ポスティングのピンポイントです 

2013年02月19日(火) 17時59分
安いのが好きですか?

判断基準,価値がわからなければ
まあどこもたいして変わらないだろとなり


安い方を選ぶのは



当たり前のことです。。。。。。。。。。


その会社は

営業マンが自分達で配っているのですが
4000枚配って1件の反響だと言うのです
1年位前には2000〜2500枚配って1件の反響がでていたのですが・・・
景気のせいか?チラシの内容が飽きられたのか?相談されたのですが ・・・

とりあえず試しに
当社で8000枚 配らせて頂きました。
結果16件の問い合わせが来ました。


4000枚配って1件しかでなかった。反響が500枚で1件でました。



どんなテクニックを使ったか?気になりますか?
チラシの内容デザインを変えた。わけではございません。
配布する場所を絞り込んだわけでもありません.
ただ単に100%(投函禁止のポスト以外)配っただけです。



なんだ当たり前の話じゃん.と思いますよね。
この当たり前のことがなかなかできないのが現状なのです。




通常のポスティング会社ですと 
だいたい世帯数に対して7割程度の配布をします。
1000世帯あるところの700世帯を配ります。



なんで100%配らないの?



理由は



安く仕事を受けていると金額が合わないからです。



7割配るのと10割配るのですと配布時間が2倍以上違います
おのずと2倍の金額をもらわないと合いません。



わかりやすく説明すると
白い紙を7割程度黒く塗ってください

と言われればすぐできると思いますが・・・
白い部分を残さず塗ってください

と言われればかなり時間がかかりますよね。



この状況なので


1000世帯のうちの



300世帯はチラシが入っていないことになります。


この300世帯が同業他社のチラシが入っていない



独占市場となるわけです。



しかも



その300世帯は2度おいしいんです。




どうゆうことかと言うと

駅前にある集合ポストですと一瞬のうちに
いるか?いらないか?判断されゴミ箱に・・・



必要な時に入っている
同業他社に問い合わせが行ってしまいます。



必要な時にポスティングされているかどうかが

勝負の分かれ目になります。


はっきり言ってポスティングを依頼する側にとっては

消耗戦でしかありません。


最後に愛が勝つ体力のある方が最後に勝つことになります。



しかし



その300世帯は

たまにしかポスティングされない世帯なので
物珍しさもあり必要かどうかきっちり判断し

必要と思えば保存してくれます。



配ってから3カ月後に問い合わせがあったりします。



やり方により反響の差は出る ことをご理解いただければ光栄です。


自分でやってみる。まずはある程度経験してみることをお勧めします。

まずは反響のでるチラシの基本を抑えておきましょう!!


チラシ作りのヒント
←こちらをクリック


チラシはできたが反響がでるかどうか不安な方は


初回無料個別メール相談
←こちらをクリック


ポスティングを始める前に抑えておきたいこと


ポスティングのコツ
←こちらをクリック


業界初!!日本一のポステイングノウハウ教えます。


現場無料研修会
←こちらをクリック




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ポスティング町田市
読者になる

お問い合わせ先

ピンポイント

TEL045-383-9108
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる