ヒューロムスロージューサーH2Hで野菜ジュース

July 02 [Wed], 2014, 0:20
日本ではトマトジュースと口コミ野菜汁を混ぜ合わせたトマトミックスジュース、にんじんジュースと野菜汁を混ぜ合わせたにんじんミックスジュースがヒューロムスロージューサー商品として一般的である。野菜ジュースの基準は無いが、トマトジュース、トマトミックスジュース、にんじんジュース、にんじんミックスジュースという名称を使用するための基準がJAS規格で決められている。
トマトやニンジンなどの緑黄色野菜を素材としたものは、ビタミンC、ビタミンA、食物繊維の補給を謳っている。
リンゴやブドウ、オレンジなどの果物と混ぜ合わせたものは、主に口コミビタミンCの摂取を目的としているようである。
市販されている野菜ジュースを嗜好品としてヒューロムスロージューサー飲む人もいるが、栄養価値の高さから野菜不足の解消や健康のために飲むという人もいる。健康志向ヒューロムスロージューサーH2Hの客層を狙い、企業もどれだけの栄養素が詰まっているかを前面に出している場合がある。
ただし、口コミ加熱殺菌されているため、含有する有機酸やビタミン、消化酵素等が破壊されており野菜と同じ栄養価ではない。
製造工程において、飲みやすくするために食物繊維を取り除いたり、加熱殺菌などでビタミンCなどの栄養素が失われてしまうため、実際に使用したヒューロムスロージューサーH2H野菜の量に比べると栄養素が少ない。国民生活センターが発表した資料によると、野菜系飲料1パッケージあたりのヒューロムスロージューサー栄養成分量と緑黄色野菜120g(厚生省の設定した緑黄色野菜の摂取目標量)当りの栄養成分量とを比較したところ、ビタミンAについてはほぼ同等かそれを超える成分量の銘柄が10銘柄中7銘柄あったものの、それ以外の成分については低いものが多く、ビタミンCでは30%未満の銘柄が半数を超え、食物繊維に関しては8銘柄が半分未満であった。
このため、口コミ発表資料の中で消費者ヒューロムスロージューサーH2Hへのアドバイスとして、野菜系飲料の栄養バランスは緑黄色野菜とは異なるので、食生活の補助的なものとして利用することを薦めている。
加熱後に栄養素が添加されている製品もあるが、必須ビタミンなどの数種類のみである。
トマトミックスジュースに関してはアメリカでは1948年に初めて商品化したキャンベルのV8野菜ジュースが有名である。日本における野菜ジュースは、トマトジュースでのトマト不足により製造され、1957年か1959年に明治製菓から明治野菜ジュース・V7が発売された。
V8野菜ジュースなどがヒューロムスロージューサーH2H輸入され、1966年のゴールドパックを始めに各社から発売される。後から出現した野菜・果実ミックスジュースではカゴメの野菜生活100、伊藤園の充実野菜などが有名である。
野菜と果汁を混ぜたものも市場に出回っており、これに関してもJAS口コミ規格によって果汁50%以上かつ野菜汁と果汁のみのものを口コミ果実・野菜ミックスジュースとしている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pkhgz
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pkhgz/index1_0.rdf