増井とPeterson

January 10 [Tue], 2017, 11:52
皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、不足しやすいものです。
普段の食事で得られる量では摂取量が足りません。ですのでサプリで補給するのが簡単でしょう。葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも売っていますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。
サプリメントの一つに、マカというものがあります。

これは何かというと、男性のスタミナをアップさせるという作用があるものなのですが、その他にも期待できる効果があります。
赤ちゃんを妊娠しようと、妊活をしている女性の、体の中の血液の巡りを良くしてくれるような作用があるため、体をより妊娠しやすい状態に近づけることが出来ます。それに加えて、乱れがちなホルモンバランスを安定させる作用もあるので、基礎体温の乱れがなくなり、女性の体の中を安定させることに貢献してくれます。

葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって最も大切な成分ですが、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。ですから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天異常を発症する可能性があると報告されています。
ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、より積極的な摂取が求められます。友達と話していたら、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。

使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番興味あるみたいです。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって以前教えてもらったことがあったので、その友達に教えてあげました。友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思います。


葉酸は赤ちゃんを作ることを考え始めた段階から妊娠の初期の時期にかけて忘れず摂り続ける事が望ましい摂取の仕方とされてて、お腹の赤ちゃんの先天性奇形を防ぐといった効果があるといわれています。妊娠してまだ間もない期間は特に、食品や葉酸サプリメントなどで意識的に取り入れる事がポイントです。妊活の一つとしてヨガを取り入れるのはとても有効があると思います。なぜなら、深い呼吸法を何度も続けることで、体内の免疫力が上がったり、精神面も安定するといったメリットがあるためです。
妊娠中も、マタニティヨガといった形で続けられるし、出産時にも役に立つといわれています。もし、妊娠した時に葉酸を摂取する量が少なかった場合、お腹の中の赤ちゃんに影響は出るのでしょうか。

葉酸はただビタミンなので、普通に食事をしていてもある程度摂取することができますが、妊娠時にはとりわけ胎児の脳や神経の形成にとても、重要な働きかけをしてくれる成分です。

したがって、妊娠中にサプリでもいいので、葉酸を不足なく補うことが重要なのです。
葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ全身の血液循環をよくすることは重要なこととして挙げられます。



血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛、肩こり、冷え性、不妊なども血液循環が原因とされているので、そうした症状を改善したい場合は葉酸を多めに摂るようにしてみると良くなるケースも結構あるようです。

同時にビタミンEを多めに摂ることで、末梢血管の血行がさらに良くなり、血行改善の効果は高まります。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryusei
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる