せちがらい世の中だ。 

August 24 [Wed], 2005, 7:24
ぴしゃろ☆だ。

泥棒がはいるので、城の中を夜中に見回りしている・・・・・・・・・・。



ん?なんだその眼は・・・・!!!

何を着て、寝ていてもいいだろうが!

不本意だが、これも中の人の趣味だから仕方がないのだ(イライラ
ええい、じろじろ見るな!!失礼な!(怒




・・・・・なぜまた泥棒が入るのだ!?

ーーーーーーーーしかも2回も!!!

ウルサイ!鍵もちゃんと閉めておるわ!

くっ〜〜〜〜〜〜泥棒め〜〜〜〜〜〜〜〜っ呪い殺してやる!(激怒)

私が恋しい人にプレゼントするように買ってあった物を・・・許せん!!!


フハハハハハハハひとくいばこや、ミミックを仕掛けておいてやる。蓋を開けて
死ぬがいい泥棒め!


それから中の人がじゃんけんにはまってしまったらしく、つい勝負を挑んでいるようだ。

は?金を貯めてアイテムを買いたいだと?
・・・・下らん。

そんなものを買うヒマがあったら
私にちゃんとした服を用意しろ馬鹿者め(怒

>(中の人;そんなに怒らなくても・・・。ネグリジェだっていいと思うけど・・・笑)

それから募金をされられたり、税金をとられたりだの・・・・Gが貯まらないではないか!(怒

新しい恋 

August 23 [Tue], 2005, 19:59
ですぴさろ殿に媚薬のせいで、恋が再燃してしまったぴしゃろ☆です。



今日も朝から,ですぴさろ殿にアタック。
ビガントアーマーをプレゼント。似合うと思ったのだが。

・・・・・またふられてしまう。

!!!何がいけないというのだ(怒)私が子供だからか!?

この私が二度も同じ人物からふられるなどと・・・・!

くっ・・・これもあの荒くれのせいだ!!!!
アヤツが無理に媚薬を飲ませるから・・・・本当に不愉快だ。
呪ってやるから覚えておくがいい!!荒くれめ!


しかし、溜め息がでてしまう。やはりショックだ。

ですぴさろ殿のような、大人になりたい・・・。


ぼんやりと酒場へ行ってみた。失恋の痛手は酒でも飲まないとやっていられない・・
そんな気分だ。


そこには、やたら目立つ赤色の服を来た人間がポーカーなどと
いうものに興じていた。

綺麗な銀髪の持ち主だ・・・目はまるで空のように青く澄んでいる。

ん?なんだと?(怒)人間ごときに見とれてなどおらぬ!!!(怒


目があった・・・・。

「やあ?見かけない顔だね。君って、とても綺麗な赤い瞳をしているね。
オレ、赤い色って好きなんだよなー。」

た・・・ただ、単に社交辞令だ!何をドギマギしているのか私は!!!

私はあわてて店を飛び出してしまった。
だが、店の外へでても、あの赤い色が頭にちらつく・・・・・。

この胸の高鳴り・・・人間ごときにまた!?馬鹿な・・・・!!

にゃんこククール、貴様に私を受け止められるか?
私は刃の鎧をプレゼントした。


ところで、今日も泥棒が入った。

一度ならずも二度までも(怒)今度来たら、息の根を止めてやる・・・!!

鍵をかけ忘れたのではないかだと?う・・・うるさい!!!馬鹿にするか貴様!!!!
中の人;(なんかほっとけない所があるっていうか・・ぴしゃろ☆・・・・こんな調子で大丈夫なのか??)

初めての・・・ 

August 22 [Mon], 2005, 15:31
ぴしゃろ☆だ。中の人が描くのが遅いため、たまにしかブログをつけられない日もあるようだ。始めて早々にそんな事を言うなら最初からヤメロ!!(怒

・・・・・ふん・・・・・・・まあいいだろう。今日のことは私にも少々ショックだったので聞いてもらいたい事でもある。


朝からしつこく言い寄ってくる 男勇者@3をふってやった。その後、どうした事かグレン@弟子にふられてしまった・・・。

グレン@弟子め!!!人間の分際でいい度胸をしているではないか!?(怒>(中の人;「賢者の弟子なんだから、そんなお堅い職業の人に、毛なんかプレゼントするからですよ・・・。」)

