どうにも晴れない日 

February 09 [Tue], 2010, 18:37
あかん、心が晴れません。
最悪までは考えないけど
ひどく気持ちが堕ちております。

毎日何を言われてもへこたれないようになりたい…

来週はロクピタを目指そう。
人を気にしすぎる自分が1番堪にさわる…(>_<)

2ヶ月ぶりか・・・ 

October 14 [Wed], 2009, 23:15
もういややー
(´;ω;`)


ネガティブもーどです。堕ちてます。

たくさんの不安に押しつぶされそうで。

大丈夫だけど、きつい。

甘ったれてるんだろうか私。

泣いても仕方ないし
怒っても仕方ないし

なんで私はこんなに自分の思いを伝えることが下手なんだろう

なんでこんなに怖がりなんだろう

怖くないはずなのに現実は

いや、多少の怖さがあってもそこまで恐れることはないはずなんだよ

なのに見えない威圧感に引いてしまう自分がいる

緊張しすぎる自分がいる

普通でいいのに自然でいいのに
ちょっとビジネスライクにするだけでいいのに

なんでこんなに感情が溢れるんだろうすぐに
すぐに怒りが込み上げる
爆発を抑えようとすると絶対無言になる
冷静に理論的に(聞こえるだけでもいい)いえたらいいのに

もっともっと・・・・・

自分にできることからしたらいいのに背伸びして
隣見て焦って何かしなきゃしなきゃって・・・
そんな焦る必要ないのに


もっと力抜かなきゃ。

自分がダメになっちゃわないように

やっぱり 

August 23 [Sun], 2009, 2:54
くぅちゃん大好き!!

カラオケでたくさんくぅちゃんの曲歌って
私は別にうまくないけど、やっぱり歌うと元気になったり
切なくなったり。
心を揺さぶる曲、それがくぅちゃんの曲。
歌詞やメロティーだけではなく
くぅちゃんの歌声と本人の人間性が曲の魅力を高めている。
ほんま大好き。

次のライブも絶対いくし。
私はファンでいつづけます。

くぅちゃんみたく前向きに明るく生きていきたいよ。

暗いはなし 

August 18 [Tue], 2009, 21:20
自分の中の暗黒部分が顔を出してるわ…
っていうかもう自分の自信がほとんど喪失してるのがなんとも…。疲れてるのもあるにしても。自分の意見みたいなのもあんま持ててないというか。というか、自分が正しいのかほんまにと思うと二者択一な私はすぐに正しくないと思ってしまう…
私は多分完全な正義を追求したいのだ。
だから正しくないと思うとすぐにしょぼんと小さくなってしまう。
いかんなぁ…。
どうしてこんななのかしら…。
と暗くなっても仕方がない。

明日からまた頑張るしかないよなぁ…。

ねるまえに。 

August 13 [Thu], 2009, 0:11
寝る前に一応書いておく。
ずっとネガティブマイナス思考が占拠してたけど
もっと楽しいことかんがえなきゃって気がしてきた。

楽しいこと…今は九月の連休のことを考えることかなー

いやその日その日のことを書くとするならば、
朝早めにおきれたこととか

んーなんか違う、
やっぱりもうねよう!!

ひょうきん族 

August 02 [Sun], 2009, 2:26
仕事があまりにうまくいっていない。
しかし土日にこれを引きずっていては身がもたない・・・
というわけで、仕事を忘れるべくDVDを借りてきました。
久々バラエティが見たい気分やったし、
26時間TVでさんま・紳助・たけしが出ていたのを見て、ちゃんと見てみたくなったというわけで
ひょうきん族のDVDを2巻借りてきて一気に鑑賞。
ネタというか言ってることとかが懐かしかった。
私はひょうきん族みてたわけじゃなかったけど小学生のとき「一本橋こーちょこちょ」とか
やってた気がするし(笑)

見てて懐かしかったけど古いとは思わなかったなぁ・・・まあ若干髪型とかは80年代を感じたし
みんな若いとも思ったけど。

私はたけしを見ていてずっとこの間亡くなった叔父さんとちょっと似てるよなーと思ってました。
目のあたりとかが・・・^^;

また時間があれば借りて続きみたいと思います。
今はDVDっていうのがビデオより薄くて嵩張らなくていいっすね^^
CDもたくさん借りてきたし、しばらく音楽も色々聴けるぞー。

とにかく休息をきちんととらなくては。
そして月曜死ぬ気で仕事しよう・・・。
明日も思いっきり休むぞー!!

