知って得する家づくりの知恵

January 25 [Mon], 2016, 14:25
《方位と季節の日照時間の差を活用》

季節によって、壁の方位と太陽の可照時間の差を表示しておこう。

これをうまく活用し、夏涼しく、冬暖かい住まいになるように配置計画や開口部の取り方などに工夫してみてはどうだろうか。

たとえば、表から冬暖かくするために南面や南菓・南西面に大きな開口部をとって、太陽光ができるだけ室内に入るようにする。

夏涼しくするためには、夏の光の入り方を考慮にいれながら、南東・南西面を中心に日除け等の対策を立てるといったぐあい。


★壁の方位と可照時間

・壁の方位 夏至 春分・秋分 冬至
南面  7時間00分 12時間00分 9時間32分
南東・南西面 8時間04分 8時間00分 8時間06分
東・西面 7時間14分 6時間00分 4時間46分
北東・北西面 6時間24分 4時間00分 1時間26分
北面 3時間44分 0分 0分
P R