は生存の危機に直面するようになる。
1315年から翌年にかけてヨーロッパは記録的な大飢饉に苦しむ。
134749年、さらに136162年にはペストが流行、人口の3割がこれで命を落としたとも言われている。
そんなウォルフ極小期に、ルネサンスによる啓蒙が始まり、ヨーロッパ人は暗黒時代から抜け出し、自然に翻弄される存在から自然を克服する存在へと成長しようとし始めた。
※に入り暗黒時代とは倫理的宗教的な暗黒の意。
※大地の掟を逸脱しシュペーラー極小期になると、ヨーロッパ人は新たな資源を求めて海外に渡り、大航海時代が始まる。
人々は、カトリック教会の腐敗というエントロピーの増大にプロテスト抗議し、宗教革命を起す。
ピューリタニズムのピュリティは清潔潔白を意味し、低エントロピー性を象徴している。
※象徴しているはずだった。
しかし、その清潔潔白というのは、実際は人間性の偏狭or奇矯と同義語であった。
桜木莉愛松岡正剛の千夜千冊ピューリタン大木英夫ピューリタニズムはそもそもが外来的な思想なのである。
エミグレの移住宗教なのである。
もう少し正確にいえば、人間をエミグレにする宗教思想なのである。
マウンー極小期になると、牧草栽培や囲い込みなど萩ニ経営の合理化と集約化が行われ、萩ニ生産性が向上する萩ニ革命が起き、人口が増えた。
人口の増加と寒冷化は、衣類の需要を増やすので、機械化により繊維製品を大量生産する必要性が生じ、それが産業革命を惹き起こし、近代資本主義社会、産業社会を生み出した。
結局のところ、プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精垂帥Jみ出したのは、寒冷化である。
寒冷化により、低エントロピー資源が減ると、禁欲的に将来に向けて貯蓄をしなければならなくなり、また、生産性を高めるために合理的な手段が求められるようになる。
そして、ヨーロッパで最初に近代資本主義が発達したのは、ヨーロッパでいち早く、そして最も顕著に寒冷化が起きたからだった。
ウェーバーは、ユヤ教と原始キリスト教に近代資本主義の萌芽を見出そうとした。
しかし、原始キリスト教が伝わったエチオピアでは、人々は2000年以上にわたってキリスト教を信じ続けているにもかかわらず、今日にいたるまで、資本主義経済は発達していない。
他方で、キリスト教が支配的になることは決してなかった日本では、ヨーロッパに勝るとも劣らぬ近代資本主義経済が発達している。
キリスト教は、近代資本主義発達の必要条件でもなければ十分条件でもない。
※必要条件ではあるが、十分条件ではないより正確には、西欧キリスト教がなければ、たとえ寒冷化になっても、近代資本主義はない。
寒冷化すれば西欧キリスト教がなくとも、近代資本主義がありえるのではない従って、西欧キリスト教の世界観人生観を放棄すれば、我々人類は近代資本主義科学技術の息の根を止めることができる。
と、いえるのかな以上以上転載なんだか、エントロピーの使いすぎのような気がするなぁ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pknlf98n2k
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pknlf98n2k/index1_0.rdf