夏の雨

September 25 [Wed], 2013, 14:45
夏の雨がふると、いつも青春時代を一緒に過ごした、あの人の事を思い出します。

今頃どうしているのか、元気でいるのか、結婚でもして幸せに暮らしているだろうか、などと、あの人との懐かしい感覚を思い出すとともに、そんなことを思います。

今も十分不器用な私ですが、あの頃もとても不器用で、そして、あの人もとても不器用でした。

そんな不器用な私たちが出会ったのも、夏の雨のふる日でした。

沢山笑って泣いて、寄り添って傷つけあって、あの事は、頑張るとか一生懸命なんて意識するどころか、そんなものなんて思っていたのに、振り返れば、あの頃が一番無理して頑張って一生懸命で全力だったなと思います。

青春は二度と戻らないなんて、大人のいうことにピンとこなかったあの頃だけど、今、こうして青春の思い出を沢山手にして振り返るようになって、ああ、こういうことだったのか、と、理解するとともに、切なくもなります。

もう、思い出でしかな
い、キラキラした青春に共に過ごしたあの人に、心の中でそっと、ありがとう、と感謝の言葉を伝えたいと思います。