ひざの痛みで悩んでいる人にやって欲しい座り方があります 

2015年06月15日(月) 9時41分
ひざを痛めている方は普段、
どのような座り方をしていますか?

イスに腰掛けて、ひざを直角もしくは
少し曲げた形で座るのが普通だと思います。

これはひざを痛めているいないに関係なく、
共通した座り方だと思います。

お医者さんがひざ痛の人にすすめる
座り方があります。

足を組んで座ります。

かえってひざに負担をかけてしまうような
座り方だと心配してしまうでしょう。

ところが、この座り方には3つのメリットが
あります。

1つめは、負担が軽くなることです。
組んだ足で上に乗せている方のひざは
身体の外側を向いています。
右足が上なら、ひざは身体の右側を
向いているはずです。
この向きがひざにとっては楽に感じるのです。
反対に内側を向く内股になると、
ひざに無理な力が加わり、歪んでしまいます。

2つめは、ひざ関節の血行をアップさせてくれます。
足を組んだときの上になった足の裏側に
圧迫感を感じるはずです。
この圧力が淀んだ血液をスムーズにしてくれます。

3つめは、ひざがリラックスできます。
普通に座るのは我々には分かりませんが、
太ももが緊張しています。
この緊張はひざ関節にまで伝わってしまいます。
足を組むと、太ももがリラックスできて
ひざ関節も同じ状態になります。

以上、足を組むことはひざの負担を軽くし、
血行を高め、リラックス効果を生み出してくれます。

座ったときは積極的に足を組んでみましょう。

ただし、同じ形ばかりで足を組んではいけません。

身体のバランスが崩れ、歪みが生じてしまいます。

足を組むのは左右バランス良く行なっていきましょう。

















プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さぁろ
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる