アーサーが海老原

September 22 [Thu], 2016, 19:14
現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、純度によって額は下がります。例えば18金なら、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。タンスの奥に仕舞いっぱなしの金の装飾品がある人は多くいるようです。もう使わないことが分かりきっているなら、買取ショップへの持込みも有力な選択肢ですね。金やプラチナを専門に買い取ってくれるところもあちらこちらにありますので、実際にその品物が何円くらいになるのか一度見てもらうのもいいでしょう。買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。心当たりのある方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取となればそれより若干安くはなるものの、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で売却できる可能性が高いです。高級品の代名詞でもある金とプラチナ。しかし、どちらがより高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。一時期は金の3倍ほどしたのです。理由としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量が挙げられます。ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。相場よりも高い金額で金を買い取るとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で買取に応じてしまった、などという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、十分気を付けなければなりません。自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、例外も多いですが、基本的には必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、実質的には税金は課されないということです。ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。先日、私もタンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。それまでそういうお店とは縁がなかったため、適切な売却先がよく分からなくて、ネットの情報に頼ることになりました。そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その内の一店舗を利用することにしました。店員さんの対応も丁寧だったし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、郵送買取など、直接店に行かないケースにも同じように本人確認が求められます。免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で法律の要件を満たすことになります。最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。ネットを通じて買取をしてもらう時は、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。出来る限り高い値を付けてもらうには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用をゼロと謳っている店も最近は多いですので、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。不況の影響もあってか、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、その需要に応じて、金買取に参入する業者が増えてきました。全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。金の購入時には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、ここからがポイント。金を買取に出す際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるわけです。にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るなどの方法も考えられます。普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。買取店であれば、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、課税されているはずです。一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。お手持ちの金製品を売却したい方は、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらう形が基本であるといえます。プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるケースが最近は多いですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。初めての方でも安心ですね。金の買取を利用する上で、気にすることは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、その店が本当に信用できるのかどうかを入念に考えないといけません。レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくるという迷惑な事例があります。これは訪問購入と呼ばれます。業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。ですが、対処法もあります。金買取の訪問購入に対しては、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを頭に入れておくことをお勧めします。昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。これらの費用を設定している店で買取してもらうと、これらが差し引かれることで、現実に買取額として受け取れる金額は随分減らされてしまうのです。上手いこと騙されてるような気がしますね。買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。最近、金の価値が上がっています。金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。一般に流通している金製品には、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントというのが一定の目安になります。金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により買取額は大きく変動してきます。金買取業者は大抵の場合、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が原則としてあります。よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。とはいえ、例外的に、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。加えて、たとえ18歳からOKの店でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。金の売却において気に留めておくべきことは、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。少しでも高値で手放すことができるよう、その日その日の相場を把握した上で、いつ買取に出すかを決めましょう。申し込む時の相場によって、買取価格が決まるのが一般的といえます。入念に相場をチェックして、高値で売れるようになれば一人前です。不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドです。ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。金買取を利用する時のポイントとして、思い立ってすぐさま買取店に走るのは賢明ではないといえます。それがどうしてかというと、金というのは、とにかく市場価値がコロコロと変わるためです。こういった理由から、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、最適のタイミングで買取を依頼することが重要です。金製の指輪やネックレスなどは、かつては気に入って使っていても、時代遅れのデザインだったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。そうしたアイテムをお持ちの方は、お近くの金買取店で売却することもできます。でも、ここで落とし穴があります。本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。買取に行ってそういうことになったら、泣き寝入りするしかないですね。ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、数日で査定結果が出るのを待ちます。お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならメールやフォーム送信でいつでも申込できるため、店に行く時間がなかなか取れない人を対象としたサービスといえるでしょう。株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、金に代表される貴金属はその典型です。金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。世界中どこでも通用する価値を持っているということも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握しておくのが無難です。ここ十年くらい、いわゆる「金プラ買取」系の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。WEB上でも、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。要らないものを買い取ってもらえるのだから、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金の価格は相場によって変わります。それに伴って買取価格も変わるので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない貴金属のネックレスや指輪などの処分に困っている方もいるかもしれません。そんなときは買取ショップで換金しましょう。貴金属を買取してくれる店を探して、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、より高い値段で買取してくれるのはどの店か見比べて選びましょう。その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。高額で売却するためには、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うのも重要でしょう。少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、上手い話に騙されないようにしましょう。高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも選択肢の一つです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rika
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pjeaewatlrjqng/index1_0.rdf