はじめまして

March 06 [Sat], 2010, 1:24
我が家には実子がいません。
積極的に不妊治療をしているわけではなく、自然に任せています。


大学在学中に知った乳児院。


いつか自分が結婚して、環境が整えば、里親になりたいと思っていたのが始まりでした。


あれから10年。



『時は来た』(プロレス橋本風)


そう思い、旦那と相談して、一歩ずつ進んでいるところです。


自分の出来るところから...。と、インターネットでパチパチパチパチ。まだ、自分の参考や勉強になるほどの場所に行き着けていません。

でも、スタートラインの知識は持てた感じがした位かなっ。



まずは、旦那への説明とお話。
旦那は、あたしが選んだ人なので、あたしに考えが似ていて、里親の事も、話を理解すれば、大丈夫な人だと思っています。
実際虐待を受けている子に、夫婦で関わったり、育児放棄に近い子の面倒を夫婦で見たりしてましたから...

まずは、養子を貰うのではないこと。
養育里親の仕組みなどを説明。
何度も2人で話した後、旦那の様子を見て、児童相談センターに予約を入れて、お話を聞きに行きました。

これは、夫婦で決める事。
最終的に里親登録をするかは、旦那に委ねています。

信じて結婚した旦那を信じて待ってみます。



説明と相談のその日に渡されたのは、このペラペラ2枚。
内容は、ネットで調べたことが、そのまま載っていました。

里親が足りない。足りない。と、言われている中。
これが実情ね..。
もちろん、里親登録をする人を見極めるのも大事。
だけど、それより前に里親制度を、もっともっと世の中に広め、興味を持って貰うことも、大事なことだと思います。


あたしの周りに里親の事を知ってる人はいませんでした。

里親になる=養子を貰う

と、思ってる人が大半でした。


こんなペラペラ2枚で何がわかる?
説明も、この紙にそった物で、旦那には勉強になりましたが、あたしの欲しい情報は、質問でしかえられませんでした。


今日は、この辺で...
次回は、説明とお話を聞きに行ったときの感想を書きます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:piyonosuke33
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・ドライブ-海が好きなので、たまに海までドライブに行って釣りをして帰って来ます。
    ・体を動かすこと-トレーニングや、水泳やってます。
読者になる
里親に興味を持ち、登録に向けて歩き始めました。
不安。自分に出来るのか・・。
いろんなこと毎日考えて、一歩踏み出さないと何もはじまらないので踏み出しました。
このブログで、里親をされている方や、里親になろうとされている方、興味をお持ちの方。

いろんな方と交流できたらと思います。

よろしくお願いします。
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる