刑事/誘拐by本田靖春 

July 04 [Sat], 2009, 22:59
ちょっと前、渡辺謙さん主演のドラマ、刑事一代というのを見ました。
謙さんと、誘拐事件の犯人役の萩原聖人の演技がすばらしかったですねー。

萩原聖人はずるがしこくて、でも弱くて・・・という犯人像にぴったり・・・
といっては失礼でしょうか。
でもすばらしい演技だったと思います。

刑事宅に夜回りする某小泉さんは、刑事の家族・子どもに取り入ることはできているものの
ネタが取れていたのかについて気になった次第です。
平塚八兵衛さんがネタを彼にもらしていたのかどうか・・・
某さんは某Sの記者で、ドラマ原作者でもあり、
フツーなら劇中で何か手柄自慢でもしたいところではありそうで、
でもドラマの中ではせいぜい、ひとりだけウチの中にあげられたりして
子どもに勉強を教えていた場面などが描かれたりしたわけですけど、
その後はいかに・・・
などと気になってしまいました。

ともかく、
地取りはきめ細かく、という基本中の基本が
迷宮入りかと思われた事件の解決の端緒となっていくわけで、
落としで有名な刑事にとっても
基本が大事!情報が大事!
というのは含蓄深いものがありました。

で、いいドラマだったなーと余韻にひたりつつ、
当然のことながらもっと知りたい・・・
というように思っていたところ、
わが書棚に本田靖春さんの「誘拐」があることを思い出しました。

買ったのに読んでいない・・・な積ん読が多数なわけですけれども
これはいっちょ、読んでみようか!と思わせてくれるタイミング。

こういうことがあると、積ん読というのは意義深いものであることよ。
と思います。
貧弱ながらマイライブラリーがあるってすばらしい!

本田さんの「誘拐」は、犯人である小原保について非常によく取材されています。
生い立ち、家庭、そして誘拐の際の、犯人と親のやりとり、
現金受け渡しの際の警察の失態・・・。

ドラマでは描ききれなかったディテールが書かれており
非常に興味深かったですね。

とはいえ、八兵衛さんが小原を落とす際のやりとりについては
ドラマは非常に現実(と思われるもの。「誘拐」に書かれてある内容)に基づいていたんだなーとも思えました。

ドラマを見た以上に、犯罪に手を染めるまでに追いつめられた
小原保という、一面では弱者と言うこともできる人物に
同情とも共感ともいえそうでいえなさそうな・・・
罪を憎んで人を憎まず・・・的な
感情を寄せたのでした。

もちろん、だからといって誘拐という卑劣な犯罪が許される余地は、毛頭ありません。
蛇足ながら。

ドラマも、「誘拐」もすばらしかったです。
S記者の原作も読んでみたいと思いました。

愛をよむひと 

June 27 [Sat], 2009, 1:37
ケイト・ウィンスレットは、船が沈没した(アイドル映画の)ころから
ずいぶんたってアイドルから演技派女優に変わったことであるなーと
思いました。

お顔は美しいままなのだけれども
ドイツの中年女性な風な体つきだったり
色気がありそうで、なさそうな絶妙なかんじだったり
そんな具合が、結果的に生活感のある実存性の高い女性を演出していることであるな
と思ったしだいです。

そんな女性に偶然助けられ、恋愛関係に陥る男子は
いかにも青年男子な感じの健全な性欲がわかりやすく、一直線です。

次第にケイト様の過去があれこれわかってきて
法学部男子(のちには弁護士)の目線での深刻な葛藤が伝わるわけです。

しかしながら、
圧巻は、罪を犯したとされる当事者の諦念というのか・・・
たどりついた一つの結論です。


男は、人生の終末に、罪を犯した女に尋ねる。
改悛の情はいかに?と。

私がどう考えようが、どう反省しようが
死者はよみがえらない。

と、女は答えます。

これに男は打ちのめされる・・・というのか・・・驚きやらおののきやらを感じる。

そして、男が被害者であるユダヤ人女性に男が面会した時

カタルシスを与える気はない

と宣言され、
その上で・・・・・・・・。



うーん、わかりにくいレビューでありますが、
これは単なる恋愛映画ではなく、
人の生き死に、について重きを置いた映画であります。

加害者と被害者、ということにも重きを置いております。

恋愛うんぬん・・・というのは、
映画の営業的な粉飾であるような気がいたしました。

ちなみに、ドイツの映画なのに英語で会話が進むわけですけれども、
どうやらケイト様などはかなりドイツなまりな英語を話しております。

その辺の違和感がどうやら・・・という気持ちははわからないでもない気がするけれども
映画自体が伝えたいであろうテーマを鑑みると
別に英語だからといってマイナスな感じはしないです。

なんだかわかりにくいですけれども、
いろいろ考えた果てに、
重いテーマは立ちはだかっているものの

やっぱり考えてみると、そして最後まで見てみると
わかりにくいとはいえ、
やはり、とっても純粋な恋愛映画であったわーと

冷静になるとわかる仕様であるような映画です。

つまり、底が浅い、お涙ちょうだいな映画とはひと味ちがいますよ!
ということであります。

赤壁とスラム長者犬 

June 08 [Mon], 2009, 23:37
いろいろ一段落です。
ようやく、擬音いがいの言葉がしゃべれるようになりました。
わーい!