再来か 

July 18 [Sat], 2009, 2:21
ちょっとウツっぽい。
今日はよほど疲れていたのか、久々大寝坊してしまい
化粧もそこそこに家を急いで出て
会社へは普通に着けたけど・・・
ここのところものすごく早く行くようにしてたから、すごくショック。
いくら二度寝したからとはいえ・・・

集中力もあまりなくて、仕事が今週全然はかどらなかった。
締め切りを考えたら、こんなんじゃいけないのに。
余計な責任感を感じて、一人空回りしてしまっている気がする。
飲みの場でも、別に話してないわけでもないしいっぱい食べてそこそこ笑ってるつもりだけど
ちょっとした沈黙の間が自分のせいじゃないかと思ってしまったり
自分の話があまりにもつまらない気がしてすぐに口をつぐんでしまったり
記憶がなかなか出てこなかったり

とにかく頭が混乱している感じ。
睡眠不足もあるのだろうけど、
調子が悪くて人目を気にしすぎていることとかもあるし

もうちょっと、ゆっくりでもいいだろうか。
人の3倍以上、地道に頑張らないと追いつけないから、
そう思って気持ちだけ焦って結局努力ができてない気もするし

もっと平常心をもてるようになりたい。
落ち着けば、普通に話せるはずなのに。
なんでこんなにテンパってるんだろう。

胃の調子もあまりよくなくて、口の端がちょっと切れてたり・・・
いかんストレスが胃にきている・・・

自分のことばっかりまた考えて、
他にもっと考えたい政治や経済に対する建設的な意見というのを
全然考えられてない。

この3連休。
ちょっと出かけるのもあるんやけど、
・仕事の知識の整理
・日本語文章検定の勉強
・日経新聞の整理

これをできるといいなと思ってる。
エクセルのグラフ作成ももう一回勉強せなあかんなー。

明日の用事でちょっと浮上できるとええな。
まあ実際そこまで落ち込んでるわけでもないけど
今のうちにかなりアゲとかないと、後でまたしんどくなるからな。。
ファイトだ自分。負けるなよ。

区切り 

June 07 [Sun], 2009, 1:48
叔父の葬式が無事に終わりました。

終わるまでの1週間、私は少し不安定で
仕事にも微妙に影響が出るくらい・・・あかんかったな。

とにかく自分の中で区切りをつけたくて、葬式へ参列しました。

叔父の変貌ぶりは、すごいものがあったというか
顔を見て、全然それが叔父だと信じられなかった。
嘘やろと思った。
後から聞いた話、体重が半分以下にまで減ってしまってたとかで
今の時代還暦なんて全然若い感じがするのに
叔父はもうおじいちゃんになってた。

葬式は、今まで私が出たことのある葬儀とは宗教が違うためか
最初はただただお経にもびっくりして固まってしまってたけど

長い長いお経を聞き(唱え)ながら、遺影と供花を見ているうちに
信じられない気持ちとほんまに亡くなったんだという実感が交差して
涙が溢れ出てしまった。

あっという間に最期のお別れのときがきて、
火葬場のところで見送るときも泣いた。

あまりにもいきなりすぎて、
半年ちょっと前に会話したのに、もういないなんて

今でも、まだ信じられないという気持ちは残ってる。

3月くらいまでは、まだ元気だったみたいなのに・・・
あと数年は生きられると思ってて、色々としたいこと考えてたみたいなのに


なんで医者は残り1ヶ月ってところで放棄したんやろね。
結局余命宣告から2週間で逝ってしまったよ。
なんて残酷な医者なんだろうね。
医者がもっと適切な処置してくれてたらもう少しは生きられたと思うのに

