末永の間宮

August 12 [Fri], 2016, 18:45
総合介護施設から介護施設まで介護士は様々な場所で求人がありますが、介護施設外の介護士の仕事場として保育園がある事をご存知ですか?こうした保育園を職場にするとなると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある介護士であれば、理想的な職場だと思います。


ちなみに、どういった仕事かというと子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。介護士の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。

日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。そして、病棟勤務とは違って、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、人気のある診療科や医師のいるところではたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や介護施設によってもかなり違ってくるでしょう。



患者という立場から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる介護士は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も珍しくないのです。

介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。貴重な人材である介護士が必要とされている場は介護施設以外にもあります。


どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも特に介護士は重宝されているのです。
グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。

介護の分野に関心があるという介護士は、職場としてグループホームを選ぶということも前向きに考えていいのではないでしょうか。
交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来の診療は土日は休みですから介護士も一緒に休みとなるのです。何か不測の事態による緊急の出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は休める、と考えてもよさそうです。



それから個人経営の介護施設で、入院施設のないところなら、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。

少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護の仕事を行う人々というのはまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。

したがって、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。



毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一つの理由といえるでしょう。



現在、私は介護施設事務として働いています。



普通は仕事中に介護士さんとの接点はありませんが、どの方もいつもせわしなく働かれています。
夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。

でも、私が思ったよりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、介護士さんの中で、子連れで来ている方が結構たくさんいたんですよ。先生方も歓迎ムードで、温かい雰囲気でした。介護士の勉強をするための学校には広く知られているとは思いますが、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。



学習内容にそう変わりはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。そして、専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということと実習をすることに重きを置いているのでそういった経験を生かして即戦力になれるというところです。

新卒、もしくは、既卒の方が介護士の働き口を探してみても見つからずに失敗が続くという場合、年齢が原因になっている可能性があります。

一般的に、求人には年齢についての制限を載せていない場合も、場合によっては、介護施設が内実に採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。中でも、30歳以上で未経験の場合、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。
介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。



介護士の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。今、働いている仕事場ではハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。介護士として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。
ハードな通常業務だけでなく、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。
とはいえ、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。
少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。介護士はさながら女優だなと感じます。それだけではないにしろ、介護士を志望するモチベーションの一つとしてよくいわれる動機の一つに収入が高いという点があります。


働き始めて最初の給料を鑑みても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高収入といえるでしょう。

しかし、そうやって高いお金をもらって働くということは、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。多くの場合、介護士としてたくさんの経験をしていると出世していきます。
階級として、婦長などは比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、また別に主任などの役職があるのです。
いまは、学生やパートの介護士が珍しくありませんので、資格を持った正介護士という地位も役職的には上の立場になるわけです。

当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。病棟勤務と外来勤務では、介護士の作業内容はまったく違ってくるものです。
という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、転職して別の介護施設で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、考慮され、それを活かせるポジションにつくことができるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、まず間違いなく、病棟で働くことになります。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。

介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により夜勤勤務に従事することになるはずです。なくてはならない夜勤業務ですが、現場から医師や介護士も減ってしまいますし、夜中の少人数体制の中で患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。

そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、大体いつも、日勤より多くなるようです。

もし介護士として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば介護士が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。それから、薬についてですが介護施設で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、軽く考えない方が良いでしょう。立ち仕事や夜勤シフトなど、介護士の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。

自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。
収入面において、介護士という仕事は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。責任の重い、介護現場を職場にしていることに加え、夜勤や残業が多く、それに対する手当をきっちりもらえるから、ということです。
どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか進んで残業をたくさんするといった介護士の場合、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りを行なうことにしている介護施設は多いです。
要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、看護の業務に必要な諸々についてこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて説明を行います。患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。申し送りは、素早くスムーズに行うことも重要な点になるでしょう。

休みを自由にとれて、希望に沿った仕事を多くの中から選べるのが派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。



勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、今現在、仕事を探している人は派遣で働いてみることも一応考えてみながら職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。介護士にとってやはり辞職を考えることも何度もあるでしょう。 仕事上のミスや、患者さんとのトラブルなどもあるのです。

しかし、やりがいがあると感じることも多くあります。

時に厳しく、時に優しい諸先輩方。

さまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。介護士さんとお医者さん。

大きく異なっている点があります。大きく言うと、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬を処方することが仕事とされています。
そして介護士については、医師の指導の下、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、どこで働いているかによって、大きく額が異なります。
個人介護施設、大学介護施設、公立介護施設など勤め先はいろいろあります。

退職時につく手当、退職金はどうかというと、地方公共団体などにより開設された公立介護施設、または国立介護施設であるなら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。

個人介護施設はどうなっているかというと、個々の介護施設によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。


公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。

他はそうとも言えない、ということになるでしょう。介護施設が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師不足や介護士不足への対応が急務となっています。



日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら勤務先によっては、急患にも対応する等、介護士のほとんどがかなりの重労働をこなしているといわれています。男性介護士の割合も増加しているのですが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスにやられてしまったり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる介護士も多いという事実は理解できる話です。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで介護士の仕事は大変ハードでも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、きちんと次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。
伝言程度で終わるケースも多いとはいうものの、病状や処置に関する情報については重い責任の仕事だと言えます。もし転職される場合には、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、注意すべきことがあります。


それは何かと言いますと、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をいかに書くかです。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術や知識を学べるといった理由や過去の経験を生かせそうだからというような、やる気に満ちたような内容がいいと思います。資格取得の難しさですが、介護士資格の場合はどれほどの難しさなのでしょうか。
調べてみると、介護士国家試験の合格率は90%近くが毎年合格できているようです。



内容も学校でちゃんと学習していた人であれば合格できますので、これといって取得が難関な資格という訳でもないようです。介護士と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均収入ならはっきりと、介護士の方が額は大きいのです。
介護や福祉関係の機関では、介護士不足に泣いているところも多くいつでも人手を求めている、という事情により、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの点も、人気職である所以かもしれません。



収入が良いのは事実ですが、その一方で、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。
我が国の法律で、介護士はどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。

基本的には介護行為を行うということは認可されていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、切迫した状態では、介護士の経験や知識にもよりますが、若干の介護的行為は認めるべきだと思っています。

仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、介護士で多いものは、職場における対人関係や交代制による不規則な勤務形態があります。やはり、女性が多い職場ともなると、人間関係のもめごとが多い職場も少なくありません。
また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。


自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境の良い職場で働くのも選択肢に入れておきましょう。

同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。

その時給ですがこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが普通のようです。パートの仕事の割には良い時給なのかもしれません。

しかし、専門職である人命に関わる介護士であり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、あまり良い時給ではないのかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rika
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pit5doesanmpk2/index1_0.rdf