さて、忙死くなるまえに見ていた映画。
レッドクリフU。
あー・・・Tがけっこうおもしろかった、というか
いいところで終わったから面白かった?と思ったのか?
期待していたUですが、
うーむ、矢を曹操軍から奪う策略はブラボー!楽しい!
だったのですが、
肝心の赤壁の戦いは・・・。

見ていて、特攻隊を思い出しせつなくくるしい感じでした。

戦争ってのはこんなもんよ?
残酷だよ?
わかってんの?

っていう監督の意図があったのなら、それすごく表現されていたと思いますが
はるか昔の三国志の有名な戦いをお金出して映画として見に行く身としては
やはりちょっとなあ・・・。

最後、曹操を追いつめる
お茶
も、
キャスト勢揃い、
も、
なんだかなあ・・・な感じで。

とりあえずこの映画を通じて一番、役者だ!と思ったのは
金城武ではなく、曹操役のおっちゃんでした。
いやーうまかったわ、あのおじさん。

あと、パートUでは関羽さまの活躍シーンがあまりなかったのが残念でした。
Tの関羽さま、ステキだったのになあ。

あとやっぱり冒頭の状況説明が、Tに続き、ダサさ満点。
ジョンウー様、あれ監修してるのでしょうか?
それとも日本のスタッフでつくったのかな。
いずれにしても、もうちょっと洗練された感じにしてほしかったよ。

てことでひきつづいて。


スラムドッグミリオネア。

きゃー!これ、すんごくおもしろかった!

これは1800円出す価値あると思った!
とかいいながら1300円ナイト料金で見たけど。

クイズミリオネアに出たスラム出身の兄ちゃんが主人公。

最初は警察署で取り調べられるシーン。
順調に回答する兄ちゃんが、きっとズルしてると思われ連行されてる。

順調に回答するたびに差し挟まれる回想シーン。
スラムで生きる、生き抜くことの厳しさが淡々と綴られる。
偶然にも、その生き抜くことで得た知恵が、
クイズの正解につながる。

うまい構成だなあ。

常識人でも全部回答するにはムズカシイ問題が続くんだけど、
その難しさなくしては生き抜けなかったのだ、兄ちゃんは。

回想シーンの内容は警察署でも取り調べの刑事に対して徐々に語られ、
さいしょはアムネスティに訴えられても仕方ない取り調べをしていた刑事も、
やがて彼の話に耳を傾け、納得するようになっていく。

助けられなかった初恋の女性、
そして生き抜くためにギャング?になった兄も絡んで物語は進む。

一番、ぐっときたエピソードはドル札の肖像を問う問題。
地下道で、かつて死にものぐるいで逃げた場所から、逃げられずにいた少年に会う主人公。

とてもせつない。

現代インドの社会問題と映画というエンターテインメントがかくもうまくバランスできるのか。
っていうことにもおどろく作品です。

ラストシーンの、ザ・インド映画な感じもおもろい。

全編必見。
・・・まあ、DVDでもいいかもしれないけど。

さいきん。 

May 28 [Thu], 2009, 1:23
おうおうおうー。

最近。
擬音しか出ない鴨。

ぎゃおすー。
むうううーん。
ぐああああああ。

こんな感じの毎日。

意味不明。説明不用。喧嘩上等。
温故知新。内憂外患。左思右想。
花鳥風月。自家撞着。


おやすみなさい。

そうべつ。 

April 30 [Thu], 2009, 1:49
ちょっと季ズレですけども
送別会がこないだありました。

飲み友が一人減るのが寂しいわー。

飲み友って貴重ですよねー。
しょうもない話をして笑って、中身はないんだけど
楽しいんだもん。

自分のことを振り返ると、割と好き嫌いが激しい面があったりして
許容範囲が狭めなんですよね。

それもあって友達が少ないんですよねw

ヤツが友達だったかどうか、認定はムズカシイのですが
まあ飲んでて楽しかった人物ではありました。


全然はなしは変わって、こないだちょっと上の世代の方たちの飲み会に参加したんですけど
ちょっと・・・・全然・・・ついて行けなかったわ。

みんな、言いたいことがあり、それをテンでバラばらに言うもんだから
どこに相づちをうてばいいのかさっぱりわからず。
世代というよりキャラの問題のような気もしつつ、
あるいは性別の問題のような気もしつつ。

まあ、とにかく、お互いに気持ちがいい程度の気がつかえる人っていうのが
飲んでいても気楽でいいなあ、と改めて思い知りました。

なんてーの?
全然、気がつかえないおっさんとか、いますよねー。
おまえ、何様なの?
的な、いきなり距離感ちぢめた発言
(つまり失礼な一言)をいっていくるアラカン(アラウンド還暦w念のため)とかいますし。

私、全然、そーゆーのについて寛容な心を持てないッス。
だから、失礼なヤツについて
「おめーがそんな立場であるのはしょうがねー!自業自得だよおっさん!」
とか、おなかのなかで思ってます。
腹黒です。あははー。

イチロー 

April 12 [Sun], 2009, 1:10
WBCでまさか2連覇すると思ってなかったです。

話題として古いけども。


そもそも、あんまり関心もって見てませんでした。
やたら韓国と対戦してるのねー・・・的な印象もっていたぐらいで。


それで、準決勝ぐらいから、おや?と思い始めた感じで。

それで決勝戦をぼんやりながめていて、
ちょうど外出時にいいところにさしかかり、
出るに出られなくなったりして。

ヒットが出たあとのイチローの打席。
けっこうドキドキして見てた。
でも、あまりこのWBCで成績がよくなかったらしいイチロー。

なんとなく、期待してがっかりするのがイヤだし・・・という気分で
イチローが凡退するんでは・・・
などとあきらめムードで見守ってたんですが
粘った末に出たイチローらしいヒット!

で、のちの会見でのイチローが語るには、
「この瞬間すごい視聴率だろうなーとか考えてた」

なんて正直な!
いわゆる「イチロー像」からはほど遠い、意外性のある俗っぽいお言葉。
なんかイチローっていつも「イチロー」を演出してるっていうか
イチローらしさを裏切らないようにしてる感じするもんね。
修行僧っぽさを貫徹してそうなね。


でもって、イチローやっぱりイチローだな!な感じで終わったWBCです。

だけども、あのときに打ててなかったら、きっと彼は絶対にそんなこと(視聴率うんぬん)
は言わなかっただろうな
とも思いました。

ヒーローになれたからこそ言えた軽口でしょうねー。

WBCの前半はあまり活躍できなかったイチローですが、
最終盤の見せどころで汚名返上できたんでしょうね。
プラスマイナスで言えば、もちろんプラス。

中国の故事などでも、食客の扱いは
最初は淡々と、立ち去るときには手厚く、
といいます。
ものごとの前半のことは忘れがちで、
終盤の方が人の記憶にのこるのですね。

さて、4月。
いろいろ体制も変わったりで、やる気も向上するわけですが
実は大事なのは期始めよりも期末なんですよねー。


などど、ちょっとまじめなことを考えたりもする春の夜。

冷蔵庫 

March 17 [Tue], 2009, 0:53
ある日を境にぬるーくなってた我が家のれいぞうこ。

とうとう、

わがやに、

あたらしい、

れいぞうこが、


キターーーーーーーーーーーーーー!


ネットでもあれこれ見たけど結局、ヨド○シで売ってるのを買った。

自炊派さんも満足!とかいうポップ付きの、
ツードアだけどちょっぴり容量が大きいめをゲットー。

なんかとってもうれしいです。
意味もなくれいぞうこのドアを開け、きーんとひんやりしてるのを
確認しちゃったりしてます。

ついでに旧れいぞうこにずっと鎮座していた古い調味料さんたちにも
やっとこさ別れを告げた。

一番ふるいヤツは3年ほどまえに賞味期限が来てます。
いや、まだ実は手をつけていない、とうがらし調味料なんて、
03年が賞味期限だったよ。

こーゆーの、捨てるのがとっても苦手。
どこに捨てるのが正解なんでしょうか?
とりあえず台所の流しに捨ててみたけど、
ホントはトイレとかに流した方がいいのかなー。

とにかく、とうがらし調味料はとうがらし実物&液体なので
捨てる技術的には、かなーり高レベルで。。。
高レベル廃棄物で。。。

とりあえずもうしばらく熟成させることにした。(オイ)


ところでヨドバシに行ったついでにステレオも見に行ったけど
もー、進化しすぎてておばあちゃんには何がなにかわからんかったよ。とほほ。

だって、ハードディスクに保存できるっていうコンポの前で、
売り場のお兄さんに
「コピーコントロールCDはどうなりますか?」
とたずねたら、

ふっっっ と冷笑され、
「コピーコントロールCDがあったのは2、3年だけ。今はもうないですよ」
と教えられたのだ。。。

し、しらなかったー。

とまあ、しらないことだらけでどっと疲れがでて、あえなく退散。
わたし、どんなコンポを買えばいいのー?
だれか、教えてー!

そんなわけで、音楽のない生活は続くのであった。
NO MUSIC LIFE....

初恋の人からの手紙 

March 12 [Thu], 2009, 23:12
最近、あちこちのブログで拝見する
「初恋の人からの手紙」。
ふふふ、面白そうと思ってやってみたら、やっぱり面白かった。


ぴにょん、元気?
もうモテる女性を「下品な女」と罵るクセは治りましたか?毎日のように言っていたぴにょんをなつかしく思います。

おれのことが面倒くさかったのか、話し合いもせずぴにょんが一方的に連絡を断ったあのころから、もう17年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、うちらってめちゃめちゃな恋愛でしたね。なんだかんだ言っても余裕があるのはいつもぴにょんのほうで、おれはいつも不安がっていたような気がします。そういえばぴにょんはよく「私と別れたら大丈夫なのかなぁ。心配」って言ってましたよね。心配なわりにバッサリいって、すっきりしていたぴにょんが忘れられません。

そういえばぴにょんにとって、おれが初恋の相手だったのかな?ぴにょんは表情には出さないようにしていたけど、最初のころはやけにガチガチだった印象があります。今ごろ男慣れしたんだろうなぁと思うと少し切ないです。

ぴにょんは付き合った当初のテンションがやけに高くて、「私、一生このまま大好きなんだろうな」って言っていたような。おれは「さすがにそれはないだろ」と思って冷静に聞いていたけど、ノリの悪いおれに怒っていましたね。やはり最終的にはぴにょんのテンションがガタ落ちしていたけど・・・。

今だから言えることだけど、おれはぴにょんと付き合ったことを後悔していません。毒舌にあまり傷つかなくなったのも、女から説教されても聞き流せるようになったのも、ぴにょんのおかげだと思っています。

いろいろ書いたけど、おれはぴにょんが大好きでした。これからもぴにょんらしさを大切に、そろそろサインペンでアイライン描くのはやめて(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. うちに黒魔術の本を忘れていったよね?そのまま持っているので返します。



えーと、もてる女性のこと、下品な女、とののしったりはしませんよ?
もてたいオーラが出まくりの女性だけにしか、そんなこと言いませんよ?

毒舌かー。うん、毒舌というよりも、的確な描写と言ってほしいところですね。

なんか面白かったし、妙に懐かしい気分にw


ちなみに最近、モトカレが結婚したと人づてに聞きました。
奥さんはかわいいそうです。
よかったね!

簡単なアンケートでここまで分析されるとまいっちゃう〜。
つづく↓

コショウ 

March 01 [Sun], 2009, 23:09
最近、めっきり自炊生活なわけですが、
こまった問題が浮上!

なんと、我が家のれいぞうこがぬるい・・・のデス。

ある日、ハーゲンダッツの食べ残しを

「たーべよっ♪」とるんるん気分で取り出し、ふたをあけてびっくり!


緑色のどろどろの物体が。。。(抹茶味でした)

うぎゃー!

も、もしや・・・と、冷凍庫のうどんさんを確認したところ
やっぱりへにゃへにゃ。

冬で台所も寒いのがわざわいした。
下のれいぞうこもここ最近、実はぬるかったのに
飲み物とかふつうにひんやりしてたので
ぜんぜん気づかなかったぜ。

自炊の味方、れいぞうこさんがダメになったので
作りすぎた料理や、お肉などなどが収容できない。。。
はやくヨドバシ行かないとなー。

ちなみに、家電をそろえたのは10年前。
だからしょうがないっちゃーしょうがない。

いちばん先にダメになったのが14型のてれびでおでした。
2番目が今回のれいぞうこ。
ほかの洗濯機とか電子レンジとかはまだ一応大丈夫。
あ、でも学生時代に買ったステレオももうやばい。

ああ、不景気だってーのにモノ入りだなぁ。

ここで一句。

家電より 服くつかばんが 欲しい春

あ、別に春だけじゃないんだけどね・・・。

露西亜 

February 19 [Thu], 2009, 0:02
ロシアより愛を込めて。

っていうかロシアより郵政愛を込めて。

ってな感じで、反郵政カミングアウトを今頃うっかりしちゃったあそーさんに対して、
小泉さんが反撃してるのが面白いね。

今までずっと沈黙を守ってたのに、反郵政発言からまた火がついちゃったのかな?

まあどうでもいいけど、結局のところ、

総選挙はいつなんだ?




・・・それだけが〜きがかり〜♪

選挙があると〜うわさを聞いて それが〜もしも〜春なら〜
春に〜ほんとに〜あると〜したら〜 延ばし〜てほ〜し〜い〜♪

「霞が関のタローへ」

2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pinyon
読者になる