邑(ゆう)とアルビノナンキン

October 19 [Wed], 2016, 22:15
"元々の仕事が二交代制の仕事だったのですが、収入が少なく先輩に紹介してもらいはじめました。
初めのうちは先輩と一緒に仕事させてもらい、その間に色々と仕事も教えてもらいました。
本職との両立も大変でしたが、夜のお店で働くことにたくさんの初めてを経験しました。
初めて胸の谷間がガッツリ開いたドレスを着たり、お店に来られたお客様に合わせたお酒の雰囲気や、会話のペース等わからないことの方がとても多く、同年代の子がすごく上手にお客様とお話している姿を見ると「なんで、あたしはこんなにも出来ないんだろう。」と自己嫌悪に陥ることもしばしばありました。
同年代の子でも私よりその仕事が長いから出来ていて当たり前だし、自己嫌悪に陥る暇があるなら作り笑いの練習位しておけば良かったかなと、今なら思います。(笑)
当時はまだ若かったので自分からしたらおじさん、お爺さんくらいの方が来られると一回は必ずスキンシップを取られることが当時は凄く嫌で仕方なかったです。
他の方みたいに上手に避けたり誤魔化したりすることが出来なかったので、当時は苦痛で仕方なかったです。
逆に歳が近かったりあまり離れすぎてない方は、スキンシップを特に取ることもなく楽しませてくれようとする方が多かった気がします。
今なら分かる事や見えている事が沢山ありますが、その当時はいっぱいいっぱいで世間知らずだったんだと思います。
今は、結婚して子供もいるので相手が求めていることを読み取ろうとする力は付いたのかなと思いますが、もう二度と夜のお店で働くことはないと思います。(笑)"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛佳
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pkhasprhergape/index1_0.rdf