〜この人の話を聞きたい〜【その1:ラース・フォントリアー】 

March 23 [Thu], 2006, 13:20
--この映画についてですが、すばらしい映画です。でも奴隷制度や人種差別がテーマの映画を作ろうと思われたのは、どうしてだったのでしょうか?
『ドッグヴィル』から始まる3部作を計画したが、それはアメリカの少し下層階級を描くものだった。もちろんそこで黒人社会を避けて通ることはできない

-この映画を作ることに恐れはなかったですか?アメリカ人の反応とか、批判といったことに恐れは感じませんでしたか?
 
それはないね。みんな僕がアメリカに行ったことがないのは知っているし、この映画は僕自身が持つたくさんの情報を基にしたものだ。それに正直なところ、これは僕が政治的なことをどう捉えているか、僕の概念を描いたものだ。だから間違っている可能性もある。でもそれが僕の映画の作り方なんだ。批判されることを心配すべきではないだろう。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの結婚式、ひとまずうわさに終わる 

March 23 [Thu], 2006, 13:18
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、イタリアのコモ湖で週末に結婚式を挙げるとうわさが流れ、コモ湖のあるチェルノッビオ市では、シモーナ・サラディーニ市長が準備に駆け巡ったが、結局、それらしい式は行われなかった。サラディーニ市長は、「土曜に十分な警備の準備をしておくよう」言われたということだが、誰からの指示であったかは明らかにしていない。サラディーニ市長は、ピットとジョリーの友人であるジョージ・クルーニーのヴィラがある地域にも、警察と警備会社によるセキュリティを増やすよう指示。自身も土曜の午前中に美容院へ出かけ準備したそうだが、夕方になっても結婚式らしきものは見当たらず、「長い一日だったわ」と語ったそう。[3月18日 チェルノッビオ]

トム・グリーン、波に打ちつけられて肋骨を骨折 

March 23 [Thu], 2006, 13:17
中米で休暇を過ごしていたドリュー・バリモアの元夫でコメディアンのトム・グリーンが、高波にさらわれた後、岩場に打ちつけられ、肋骨を2本骨折し入院する騒ぎがあった。34歳のグリーンは、釣りをしようと岩場に登ったところ、壁のような波が襲ってきたという。グリーンは「波に身を預ければ大丈夫かもと思って、波の方に体を傾けたんだけど、貨物列車にはねられるような衝撃だった。その後、岩に打ちつけられて、骨が折れる音が聞こえたよ」と恐怖体験を語った。グリーンは2001年に『グレディのワイセツな関係』でラジー賞を受賞。最近では、『クール・ボーダーズ』に出演している。 

ヒュー・ジャックマン、スタントマンにふんする? 

March 23 [Thu], 2006, 13:16
ヒュー・ジャックマンが、ユニヴァーサル・ピクチャーズの『ドライブ』(原題)でスタントマンにふんするかもしれない。同作は、ジェイムズ・サリスの同名小説の映画化で、昼間はスタントマンの仕事をしながら、夜は強盗のドライバー役として犯罪に加担している男を主人公にしたハードボイルド・ミステリーだ。

『シン・シティ』続編、アンジェリーナ・ジョリー待ち 

March 23 [Thu], 2006, 13:15
『シン・シティ』の続編の制作が、新キャストに迎えるアンジェリーナ・ジョリーが出産を終えるまで延期されることになった。これは、ジョリーとぜひ仕事をしたいというロバート・ロドリゲス監督の意向によるもの。前作に続きゲイル役を演じるロザリオ・ドーソンは「ロバートはアンジェリーナをぜひ主演にと考えていて、制作が延期になったの。彼女は今まさに妊娠中だから、延期は仕方がないわね」と語っている。

「FBI 失踪者を追え!」に363万ドルの罰金 

March 23 [Thu], 2006, 13:13
米連邦通信委員会が、たまっていた約30万件の視聴者からの苦情処理を行い、人気ドラマ「FBI 失踪者を追え!」もその厳しい放送規定の犠牲となった。苦情が寄せられ、罰金を科せられたのは、2004年12月に放送されたエピソード。ティーンエイジャーが乱交パーティをしている様子が映し出され、それがストーリーとなる事件の背景となっていたが、子供たちの性的行動が露骨過ぎると判断されたようだ。放送局のCBSは、「このエピソードはTV14として放送されており、保護者がVチップを設定していれば視聴を制限することはできた。また、このストーリーは社会的に意味のあるもので、保護者の監督責任を促すものでもあった」と、連邦通信委員会の罰金に反論している。363万ドルの罰金は、同番組を放送している計111局で分担して支払われるという。

「ウィル&グレイス」のスピンオフはお蔵入り? 