12月の時点で残り5年くらいだったのが
半年しかもたなかったよ。

叔父には来世でもっと長生きしてほしい。
来世で、できなかったことたくさんかなえてほしい。


私も、悲しみを全て拭いきったなんてことはないけれど
一応、区切りをつけないと、いつまでも引きずっていても天国の叔父に怒られると思うし

悲しみは、もうここに置いて、
また明日から生きていかなきゃ。

自分の父と母に、なんとか長生きしてほしいなと
そして早く親孝行できるようにならなきゃと
思ってます。

旅立ち 

June 01 [Mon], 2009, 23:50
昨日。
叔父が天国へ旅立ちました。
あまりにも早い旅立ちだったと思います。

旅立つ前に何を言い残したんだろう。
言い残すこともなく、逝ってしまったのだろうか。

7ヶ月前のじいちゃんの納骨の後の食事の席での写真。
私が撮った写真。これが思い出の写真として使用されると思う。
全然ふっくらしてるし、全然元気にみえた。
私が京都へ戻るとき、うちの親と一緒に空港まで送ってくれた。
あれが、最期だった。私が会った、最期の姿。

未だに亡くなった事実を受け止めきれていない。
今までもずっと遠いところに住んでいたせいもあるのかもしれない。
でも。半年ちょっと前、普通に私の名前を呼んでいた人が。
たった半年そこらで、旅立ってしまった。
事故じゃない。病気。
末期がん・・・本当にそこまで悪化してたなんて。
知ったのはこの春だった。
胃を全摘出したことを知った時。
それでも。手術して、なんとか大丈夫だろうと。思っていたのに。

仕事に明け暮れ看病しなかったおばが悪いのか。
自分にはそう思えるところも若干あることは否めない。
しかし、その状況を私はそこまで知らないから。あまりごちゃごちゃと文句や恨み節を言っても
仕方がないのかもしれない。

けれど、どうしてこんなに発見が遅くなったのか。
もっと早く検査受けていれば・・・

手術でせっかく元気になったのに。
家で食べられずに衰えていったところから、もう最期が近づいていたんだろう・・・
けど・・・栄養送り込む器具を入れる手術もしたのに。
医者がギブアップするなんて・・・
終末医療しかないなんて・・・
本人がもうあきらめるしかないなんて。

悔しい。
叔父は、無念じゃなかっただろうか。
まだ私より年下の子供3人、結婚する姿も見ないままに、
一番下は大学卒業すら見送ることができずに

悲しいよ。
やっぱりちょっとでも血がつながってると
そんなに好きとも思ってなかったけど、辛い。
当たり前にいた人が、いなくなってしまうなんて・・・


早く私はこの事実を受け止めて、消化しなければ。
消化、しなきゃ・・・。


余命 

May 16 [Sat], 2009, 23:07
今映画もやってるけど…(ただ私は話ちゃんと読んだことないのだけど)

なんて残酷なんやろうと思う。

叔父が余命一ヶ月だなんて誰が信じられるというのか
手術したじゃないか
栄養とれるように身体に器具いれたじゃないか
医者何してんねや
妻はなんで看護しないんや
なんなんや
なんでなんや

信じたくないです。
というよりそんな余命とかぶっ飛ばして生きてほしいです。
本人は医者から聞いて知ってるけどどう思っているのか
私は祖父の四十九日に会ってから会っていないけど
会わないと後悔しそうででも会って何を話せばいいのか会ったら泣いてしまいそうで

正直叔父のことあまり好きではなかった、けど小学生の頃とかすごく世話になって
田舎の川に川遊びに連れてってもらって
三川のプールにも行って遊んだな
昔は旅行してペンション泊まったりした

じいちゃんの四十九日で私の彼氏のこと根掘り葉掘り聞こうとして、もうって思ったりした

あんときはガンだなんて知らなかった

なんでこんなことに…
本人が早く病院行っていたらよかったのだろうけど

なんでなの
この運命変えてください神様

あまりにも非情すぎる

あまりにも


お願いします神様
まだ叔父を連れていかないで
従兄弟は私より年下やよ
一番下はまだ大学生だよ
あの子が小さいときは叔父にべったりやったな
ほんまお父さん子やった

神様神様神様
お願い
まだ早すぎるよ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆき
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2009.06.02.更新

ゆきです。
色々と頑張りながらエセ関西人やってます(?)
読書・音楽鑑賞・インターネットが趣味かな。
倖田來未、中川翔子の大ファンです。
あとリラックマが大好きです。
いろんなことに興味あります。
自己研鑽に日々励んでます。
基本ダラダラでネガティブだけど
貪欲に生きたいお!!
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像ゆき
» よみがえる悪夢。 (2008年06月08日)
アイコン画像早緑 彩水
» よみがえる悪夢。 (2008年05月28日)
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/piu274piu/index1_0.rdf