プロフィール
名前 あっこ
197X〜1998 名古屋でのんびり学生
1998〜2004/6 東京でバリバリ働く
〜2004/10 フランス料理留学準備・アルバイト
2004/10〜12 アンティーブ語学留学
2005/1 〜12 パリ料理留学 2つの星つきレストランでスタージュ
2006/1 〜  帰国 東京は麻布のレストラン勤務
2007/6 〜  恵比寿本社勤務
座右の銘   カラ元気も元気
今日悩んでもしょうがないことは、ゆっくり寝てから明日お日様の下で考えよう!
最新コメント
アイコン画像とってぃー
トライリンガルへの道は険しい (2008年08月31日)
アイコン画像Samyao
地図、好きです。 (2008年06月05日)
アイコン画像あっこ
地図、好きです。 (2008年05月29日)
アイコン画像あっこ
私的代官山生活 (2008年05月29日)
アイコン画像Samyao
地図、好きです。 (2008年05月27日)
アイコン画像kyo
私的代官山生活 (2008年05月25日)
アイコン画像あっこ
私的代官山生活 (2008年05月18日)
アイコン画像とってぃ
私的代官山生活 (2008年05月16日)
アイコン画像あっこ
子供の日 (2008年05月07日)
アイコン画像Samyao
子供の日 (2008年05月07日)
«2005年08月27日 | Main | 2005年08月25日»
ろうそくのお城 / 2005年08月26日(金)
みんな明日にはそれぞれ帰国or別の用事があったりして、集中コースの友達と過ごせる最後の夜。
メトロの広告で見た、「夏の週末の夜はキャンドルナイト。ろうそくの明かりでお城ができた当時のパーティーの雰囲気を味わう」Vaux le Vicomteに行ってきました。

パリ郊外にあって、ヴェルサイユができる前にあったフーケの城。国王が嫉妬して彼を牢獄に入れ、ここより豪華な城を作れ、とヴェルサイユができたそうです。

パリからはリヨン駅からRERにのって約40分。Melun駅が最寄でそこからタクシーで15分くらいです。
夜に行ったので、タクシーがいない!
さらに周りはあんまり感じがよくない人たちが、、、、、不良少年(死語?)がいっぱい。

とりあえず電話でタクシーを呼び出して、10分くらいで来てくれたものの、少年たちが、
「俺達は1時間以上も待ってたんだ!」と運ちゃんに怒鳴りはじめ、
運ちゃんは、「この若い娘さんたちは旅行者だよ、それに城は夜中で閉まっちゃうんだから」と、私達をのせてくれました。
(ほんとは皆少年たちより確実に10歳以上年上なのですが、この際若く見えることを有利に使わないと

駅の周りには観光客なんて全然いなかったのに、城についたらあふれるほどの人!
皆さん、車か観光バスで来てたみたい、、、、、

お城の中も庭もすべて明かりはキャンドル。
薄暗い中に揺れるろうそく、豪勢なベッドルームや回廊、ホール、幻想的でとても素敵です。

これまであまり意識したことがなかったのですが、ろうそくの明かりが素敵なのは、電球のように一定した均一な明かりではなく、少しの風でもフラフラとかすかに揺れるから。

お城の中や周り、広大なフランス庭園のなかに置かれた一面のろうそくは、空に広がる星空(※パリではほとんど見えないのに、ここではとてもたくさん!)に匹敵するほど美しい雰囲気でした。



続きを読む…  
Posted at 20:17 /  ちょっとそこまで / この記事のURL
コメント(0)
びっくり一番 / 2005年08月26日(金)
今日は学校で基礎コースの修了式。
前はサントノーレにある会場で中級・上級合同でやったのですが、今回はお菓子の基礎・中級、料理の基礎いずれも集中コースの生徒のみなので、コンパクトに学校のサロンで。

ひとりずつ名前を呼ばれて、学校に提出した履歴書からとったであろう紹介があるのですが、ハーバード卒だのケンブリッジ卒だの、JPモルガンやキャップジェミニ、マッキンゼー勤務(わかる人にはわかる)だの、全然料理・お菓子に関係ない人ばかり。
まあ、私もそんな人のひとりですが、、、、

一応、成績の5位から1位までは発表されます。(ちなみに私達は全員で27人。料理の時は総勢65人、、、、
リッツのお菓子コースを修了していた同じクラスの韓国人の女の子が、いつもシェフに褒められていたので、ひそかに「彼女かなあ〜」とのんびり考えていたのですが、彼女の名前が呼ばれたときは「2eme(ドゥージエンム、2番)」と。

あれ?と思っていたら、なんと私が「1er(プルミエール、1番)」、加えて「Mention Bien」(優等賞。順位に関係なくつけられる。場合によっては誰もとらない期もある)がついていました。

ちなみに、それが呼ばれたときに思ったことは、「うれしい」よりも、「S(クラスの友達。日本人)が喜ぶだろうな、、、、」ということ。
なぜかというと、彼女は数日前に、「となりで作業している韓国人の子、きらい。自分勝手に自分の分だけとっちゃったら、材料がどこにあるかも教えてくれないし。妙に威張ってて。もう随分できるんだから、基礎コースなんかやらなくていいじゃん!」などと話していたので、「韓国人の子が一番じゃなくて、日本人だったのが、うれしいだろうな、、、、」と思ったのです、、、、実際そうでした。

まあ、ともあれ私の成績はほとんど最終試験でとったようなもの。料理でも何回もやったタルト敷きこみや、実習の時に反省点が多かったシャルロットが課題になったから。
5位までにも入っていない友達の方が、普段の実習での成績は良かったりして。

何事も継続は力なり、ですね。

 
Posted at 12:26 /  料理修行 / この記事のURL
コメント(7)

 
Powered by yaplog!