March 23 [Thu], 2006, 12:52
今シーズン限りで放送が終了する「ふたりは友達?ウィル&グレイス」のスピンオフ番組は実現が難しくなったようだ。エミー賞を受賞したショーン・ヘイズ演じるジャックを主人公とした番組が昨年から計画されていたが、ヘイズ本人のやる気が無くなってしまったよう。人気コメディ「フレンズ」のスピンオフ「ジョーイ」の視聴率があまりにも低いのを見て、自分も同じ運命をたどるかもしれないと思ったらしい。プロデューサーたちは現在、映画版の「ウィル&グレイス」の製作の打ち合わせに入っているという。

「イーオン・フラックス」 

March 22 [Wed], 2006, 12:54
才媛にしてSF好きのプロデューサー、ゲイル・アン・ハードが「ターミネーター」以来、この20年ほどに手掛けてきた作品はどれも、出来不出来はあっても必ず、ファンの心をくすぐるアイデアが盛り込まれており、MTV曲の人気アニメ・シリーズを実写化したこの作品も例外ではない。

 近未来、新種のウィルスによるバイオハザードで人類の99%が死滅するが、ワクチンで生き延びた500万の人々とその末裔は、城塞都市の中で、400年の楽園暮らしを送ってきた。だが反面、そこは厳重な管理社会で、レジスタンスの戦士イーオン・フラックスは、圧制を強いる君主暗殺の密命を受ける……。

 そんな定石的設定ながら、見所はまず、未来の科学技術がよくあるハイテク・ガジェットに向かうのではなく、バイオ・テクノロジー中心になっており、ここにアイデアと新味がありニヤリとさせられる。一方、未来世界構築のビジョンは魅力に欠けるが、それを補ってあまりあるのが5パターンほどあるシャーリーズ・セロンの大満足の悩殺コスチューム。「ガールファイト」の女性監督らしい、ヒロイン・アクションが楽しめるB級SFとして及第点はクリアしている。

「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」 

March 22 [Wed], 2006, 12:52
アードマンとドリームワークスの第1弾「チキンラン」がちょっと大味な印象だったこともあり、シリーズのファンとしては心配もあった。短編が感じさせてくれたあの味わいが、どうなるのか? しかし、そんな心配は吹き飛んだ。やはりニック・パークの作品への愛情は尋常ではなかった!

 まずは冒頭でおとぼけ発明家、ウォレス&しっかり者の愛犬グルミットの歴史を写真でたどり(ウォレスにも昔は髪があった!)、奇想天外な発明品に彩られた日常生活が。そうそう、この味! と、ここで一気に幸せ気分。のほほんとしたテンポ、アナログな手作り感、英国的なユーモアもしっかり健在だ。そしてこの味わいは、害ウサギ駆除から大活劇へとダイナミックに展開する間もそがれない。もちろん、キャラクター・コメディとしての面白さは最高。表情豊かなグルミットが見せるウォレスへの愛にはじーんとさせられちゃうし。悪役キャラは少々ベタだが、ヒットはウサギ! ブタっ鼻で思いっきりブサイクなこいつらが醸し出すおかしさ、もう絶妙!

 原題は「ウサギ男の呪い」。話の大枠は「狼男」のパロディなのだ。ほかにも「キング・コング」や「サンダーバード」など、映画ファンならニンマリのお楽しみがいっぱい。大人も子供も夢中になれる傑作だ。

リュック・ベッソン監督最新作の映像を先行公開! 

March 22 [Wed], 2006, 12:45
「レオン」「ニキータ」などで人気のリュック・ベッソンが、「ジャンヌ・ダルク」(99)以来、6年ぶりにメガホンを取った監督10作目「アンジェラ」の特報映像が公開となった。日本ではeiga.comがその特報映像を先行入手。どこよりも早く、その映像を公開している(詳しくは「必見! 注目作特集」で)。
 「アンジェラ」は、パリを舞台に、人生を悲観してセーヌ河に身を投げようとしていた主人公の青年の前に、アンジェラと名乗る謎の美女が現れ、青年が生まれて初めての愛を抱くというラブ・ストーリー。「レオン」でナタリー・ポートマンを、「フィフス・エレメント」でミラ・ジョボビッチを映画界に送り出したベッソンが、今回のヒロイン“アンジェラ”に抜擢したのは、グッチ専属モデルなどで活躍するリー・ラスムッセン。タイトルロールを演じる彼女の存在にも注目の1作だ。「アンジェラ」は5月全国ロードショー。
最新コメント
アイコン画像sssss
» 「イーオン・フラックス」 (2006年03月27日)
アイコン画像ddddd
» 「イーオン・フラックス」 (2006年03月27日)
アイコン画像sふぁふぁsf
» あさのかきこみその2 (2006年03月27日)
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pistaccio
読者になる
Yapme!一覧
読者になる