カリスマぱふぱふ屋に昇格。まあ当然のスピードだろう。心機一転して、転職してやろうではないか・・・・は?中の人の趣味でまた変なものに・・・(怒(中の人;妖精の女王ならいいかと思ったのにー)


怒りながら退職金をふんだくると職場を後にし、町にでると通りすがりの荒くれがなにやら寄ってきた。
私に気があるらしいが、悪いがこちらにも選ぶ権利はある。

早々に立ち去ろうとしたが、いきなり荒くれが私の手をつかんだ。


「その汚い手を離せ・・・貴様!!」

案外力が強い。何か瓶を持っているようだ。酔っ払っているのか?

「オイ・・何をするっ ―――っや、 イヤ・・・やめ・・・っ  ぐ・・・ごほっ!!」

力ずくで無理やり私に、媚薬を飲ませたのだ。何なのだいったい!?
私は三歳でまだ色々知らない事ばかりなのだ。もっと優しくしてほしい。

とたんに体中の血が逆流したような感覚に襲われる。息がつまるような
・・・・・胸が苦しい・・・・体が熱い・・・・・これが媚薬の味?

私はまたですぴさろに恋してしまった。

くそっ荒くれめ!!!今度見かけたらタダでは置かぬはっ!

続きは追記に↓↓

好きになったら? 

August 21 [Sun], 2005, 16:50
この世界では、好きになったら、やはりプレゼントを贈るものらしい。

グレン@弟子 なかなか目をひく人間もいるものだ。私はプレゼントを贈ることにした。

(中の人; でも 「毛」 は  どうか と・・・  思 ・・・・!!!)



は?どこの毛かだと???そんな事を貴様らに聞かせる理由などない!!(怒

しつこく店に男勇者@3さんが通ってくる。上得意様?くだらない・・・・私には今、他に好きな人がいるのだ。 

このプレゼントの中身をみたら、私がいかに本気なのかわかってもらえただろう(笑

ぱふぱふは男の夢だから 

August 20 [Sat], 2005, 16:07
ぴしゃろ☆だ。ぱふぱふ屋は不本意だが、私に向いているのか?昇格が早い。



だが断じて、この職業のままではおらぬから(怒>そんな怒らなくても・・・・(中の人)

男勇者@3というヤツが店にきた。まあ仕事だからな、どんなものがきても相手をしなければならぬ。

人間の分際で、私に熱い視線をおくってくる・・・まあぴしゃろ☆が魅力があるからなのは仕方がないが、そのせいで・・えィと*は気にいらぬようだ。

仕事をやめろと言ってきた。昇格したばかりの私は、(断じてこの仕事がいいわけではないが!)聞く耳を持たなかったため喧嘩に・・・。そんなヤツは私からお断りだ!!!

すぐに別れてしまった・・・・・・・・・な、泣いてなどおらぬは!!!!(涙目

くっ・・・・・やはり人間など・・・・・こんな時は同族の者がいいのではないだろうか?

ですぴさろ・・・イヤ、別に自分に似ているから素敵だと思ったわけではないが!!



・・たった一度熱視線を送っただけなのに、速攻でふることはないのではないか!?

余裕のある大人の振る舞いだった・・・・ぴしゃろ☆が、まだ子供だから?
風のように去っていった・・・。2歳の私にはまだわからないことばかりだ。

この世界に生まれた。 

August 19 [Fri], 2005, 14:55
  はじめまして・・ぴしゃろ☆だ。この世界は初めてだ。宜しく頼む。


中の人が私を受け属性にしたようだが!?そんな事には負けぬ。
ブログをつけたいということらしいが。まったく困ったヤツだ。

最初の職業は中の人の趣味で・・・・「ぱふぱふ屋」・・・・?(怒)イラッ

そんな生まれたばかりの私だが、外へでたとたん、ある男に恋をしてしまった。
えィと*などという人間だ。

人間に心を奪われるだと?考えられん!!
しかし私は自分でも気がつかないうちに、レイピアをその手に押し付けていた。

ぶしつけな告白だったと思う。だがえィと*は、黒い瞳でじっと私をみて
くれた。なんだ?なぜ胸がドキドキとするのだ??

生まれてまもなく男と付き合うなどと・・我ながら早熟かもしれぬ。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pisyarogogo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる