映画:嗤う伊右衛門 

2006年09月19日(火) 23時26分
どぅわっふー!!!!!!(乱心

嗤う伊右衛門見たァァァァァァ!!!
お岩さぶぁ・・・!伊右衛門さぶぅわぁぁぁ!!


やーべぇ、アレ原作に近い、なんてもんじゃないよ。
原作そのまんまです!
想像以上のクオリティ…!
役者も演技もオケー!!
私から言うことなんてありません!

本当に小雪のお岩様は最高じゃった。
伊右衛門様も良かった!映像なだけあって、原作でよくわかんなかった所もしっかりはっきりとして・・・
ラストの感動がハンパじゃなかったよ!
もぅ・・・愛だ。純愛だよぉぉお・・・(涙

又市さん、あれが本当だとオモ。
あれ見た後に「怪」版とか、ちゃんちゃら可笑しいやぁね。
伊右衛門の又市さんは、あれでよかった。
あれが良かった!

実に。
『嗤う伊右衛門』は素晴らしい作品だと思いやした。

先生どうにかしてください 

2006年09月17日(日) 9時37分

日程。
ゲーセン→カラオケ→飯

道中何度も、「僕は別に好きでも嫌いでもない(むしろ無関心なんだって)」
「つか僕と居てもつまんなくね?(僕がつまんないんだけど)」
「なんで地元のコで妥協しないのさ(ホントなんで僕!?)」
「悪いけど君が報われる確率目茶苦茶低いんだよ?(真実です)」

とか言ってみたんですが。のらりくらりとかわされて。

「日暮が俺を断んなかったのは、きっと俺を30%くらいは好きだからなんだって!」(いや断り方が分からなかった)(つか面倒臭かったからよ)
「いつか絶対好きになるからさ」(いつかっていつさ!)
「次はいつ会おうか?(あきらめなさいて)」


…なんで「じゃあお友達ということで」に落ち着かないんだよ…!
相手を傷つけずに断る方法ないんかなぁorz

うふふ。 

2006年09月16日(土) 19時54分
オンモですよう。
なんか嬉しくて取っちゃった。

邪魅そろそろ…v

先生初デートです 

2006年09月16日(土) 11時40分
デートとか自分で言って吐き気覚えます

ちょこび 

2006年09月15日(金) 10時47分

こんなんあったwwちなみに99。


一か月振りに勉強した。
やってらんねorz基礎栄養学無理ぼ(´Д`)

先生ェッ!助けてください!! 

2006年09月14日(木) 23時04分
日暮の彼氏とか言う人のメール見てると、本当トリハダ立つんですが・・・!

あー・・・。16日にこちらの地元で会おうと仰るんですよ。
わざわざ来てくださるんですって。東京から
馬鹿じゃないのか・・・。
大体日暮、負い目感じる人間関係とか大嫌いなんですよね。
わざわざ東京から来るっつったら申し訳ないじゃないですか。=こちらに−。
ああむかつく。

いけないいけない。
メールの内容でしたね。

曰く。

16日はたまたまバイト空いてたから、まあ遊べますよ
→「それは俺らが会うために空いたんだね!必然だよ☆(^0^)/」

「あさっての天気はなんだろう??」
→16日は曇りのち雨らしいですよ
→「でも、きっと晴れる。」
何その確証・・・・

一例ですが。

日暮は男に対してかなーりシビアなんで。
付き合ったこともなくせに。
なんかもう、臓腑がムズムズして仕方がありません。 

あれだ・・・もう16日ABCでもなんでもしていいから、どこかへ行ってくれ。
僕を気にかけないでくれ頼むよもう・・・

七人みさき 2 

2006年09月13日(水) 22時34分
サテ、飛びに飛んで、仕掛け決行の晩。

え…又市さんその装束とか。
必殺仕掛人?WWW
真っ白な笠、裃袴とかも全部。上から下まで白尽くめの又市さんキタ!
むしろ


『祟ろう!祟ろうォゥ!!』

アンタお化け!?

『そう死人が申しております』

吃驚するわ!今夜中だぞ?!ご家老魂消るわ!

それから奴には霊が見えるだの、
陰陽の気がどうしたの、
お城に災いがどうしたの、

これめっちゃ騙りだ騙り!
詐欺!?詐欺!?もういっそ壺売れるわ!
まんまと騙される家老!ああもういつの時代だって老人が標的になるんだから
(しっかりして日暮さん)

さらに詐欺師小股潜りの口八丁は続きます。

『殿の命は今宵限りかと』
Σ!

『もう遅い』
Σ!!

『・・・やもしれません』
Σ?!

『間に合うかどうかは別として』
Σうぉおおい?!!!!!!ハッキリしろィ!wwww

そして城下、地下牢。
閉じ込められている右近らを助けようとして、殿の側近(あのホモ)が降りてきます。
しかし案の定見つかるホモ。

『すでに貴様は余なしでは耐えられぬ躯』
『憎いか?己の敵にその身を弄ばれて』


ううわ、何この安いホモビデオ
しかしこのホモは、楓御前の弟だという。
まじ!?弟!?
やめてよそういう妙な小細工!
そしてホモホモホモうぜえ!このネクロフィリアが!!

まあその後、
楓御前の幽霊が出たり
ご家老が牢の入り口に札貼ったり
白菊と桔梗が薙刀持ってみたり
色々あるわけです。

フト思ったんだが、結構殿の演技好きかもしれない。
『望まれた生ではなかった』『何故生ませた』云々(うろ)の所はなかなかいい味かと。
だがホモはいただけぬ

白菊か桔梗(区別つかん)VS小右衛門さん(花火師ver.)
この衣装はなかなかカコ良かったv
『この小右衛門火は消せぬ!』
・・・天火、かぁ・・・(遠い目

何故か木の間をすり抜けて、衣装早着替えな必殺仕掛け人
真っ黒・真っ白
どっちの衣装も似合うな又市さん!!!やべえ惚れる!分けわかんないけど!!

勿論そんな妖しさ満点☆な仕掛け人に侍たちが寄ってきます。
そこで「チリーン・チリリーン・・・・」
なんかシンナー中毒みてえになった侍たちが、又市さん目掛けて押し寄せる!
あ、分かった。
貴様ら又市さんの色気に酔ったんだな?!そうだろコノヤロー!!(日暮さん落ち着きなさい
ババッ!
と空中にお札を投げ、ベチベチと侍の額に貼っていく仕掛け人
かっこいい、けれど。
・・・シンナー中毒者みてえにするより眠らせたほうが良かったんじゃねえ?
そうまでして見せ場を作りたい、ミーハー御行が可愛い。
その格好もやり方も御行じゃねえけどな!!!

次は桔梗か白菊VSおぎん。
あのさァ・・・おぎんちゃん。
無理すんな!
無理して人形で戦うなよ…
それで倒しちゃうって何ごとよ…
一体おぎんさんは何者かますます分からなくなりました;;
でも人形か鬼から人形に戻る仕掛けは好き。

戦い終わったおぎんさんの元に、何故か登場する仕掛け人ことミーハー御行又市
チリリリーン・・・・
おぎんさんの耳元で例の鈴を鳴らします。
ハァ?!!!
なんでおぎんちゃんに鈴!?
催眠術!?なんで!?!?
つかこぇぇよおぎんちゃん・・瞳孔開いてマス;;

地下牢に響き渡る鈴の音。
チリリーン・・・
『御行為奉!!!』
殿『馬鹿にするのもいい加減にせい!』

全くです。

まあいいや、そんな人を馬鹿にしたような仕掛けは続きます。

突如出現した箱。その中に女が。

箱…
人…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ほぅ」!?!?!?
(話が違います日暮さん)

よく分からず。
取りあえず、御行完了らしいです。

この後何故か 小右衛門VSご家老

それは老人火だろうと。
まあ互いに斬ったり突かれたりして絶命。
川に浮かぶ小右衛門さんの死体を白い手がズブズブと沈めます。
何だこの心霊現象・・・

色々ありましたが、又市さんが去ってゆくED。
何で微妙に英語の曲なんだ…!!!!

日暮、いろんな意味で泣きたくなりましたorz
つくづく、原作とは別物として見なければならぬようです

七人みさき 1 

2006年09月13日(水) 21時16分
前回は不注意で消してしまいやしたが今度は大丈夫!何せ携帯から書いておりますからね!!

サテ日暮のことです、面倒臭い場面は流しておりやすが、感想文です。


まず、何処とも知らぬ道を歩いておられる又市さん。そこへ現れる百姓の如き身なりの男達。又市さんに文を渡します。
アルェ!?文を渡されるのは先生じゃなかったっけ!?!?
ってか、又市さん頭!黒い!行者包みが黒い!ヒィ!?動揺する日暮。
百姓どもを襲ってきた侍。ばったばったと斬り倒し(その割に血は出やせんねェ)今度は又市さんを狙います。
そこへ助けに現れる侍!右近さんです。
…ってこれ、船幽霊の最初ジャマイカ!?アルェ!?

場面変わって今度は町中。
…ッ夏彦ー!?!?京極亭、〆切って…ナニ演ってんのあんた…。再度動揺する日暮。
次に貸本屋平八を従え、先生こと百介さん登場。裾が全く萌えないレベルに短いorz
この先生なんか…強気っつか泰然としてる。淡々というか…。
しかも無残絵大丈夫なんだ!?あぁん可愛くない…

ふと先生立ちが目をやると、街角に人形使のオネェさんが。彼女は「人形におみくじを引かせてそれで運勢を占う」などと宣ってます。売れねえよ!日暮魂のシャウト。
…ン、待てよ傀儡!?
お、おぎんさん?ホントにこんなんで生計立ててんの!?無理ー…無謀ー…。日暮、思わず涙。

今度は又市さんが先生の所へやってくるシーン!
…ナイス!先生のうれしそうなこと!!?ってか饅頭(最中?)食いながら「まぉたぅぃちさん」て可愛い…v

フト思ったんだが、又市さんなんか…
青いな(ドン)
そして良く見たら又市さんが持ってるの釈条じゃなくて普通の杖だ!わあ。

川遊びをする又市一行。
かわいーなぁ…。おぎんちゃんたら小娘みたい!
ここの又市さんは先生の話を聞いて仕掛けのインスピレーションを得ている様子。うぅむ…。複雑な日暮です。
七人みさきの説明in実写。
笑えます。成仏する音何!?アンパンマンみてぇ…(シャラリン☆って)

それにしても
先生おっさんくせぇな!(言っちゃった!)
むしろ又市さんより肝座ってらぁ。頭も良さそうな…

処変わってお城です。
バカ殿!?
朱雀!?白虎!?
お前らナニその髪の色ピンク!?!?
アレはないわorzなんだあの格好うわどうにかしてる…orz激しく落ち込む日暮。
ご家老かわいそう;何が悲しゅうてあんなエリマキトカゲなバカ殿に頭下げにゃならんのか。

おぎんさんが小右衛門さんを訪ねるシーン。
おわぁ…!ジジィスキーな日暮にあの小右衛門はいかんよ!好みすぎる!!!
こーえもんさん!!
かかかかこいい!!日暮も鼻血出します。

何故か古寺(?)でご飯な又市一行。
おぎんちゃんが炊事してる…似合わねぇ。
又市さんが大股開いて足拭いてる!!中見えねえかな!畜生無理だ!ちッ。
足拭いたくせに草鞋で上がってる!意味不明!!
あァ。
合点がいった。サービスシーンだなっ?!!!!
又市が話す間ずっと粥すすってる先生。
すこし可愛いじゃないか。
っつか又市さん飯食えて無いわwかわいそうw

外に何者かの気配。
いやに反応速度の良い先生。蝋燭を吹き消します。ってか手馴れてねぇか?!(ガビン
あれは又市さんに消して欲しかった;;

外にいたのは右近さん。
いつもあんな口を利いてる又市さんが右近さんに対して丁寧な口利いてるのが萌える。

んで、お城。
はーいホモホモホモ
レズレズレズ
DOだっていいよ、もう。
呆れ気味な日暮です。趣味じゃねえんだよ!

小右衛門とこに又市が来るシーン。
やっべえ萌える!
職人っぽい小右衛門さん素敵やし!
若造て!もえころされる!
うああ目付き厳しい又市さん
首筋にあてがわれる所が色っぽい…vv
結論:
小右衛門と又市はたまんないわ


怪―――七人みさき(失敗 

2006年09月10日(日) 0時36分
くすん。
畜生。

消えやがったァァァーーーーーー!!!!!!(号泣

もういいもん。又今度書き直すんだい。
あーん・・・(泣)

教訓:メモ帳にメモること。

嗤う伊右衞門 

2006年09月09日(土) 8時40分
読ッ破ァーーー!!!

後巷説百物語が見つからない間の手慰み…と思って読み始めたんですが、これがなんとも読ませる話!
京極センセは昭和を書かせても(妖怪シリーズ)江戸を書かせても(巷説シリーズ)天下一品でござんすな。きっと明治(後巷説)も素晴らしゅうございやしょう。

日暮は読んだ漫画や本なんかに口調が大きく左右される人間なんですが(うぜえ)今はご覧の通りの似非江戸弁でござい(無理があらあ)。

巷説シリーズで大活躍の又市サンの、若かりし頃のお話ィ!
読みどころを上げりゃあキリないが、日暮的トキメキメモリアルを数点。

○お岩様を口説き(違)にくる又市
〇お槙を口説く又市の口上
〇人情に厚い又市
〇お岩様と又市がくっつけばいんじゃね(待て)
〇お岩様と伊右衞門殿っ!
〇伊右衞門殿とお岩様っ!
〇そのもどかしい関係が…ッッッ(泣)
〇各章毎に配置された絵
〇最後はなんか妖怪尽くしに
〇「何故じゃ。何故伊右衞門は幸せにならぬ」なお岩様ァァァァア!!!!(号泣)
〇「俺が貰った」な伊右衞門殿ォォォオ!!!!(滝涙)
〇つか何気に伊右衞門殿の一人称が『俺』!
〇お岩様の口調と性格がもう…!
〇今より優しい又市。今より後手に回る又市。仕掛けが杜撰な又市。切ない又市。
〇自分の仕掛けが余計な事だったと後悔し落ち込む又市イィィィィィイイ!!!!
〇しかしそれを表情には出さないのであろう又市っっっっっ…!!
〇驚愕のラスト!!!!
〇なんかもう、愛じゃねえの!?ねえ!ものすごい真っ白な愛だよ!!すごいこういう人好きだよ!伊右衞門殿ァァァァア!(大泣)
〇はらはらはらはら…(涙)

…いかん。
誰が好きなのか丸分かりですな!(笑)ああそうですよ又市大好きにございますッ!悪いか!!(何)
でもでも。
お岩様と伊右衞門殿のすれ違いっ放しの、けれどお互いを愛しく思うその関係が!!!
二人とも目茶苦茶立派な方でした。外道な上司達が側に居たからそれが際立つね。
その立派な二人が…己の人生を手折ってでも相手に幸せになって欲しかったのに…(泣)(泣)(泣)
やっぱりお岩殿が飛び出して行くシーンが一番泣けた。痛いほどの気持ち…!
ラスト。
伊右衞門が最後、(恐らく)岩の骸を箱詰めにしたまま一年いたってのは…武家の妻に相応しい自分になってから添おう、と思ったんじゃあないかな。
簪…あれは岩のためのものだったわけだし。あの朴念仁の伊右衞門が簪贈るんだよ?やっぱり愛してたんだなあお岩様のこと。
なんて思うわけで。
そりゃ最後に出て来たキャラもはらはら泪しますわな!

お読みになるが良い『嗤う伊右衞門』。巷説シリーズ読者には又市が堪らないだろうし、初読の方にも大丈夫な話だから。

次の目標は…映画版伊右衞門!小雪がお岩って、どれだけ私のツボを心得ているのよォォォオ!?(´∀`*)
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pisapisa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる